リメイクのスクールに通っています

久々のリメイク話題。

この、大きなサイズ(LLサイズ)のワンピースが・・・

002

こうなりました!!!

Photo_3

私のサンドレスと姫りんごのサンドレスに。

いつもと感じが違う・・・と思われた方もいらっしゃると思います。
そう、実は私、洋服のリメイクのスクールに通っていたのです!!!

もう1年くらいになるでしょうか。
二週間に一度程度、主人のお休みの日の午前中にこどもを預け、
一回二時間ほどのレッスンを受けていました。

リメイクと、洋服のお直しの学校です。
丈つめやウエスト出しなどのサイズのお直しを勉強します。

「お直しの勉強はじめたんだよ~」
と友人に言うと、

「え~?えらい地味やん。なんで洋裁とかパターンとかに行かなかったん?」
とよく言われたものです。

でも、私はお直しがやりたかったのです。

もともと、洋裁こそできないものの、洋服の企画デザインの仕事をしていたので、
新しい洋服はそれこそい~っぱい企画して、い~っぱい作ってきました。

でもね・・・。

どんどん新しい服を作って消費することにちょっと疲れたというか・・・。
これからは、一枚のお洋服を愛着を持って長く着たいな~と考えて、
お直しのスクールに決めたのです。


もともと洋裁が全然できなかった私が、まさかまさか洋服のお直しのスクールとは!!!
変われば変わるものです。

でも、紳士ものや、昔のお洋服って、
もともと何回もお直しをしながら長く着れるように作られていて、
そこにけっこうロマンを感じて、地味ながら私的にはすごく楽しんでます!

あと、リメイクって、けっこうクリエイティブな作業なんですよ。
もともとのお洋服に合わせて、作りながらデザインを考えていくことが、
私にとっては最高に楽しい時間なのです。



私の通っているリメイクスクールをご紹介します。

「魔法の裁縫箱」
(大阪校、神戸校、名古屋校、東京校があります。)
http://www.mahou-s.com/index.html


それと今、コチラのスクールで、リメイク作品のコンテストをやっています。
私も3点応募しています。

インターネット投票なので、よかったら、投票してもらえると嬉しいです!

ちなみに今回のサンドレスも応募しています。
あとの二作品は、大切な友人のために作った未発表作品です。(これらも自信作です!)


こちらのアドレスからコンテスト出品作品が見れます!

http://www.mahou-s.com/contest.html

ちなみに私の作品は以下の三つです。


92番 「母と娘のフラワーサンドレス」


153番 「プチトリアノン宮で休暇を過ごすマリーアントワネットとその娘マリーテレーズ」


171番 「マリーテレーズの為の野の花ベビードレスとボンネット」

以上の3点です!

ひとつのアドレスからは一回しか投票できないけど、点数は何点に投票してもいいので、
よければ3点ともに投票していただけると超うれしいです。



よろしくおねがいします!

001 

リメイク、大好き!

| | コメント (2)

薔薇の咲く庭 前編

薔薇ファンのみなさま、お待たせしました!

今年もやってきましたよ~!薔薇シーズン。隣のお宅の薔薇は今、まっさかり。このところの陽気で一気に咲き誇っています。

で・・・我が家の薔薇ちゃんたちはいったいどうなったでしょうか。

そのまえに少し前の薔薇ちゃんたちのようすを振り返って見ましょう。

まずはおりこうなファビュラスちゃん。
さすが四季咲きとあって、早くから咲き始めました。

Photo_6

蕾もクラシック。

Photo_7 
綺麗に咲いてくれました。

次々花を咲かせてくれるので、そのつど切って惜しみなく飾っています。

咲ききったら、お風呂に。
いいわあ、薔薇生活。

Photo_5

花瓶がなかったので牛乳瓶ですが、可愛いでしょ。



一方ピエールさんはどうでしょうか。

413
4月13日の様子。

Photo_3

ぐんぐん大きくなっています。
がんばれ~。

Photo_4 
みずやり兄妹。
「おおきくなあれ」

蕾も膨らんできました。期待が高まります!

Photo

ほんのりピンクになっています。

Photo_2


今日現在、まだピエールちゃんは咲いていません。
ん~~~~じらし上手!

