りんごとイタリア、薔薇のハンドクリーム

離乳食を始めて数日ですが、なかなか好調なすべり出しです。離乳食とサクちゃんの手作りおやつ、夕食などの支度でキッチンにいる時間が多くなってきました。

ブログの更新やメールチェック、私の昼食、デザインのアイデアやサクちゃんの名言を書きとめたりするのは、このキッチンの対面のカウンターで“立ったまま”行っています。
Photo_222
そう、赤ちゃんを抱っこやおんぶして、このカウンターで立ったまま・・・。ここが私のワークステーションです。

というわけで、一日の大半をこのキッチン周辺で過ごしていることになるのですが、これが今、けっこう楽しいのです。

秘訣は、イタリア語。

今年から始めたイタリア語、まずは耳慣らしにと、イタリア語のCDをカウンターのパソコンでかけっぱなしにしてみました。

何言ってるかさ~っぱりわかりませんが、流暢なイタリアが流れる中、トマトソース煮などを作っていると、かなりいいかんじです。
イタリア語の響きと料理が異様に合っていて、テンション上がります。

そう、ここはイタリア~♪

イタリア語は食べ物が美味しい国だけあって、やたらと食べ物関係の例文が多いのもさらにいい感じに拍車をかけています。(わからないながらも、カプチーノとかカルボナーラとかは耳に入ってくるので)

ほ~う、こりゃいい気分♪ さ、庭から月桂樹の葉っぱを取ってこよう。トマトソース煮には欠かせないよね。

イタリアでは、トマトソースを焦がしちゃった時に、りんごを入れてリカバーするって「ウルルン滞在記」でやっていました。焦がした苦味がりんごでまろやかになるみたい。

そんなところに、りんごとイタリアのつながりが。なんだかちょっとうれしくなってきたりして。

じゃあ、最初からトマトソース煮にりんごを入れてみるっていうのはどうかしら?
入れてみよう。

(結果;ソースは甘みと酸味が加わり美味しくなりましたが、りんご自体の味がまずくはないけど、今ひとつでした。トマトソース煮に入れるときは、細かく切るか、すりおろすといいかもです)

あんまり気分がいいので、ふきんの消毒、パン作り、次々に台所に居る口実を見つけて作業にいそしむ私・・・。(もちろんほとんどは赤ちゃんをおんぶしたままですが)

すっかり調子に乗ってキッチンにこもっていたら、とうとう手が荒れてきました。
凝り始めるとすぐにとことんまで行ってしまう私を不憫に思ったのか、夫が素敵なものを買ってきてくれました!

薔薇のハンドクリームです。
Photo_223
こ、これは・・・・。

そうです。以前買い物の際、試供品で置いてあったこのハンドクリームを使ってみたらあまりの使用感の良さと素晴らしい香りにうっとり。

何しろ、
「有機栽培のダマスクローズウォーター、エッセンシャルオイルをベースに作られたハンドクリームです。セイヨウオトギリソウが肌をすこやかにひきしめ、プロポリスの力により手肌を清潔に保ち、シアバター、蜜ロウ、コメヌカエキス、蜂蜜、麦エキス、大豆エキスが皮膚と爪にうるおいを与えます。ピュアで優雅なバラのアロマがやさしく香ります」
・・・なんですもの。

しかし、これだけのハンドクリーム。さすがにハンドクリームにはあるまじきお値段でした。これ一本でオムツが2パック、いや、特売のだと3パックは買えてしまうお値段。

「このハンドクリーム、すごいいい匂い。でも高くてとても買えないわ~」
私がそうもらしていたのを聞いていたようです。

覚えていてくれるなんてすご~い。
でもちょっとガラじゃないなあ。照れ隠しなのか“サクちゃんから”って渡させていたし。
ひょっとして・・・

実は先日ちょっとしたケンカの際に、夫が“出産後で体形の戻りを気にする女性にもっとも口にしてはいけない禁句”を私に言い放ったのです。

そう・・・ここに書くのもおぞましい、あの、二文字の言葉です。

後で、「その場のイキオイで言っただけで本当にそうは思っていない」と弁解していましたが、予想以上にダメージを受けていた私に罪滅ぼしの気持ちが多少なりともあったはずです。

Pakkeji
まあ、それはともかく、このハンドクリーム、パッケージもとにかく優雅で美しい。その箱にはさらにこう書いてありました。

「バイオダイナミック農法での完全無農薬・オーガニック栽培のハーブ・蜂蜜・野菜・果実等を本場イタリアのレシピにより日本女性向けにブレンドした、合成界面活性剤・アルコールフリーのハンドクリームです」

まあ、イタリアじゃないの!
さすがイタリア!

「一切の石油・動物由来成分、合成保存料、合成着色料、合成香料は無添加の自然派ハンドクリームです。動物実験は一切おこなっていません」

もうこれからは、こういう志の高くて美しいものだけを選びたいものです。
Photo_225
というわけで、最近の私の楽しみは、
「キッチンでイタリア語をかけて台所仕事をし、一段落ついた後に薔薇のハンドクリームをつけて一息つく」なのです。

今までの一息といえば、「珈琲または紅茶+スイーツ」でしたが、この薔薇の香りがあまりにも素晴らしくて、スイーツいらずになりました。
意外なダイエット効果もあったりして。


ハッ!!!!

夫の真の狙いはここか~~~!!!!!

| | コメント (9)