咲いたらまたご報告しますね~。





人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2)

ミシン問題

ミシンが、壊れました。

もともと調子が悪く、だましだまし使っていたのですが、縫い目は汚いし糸調子は合わないし、いよいよ限界です。

ミシン修理屋さんに持っていきました。

すると、糸調子のダイヤルのとこが壊れていて、パネルを開けないと修理できないことがわかりました。修理代はなんと1万円!

1万円!!!!

このミシンは、まさかこんなに洋裁をするとは思っても見なかったころに買ったコンパクトミシン。たしか電気屋さんで\19,800とか\29,800くらいでした。

なのに修理代が1万円・・・。

洋裁が楽しくなってきたので、もう少し丈夫でいいミシンが欲しくなってきていたところでした。この際、思い切っていいミシンに買い替えたほうがいいのかも・・・。

どうせ買うなら、モーターの大きい、本格的で質実剛健なヤツがいいな。いっそのこと職業用ミシンとか・・・?いやいやそれはまだ早いか。

でもそうすると・・・このミシンはゴミになっちゃう・・・。修理すれば使えるのに。でも1万円、うう~ん・・・。

結局どうにも結論がでず、
「少し考えます・・・」と、店をあとにしました。

みなさん、こんな時どうしたらいいんでしょう?

やっぱり買い替え時ですよね?
買い替えるとしたら、どんな機種のどんなミシンがお薦めでしょうか?
前のミシンはどうすれば・・・?
みなさんはどんなミシンを使われていますか?
メンテナンス方法は?

洋裁暦一年。
はじめてのミシン問題直面の私に、どうか、教えてくださ~い!!!

| | コメント (11)

バラがやってきました

とうとうバラ苗が届いてしまいました!

2007_05240018

しかもこんな日に!

その日はサクちゃんが「お腹が痛い」と言ったので保育園を休ませた日。

そして私も、ふとめちゃんに夜中オッパイを吸われて貧血気味でふらふらな日。

うう~ん・・・でも届いたらすぐに植えましょうって書いてあるし。

植えよう!

えっと、植え方はっと。

むむ・・・かなり掘り下げるみたい・・・。

しかも元肥を下にたっぷり。その上に土。元肥?元肥ってなに?肥料かな。

え~?土だけじゃ、だめなの?

参った・・・。

買っておいたのは「バラの土」のみ。

でもこれに元肥入りって書いてあるからなんとかならないものかしら?

子供ふたり連れてホームセンターまで肥料買いにいくなんて、無理。

(私は車が運転できないのです)

とりあえず、植えよう。

掘り返して・・・ふらふら~。

あ、無理です。50cmも掘り返すなんて。バラさん、ごめんね、30cmで許して。

しかも、ちゃんとしたスコップがないのでサクちゃんの砂場楊スコップで掘り返すなんて言語道断だよね~。ああ、こんな家に呼んじゃってごめんね、バラさん。

でも愛情だけはしっかりこめるから元気に育ってね!

2007_05240017

ようこそ我が家へ!

さて、週末をまたずに植え付けを急いだのにはもうひとつ訳があります。

頼んだ苗は育てやすいという「ピエールドロンサール」という品種と「ファビュラス!」という品種の二種類。

「ピエールドロンサール」は、白っぽいピンク色で、その華やかさのわりに育てやすいバラだそうです。このバラは、購入したサイトでは人気のバラ第一位でした。

第一位ときいてなんとなく気に入らないのがウチの夫。

何でも大勢の人と違うものが好きな根っからのマイナー路線の夫としては、「第一位」と聞くと、とたんに避けてしまうのです。

でもバラに関して言えば、育てやすくて丈夫でキレイだから人気なんじゃ・・・。

私が押した「ピエールドロンサール」と夫が押した白バラの「ファビュラス!」

植える予定の場所としては二箇所あり、一番目立つ庭の正面と、駐車場の隅っこ。

どっちをどこに植えるかで絶対もめそう。

だから週末を待たずに植えてしまったのです!

そう、当然一番目立つ庭の正面に、夫の嫌がる人気ナンバーワンの、私の押した「ピエールドロンサール」を!!

貧血でふらふらになりながらも・・・。

かくしてこんなにも適当にはじまった薔薇生活。

2007_05250022 ←隅っこのファビュラス!

適当バラ栽培だけど、愛情だけはたっぷりかけるからよろしくね!

我が家のバラさんたち!

| | コメント (3)

バラを迎える準備

隣のバラに感化されて、とうとう恐れ多くもバラ苗を購入してしまいました!!

Photo_164 (注:これは隣のバラです。)

か、かっちゃった・・・。というのが正直な気持ち。

さあ、うまくいくかしら。

まずはバラを迎える準備です。広くない我が家のガーデンにはもう植えるところがありません。芝生の一部をはがして、花壇を作ります。

Photo_165 使用前

「ここにこういう風に作りたいの」いつものように指示は私、作業は夫です。

Photo_166

サクちゃんは励まし役。「おとうさ~ん、がんばって~」

Photo_167

Photo_168 使用後

できました~。あとはバラ到着を待つのみ。

ついでに最近の我が家のガーデンをご紹介。

我が家にはひとつだけ、鉢植えの小さなバラがあります。

Photo_169

ツルのわりには昨年は2,3個しか花をつけませんでしたが、今年はもう少し咲く気があるみたいです。

Photo_170

白くてくしゅっと小さくてかわいいバラなのですが・・・、

Photo_171

あ、ティッシュが落ちてる、といつも錯覚してしまう・・・。

その下のほうにあるのが「さらさどうだん」

Photo_172

かわいい花なのですが、花の咲かない時期の枝と葉の茂り方がすごくて、適当に剪定してたら変な風にのびてしまい、どうしていったらいいのかわからなくなっています。

Photo_173

チューリップが終わった後の素麺箱。植え替えました。

全く初心者のバラ作り。うまくいくかな~。

新カテゴリー、その名も「薔薇生活」でレポートしていきます!

| | コメント (4)

薔薇生活。

ことしもバラの季節になりました。見事なつるバラが咲き誇っています。と、いっても咲き誇っているのは我が家ではなく・・・

隣家です。

Photo_148 
隣の家のバラが毎年とっても綺麗なんです。我が家のリビングからも、隣家の壁に這わせてあるバラが見えます。

得した気分♪

お隣さんの許可を得て撮影させてもらいました。

Photo_137
我が家から見えるのは「グラハムトーマス」という品種の黄色いバラです。

Photo_138
白バラ。

Photo_139 
これは赤いバラ。

そして、私が(勝手に)一番気に入っているのがこのバラ。

Photo_149
素晴らしい芳香の「スウィートジュリエット」
サクちゃん曰く、「レモンの匂い」だそうです。確かにレモンのような甘酸っぱい、くっきりとした芳香です。

お隣さんからバラのおすそ分けを頂きました。

Photo_142
早速玄関に飾ります。
外から帰ってきたときにバラの香りがして幸せ~。

この日から我が家の薔薇生活が始まりました。

まずは友人達をお招きして薔薇のお茶会。

そしてその時の料理に使ったエディブルフラワーが余ったので、サクちゃんのおやつのゼリーに散らしてみました。
Photo_143
優雅なおやつ。

Photo_144
なのに、その優雅なおやつをまるで焼き飯のようにがっつくサクちゃん。

Photo_145 (←この写真はサクちゃんが撮ったんですよ)

だんだんバラが開いてきました。

はらはらと自然にこぼれたバラの花びらを、お風呂に浮かべることにしました。
Photo_146
ワーイ!薔薇風呂です~。
Photo_147 

サクちゃん:「かわいいお風呂だね~」とサクちゃんもお気に入り。

サクちゃん:「でもなんで女の子はバラとイチゴが好きなの?」
なんでだろうね。でも覚えとき、将来役立つから。

オホホホホホホ~!
若い男(注:息子)と薔薇風呂よぉ!!!

&太めの赤ちゃんもいっしょにね。

サクちゃんだけじゃなく、姫りんごちゃんもバラに興奮気味。
花びらをはしっ!とつかんでいました。
やっぱり、女の子はバラが好きなのよね。

一方サクちゃんは・・・。

両手で激しくお湯をかき回しながら、
「バラバラバラバラ~!バラ攻撃!!!」

やっぱりそっちか・・・。

お風呂から上がるとき、

サクちゃん:「お母さん、今からうれしいこと言ったろっか。おかあさんは、バラよりも、かわいいよ!」

ありがとう~(涙)
でもそんなに気をつかっていただかなくても。
前置きをしてるところが正直なのよね。

“母の日ショック”以降、なんだか急にお母さんがお顔に何か塗ったりこねたりし始めたことに、もしかして気付いていたのかしら・・・・?

| | コメント (6)

ジャンクガーデンへようこそ

このミニテーブル、実は使わなくなったものを再利用して作りました。
Photo_54 

母方の祖母の蔵の整理をするというので行ってみたら、古いもの好きな私にとっては宝の山!あれもこれもと譲ってもらいました。

このテーブルもそんな蔵の中で眠っていたもののひとつ。
これは昔の「やぐらコタツ」です。
このやぐらの中に、炭を入れて使っていたそうです。

ホームセンターで買ってきたアクリル板を、上面のサイズに合わせてアクリル板専用カッターで切ります。(切ってくれたのは夫ですが・・・)

Photo_55
同じものを二枚用意したら、アクリル板の間にアンティークレースの敷物をはさんで上面にセットします。
Photo_56 
アンティークなミニテーブルのできあがり。もともとは「コタツ」ですが、洋風のインテリアにもぴったりです。

我が家の庭にも、その調子で「廃品再利用ガーデングッズ」がいっぱい。というかそれしかないくらい。

いらなくなったものや、朽ちたものをガーデングッズに再利用するスタイルを「ジャンク・ガーデン」と言うのだとか・・・。

それでは我が家のジャンクガーデンを少しご紹介します。

Photo_57

まずは、これまた祖母の蔵で見つけて頂いてきた昔の「ちりとり」
亡くなった祖父の手作りだそうです。
Photo_58
これが、鉢カバーにぴったり。

Photo_59
プラスティックの鉢がちょうど隠れて、ナチュラルな印象になりました。
おじいちゃん、大事に使うからね。

Photo_60 
それから、これは見ての通り素麺箱!ずばり揖保の糸!
サヨコが茶色に塗装しました。
塗装しても、素麺箱だった過去を完全には隠しきれていないところがミソです。

その他にも実家の小屋に転がっていた古木をかすれたかんじに白いペンキで塗装し、番地プレートを作っています。

極め付けは・・・このハシゴ!
Photo_61
ハンギングの鉢をかけるのにぴったりのこのハシゴは・・・実は拾ってきたのです!

それは寒い冬の朝のことでした。粗大ゴミを出しに行ったらこのハシゴがごろっと捨ててあるではありませんか。木製の古いハシゴです。もともと長いものだったのを、捨てるために何個分かに短く切ってありました。

こんなの・・・今欲しいと思っても買えないのにもったいないなあ。短く切ってあるからかえって使いやすいし、古い木の感じも素敵・・・。

すぐに帰ってまだ寝ていた夫に報告。

私:「ハシゴ拾ってきて!」

置きぬけに唐突な指令を出され、困惑する夫。
夫:「なんでオレが・・・?」

私:「だって・・・今ご近所の人とゴミの出し方について世間話してたから、拾うに拾ってこれなかったんだもん・・・」

そうなのです。ご近所の方が、「ゴミの出し方にうるさい人がいる。この辺の人はみんな上品でいい人ばかりなのにあの人だけが口うるさいのよ」と一方的に話しているのを「ハア・・・」と聞いていたところだったのです。

私自身は、ちょっとくらいうるさい人がいてくれたほうがキレイになるからいいやん、という考え方ですが、彼女の「この辺の人は上品でいい人ばかり」という期待を、ゴミを拾うという行為で裏切りたくはありません。

夫:「だからってオレかよ・・・」

といいながらも、二つも拾って来てくれました。いつもありがとう~。

狙い通り、庭に設置するとぴったりでした。ひとつはハンギングの鉢をかけ、ひとつはつるバラの支柱にしました。
Photo_62 

さて、そんな我が家のジャンクガーデンですが、目下の課題はこの珈琲の豆の麻袋。

Photo_63

近所の珈琲豆屋さんでもらってきました。生豆を仕入れて、その場で客の好みにあわせて焙煎してくれる珈琲豆屋さんなので、袋がいっぱい余っているんですって。

豆の種類や国によって袋の質が違うそうですが・・・(やっぱりブルーマウンテンなどの高級豆は袋も目が細かくて上等なんだそうです)
私はもちろん、ぱっと見で色柄の好きなものを二種類選んで頂いて来ました。

さて、何にしよう。

ガーデニング用土入れ、鉢カバー、玄関マット、ドアストッパー・・・。
他にも何かいいアイデアがありましたら教えてください!ただいま縁側に干して(放置して)、何かひらめくまでのんびり待っているところです。

今日も締めくくりはサクちゃんのお花にまつわる名言で!

「なんでお花はいろいろ種類があって、なんでいろいろかわいいの?」

そうだね。いろいろ種類があって、それぞれにみんなかわいいよね。

アンタほんまにいいこと言うなあ~。

| | コメント (4)

土の匂いとお日さまセラピー

なぜだかむしょうにお庭に花が欲しくなってたまらなくなり、花苗を買ってきて植えました。

サクちゃんが「黄色のお花がいい」
と言ったので、しぶしぶ(笑・私はピンクが良かった)レモンイエローと白系のお花を選んで植えてみました。

2007_03040001


と、言っても・・・先日の熱のせいか、しゃがんでいたらめまいが・・・。
おまけに土を掘り返していると、眠っていたなにかの幼虫がこんにちは。

きゃ~~!!!お、起こしてごめんなさい・・・。
虫が苦手な私は、ついつい植え方が浅く、適当になってしまいました。

というわけで植え付けは夫にバトンタッチ。
ちっとも使えない私はコーヒー係になりました。

夫がていねいに植え替えてくれました。
Photo_271
縁側でコーヒーを飲みながら植え(てもらっ)た花を眺めます。
我が家には、庭に面した掃きだし窓の外に、縁側サイズの小さなウッドデッキがあるのです。

子供達は珍しく同時にお昼寝をしています。
庭と縁側とコーヒー。
う~ん、なんというしあわせな取り合わせ。

日が長くなって、夕方でもまだあたりは明るく、
庭を掘り返したせいで、あたりに土の匂いがぷんとします。

あ、春の匂いだ。

心が土の匂いを確かめて、
やっと私の中にもちゃんと「春」がやってきたみたいです。

もしかしたら私、最近ちょっとだけ心が疲れていたのかもしれないな・・・。
土の匂いを嗅いではじめて、そのことに気付きました。

3月4日の日記「春の便り」にも書きましたが、子供達と私の体調が優れない日が続いていました。
体がしんどいと、こどもの将来に対する漠然とした不安とか、考えなくてもいいようなことまで、もやもや~っと考えてしまったりして、心がどうもお疲れ気味だったようです。

土を触って、土の匂いを嗅いだら、かなりバランスが良くなったような気がします。
土ってすごいな~。
やけに花が欲しいと思ったのは、これだったのかな。

そういえば夫も、仕事でもやもや~っとしていた時に、縁側で日光浴をしながら寝てみたらバランスが良くなったというようなことを言っていました。

お日さまも、すごい。

土の匂いとかお日さまの暖かさとか。
けっこうそういう原始的な感覚が、もやもや~っとした心をきゅっきゅっと磨いてくれたりするのかも知れません。

そんなことを考えた日曜日の昼下がりでした。

それに・・・
最初はしぶしぶだったレモンイエローのお花。
2007_03040002  
けっこういいかも。
見ているとなんだか新しくてぴかぴかした気持ちになります。

これもサクちゃんの狙いかしら・・・?

| | コメント (7)

なりきりヒーロー手作り ゲキレンジャー編

しょうこりもなく(笑)またやってしまいました。なりきりヒーローシリーズ。
今度は「ゲキレンジャー」です。

Wakiwaki ワキワキだゼ !?

幼児向けテレビ雑誌のふろくに、「ゲキレンジャーなりきりお面セット」がついていたんです。このお面をつけた子供の写真を送ったら、抽選でおもちゃがもらえるという企画。

応募する→当たらない→それでは子供が納得しないから買ってやる。
という策略だとはわかっているのに、ついついそれに乗ってしまう親ゴコロよ・・・。

でもね、今回はワタクシ、当てにいきますから!
(前回はずれて、サクちゃんが悲しんだので今回はないしょで応募します)

お面をかぶった写真だけではインパクトが小さいので、ゲキレンジャー風のTシャツを作ることにします。

Geki1
シンプルな赤いTシャツをセールで発見。このTシャツに、黒で模様をアップリケしたらできるかも。

目指すはゲキレンジャー!!
Gekiup  シャーっ!!!

さあ、制作。
白いラインは白糸でジグザクステッチをして表現します。
黒い布をカットしたら、ジグザクで縫い付けるだけ・・・。

だだだ・・・がた・・がたがたがたっ!

あ、あれ?ミシンの糸がやけにくい込んで絡まります。

ああ~。カットソーの生地に、柔らかいカットソーの生地を無理やりアップリケしようとしたせいか、針がくい込んで、さらに下糸のところに糸が絡まり団子状になっています。

(注;後に洋裁本で読みましたが、アップリケのときは薄い接着芯を貼るかスプレーのりをかけるといいそうです。そのまま付けてえらいことになっちゃいました。もちろん、一応お洋服関係のお仕事してたので、接着芯の知識はあったわけですが、今回身をもってその必要性を体験しました・・・)

そのあとも、ミシンをだましだまし使っていましたが、どうにもこうにも調子が悪い。
とうとうミシンを修理に出すことになってしました。

数日後、ミシンの修理があがってきました。ナント修理代3000円・・・。がーん。

でもなんとか困難を乗り越え、できました!ゲキレンジャーTシャツ!!!

Geki

ハイ!ポーズ!!!
Pozu2
サクちゃん大喜び!

すぐに大のお気に入りになって、これを着て保育園に行くのが楽しみなようです。
(気に入りすぎて、毎日着たがるのでちょっと困りますが・・・)

さあ、応募しますよ~!!!
当てに行きます!ゲキトンファー(ゲキレンジャーの武器のおもちゃ)!

あっ、でも・・・。
Tシャツ代やミシンの修理代を考えると、どう考えても応募せずに普通におもちゃを買ったほうが安上がりだったんじゃ・・・。


赤いTシャツ   \1050
ミシンの修理代 \3000
写真プリント代  \30
応募用切手代  \80



(う~ん、やっぱり普通におもちゃを勝ったほうが確実に安いです。)

でも・・・・。

母の手作りとこどもの笑顔 プライスレス!

ってことで!!

2007_02120095

プライスレス!

| | コメント (6)

蚤の市で布地探し

近所の神社で開かれる蚤の市にでかけました。といっても、京都は北野天満宮の天神市や、東寺の弘法市のような大規模なものではなく、もっとこじんまりした蚤の市です。
Photo_243
売っているものも、「骨董」っていうより半分ガラクタ・・・?っていうものの方が多いくらい。
これ、本当に売る気なんかな?っていうものもいっぱい。
でもこの中から、自分にとっての掘り出し物を見つけるヨロコビがたまりません。
Photo_244
そんなお客さんたちで、境内はまずまずの人手です。
チンドン屋さんもいたりして、あたりはレトロムードいっぱい。

「あ、仮面ライダー!」
サクちゃんが早速掘り出し物を見つけたようです。

で、でも一体どこに?
ごちゃごちゃとしたガラクタ(失礼!)で溢れかえった箱の中に、小さいフィギュアが確かにいました。

そんなとこからよう見つけたな~!!!
サクちゃんの、ヒーロー物に対する研ぎ澄まされた感性には本当に驚かされます。
お店のおじさんもそんなサクちゃんを微笑ましく思ってくれたのか、なんとタダでくれました。

私も掘り出し物、見つけなくちゃ。今日のお目当ては、ずばり布地です。布地の状態でなくとも、リメイクできそうなものだったら服でも古い着物でも。

蚤の市は大好きで、京都に住んでいたときは毎月のように天神さん(天神市)に通っていましたし、旅先でもたくさん蚤の市を回りました。でもこんな風に「布地」「リメイク」目的で回ったのは今回が初めて。

洋裁を始めて、新しい楽しみがどんどん拡がっています。いつか、旅先の市場で布地やパーツを買い込んで、旅先で服を作るというのが私の夢です。

早速、コットンレース生地を見つけました。デッドストックのキレイな生地。汚れも染みもありません。これがたっぷり3メートル以上で、少し値切って800円!
Photo_245
たっぷりあります。何を作ろうかな。

次に、着物を売っているコーナーに向かいます。コットンレース生地を値切っている時からちらちらと目の端に映っていたのです。可愛い赤い着物が。
Photo_246
たくさんの着物の中から私を呼んでいる声がする・・・。
それがこの着物です!
大人用の長襦袢に仕立ててあります。
Photo_247
この柄・・・信じられないくらい可愛い。
Photo_248
着物なのに、HAPPY とかSWEETって入っているんです。よく見るとお花はバラ模様だし、お人形さんや乳母車、ボールなんかは昭和レトロなテイスト。
Photo_249
か、かわいい~!!!

お店のおばちゃんが、いいます。
「でもそれね、絹じゃなくてGメンよ」

ええっ?なんですと?Gメン?

違いました。ジンメンとおっしゃっています。
・・・ジンメンて何だろう。
(※ジンメンをご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。ジンメンで検索したら、人面魚とか人面岩とかが出てきてこわくて断念)

どうやら話の内容から、化繊のことのようです。
私:「ポリエステル、ってことですか?」
おばちゃん:「そうね、最近ではそうも言うね。綿と絹を混ぜたりね。ナイロンが入ってることもあるし」
私:「あ、絹じゃなくてもいいんです。柄が気に入ったので。こどもの服にリメイクしようと思って」

そうしたら、他のお客まで話に加わってきます。

お客:「あの~、ほらアンタ、あれにしたらいんちゃう?夏にシャツの下に着るひものついた・・・」
私:「? キャミソールですか?」
お客:「そうそう、それ。この生地変わってるから、リメイクできるんやったら絶対買ったほうがいいわ~」
私:「は、はい」

というわけでお買い上げ♪ なんと1000円でした。大人用の長襦袢なので、使いでがありそうです。どこにも汚れがなかったので、一回長襦袢として着て、それからリメイクを楽しんでも良さそう。

確かにキャミソールもかわいいと思う。夏にシャツのインに着て、濃い藍色のロールアップデニムにあわせてトングサンダルを履くの!ん~いいかも!

これだから蚤の市はやめられない。

私の買い物に辛抱強く付き合ってくれ、先にぐるっとひとまわりしていた夫が言います。

「ここから先の通りを何も買わずに出てこれたら褒めたるわ」

あそこにあるのは・・・ウルトラマン・・怪獣・・シール・・・。待ち受けるヒーロー達。
たしかにこの通りは無傷では無理だね。

案の定、ウルトラマンのおもちゃに惹かれるサクちゃん。
サクちゃん、ここぞとばかりにあなたの話術を活かして値切ってきてごらんなさい!

私:「ウルトラマン欲しいけど、闘う相手がいないから怪獣もつけて100円にしてっておじちゃんに言ってきてごらん」

サクちゃん:「うるとらまん・・ほしいけど・・・・かいじゅう・・・

あれ~?いつもの話術はどうした?
Photo_254
でもおじちゃん、あともう1個付けて200円にしてくれるって言ってくれました!
どれにする?と言うと、「ぼくのん買ったから赤ちゃんの買う」
と、姫りんごちゃんに1個選んでくれましたよ。
Photo_251
それがこれです。う~ん、レトロ。
Photo_252
このおもちゃ、あとで姫りんごちゃんに与えてみると、意外と気に入っていて、簡単にしか拭いてない時点ですでにナメナメ。

あ~、あとでちゃんと拭こうと思ってたのに。ま、いいか。(二人目の宿命ですね)
Photo_253
そのあと、お店のおばちゃんとの会話を楽しみながら、こんなものも購入。
金魚柄の甚平ロンパースとさくらんぼ柄のブルマ付きワンピース。
2着で600円。(ポケモンのぬいぐるみのおまけ付き)

あつあつ焼き芋をおやつに食べながらの、楽しい蚤の市散策でした。

買った布地で何を作ろうかな~。

| | コメント (6)