スマスイへ・・・。

卵・小麦・牛乳・大豆アレルギーっこの姫りんご。

春の恒例(?)血液検査の時期です。

・・・。

期待してたんです。

心のどこかで。

3歳超えたらよくなるっていうし。

私は基本「楽観主義」なので、

きっと少しでも食べれるようになってるんやろうなあ~って。

でも。

逆でした。

よくなるどころか、アレルギーの数値(IGE)は上がっていて、

今までの卵・小麦・大豆・牛乳に加えて、エビ、かに、ピーナッツ、そして驚きはなんと頼みの綱の米にまで反応が・・・。

絶望でした。

実は、大豆に関してはお醤油やお味噌、豆腐、時々は納豆も解禁してたんです。実際食べる検査ではお豆腐は可という医師の許可もでていましたし。

特に激しい反応もでることなく、安心していたのですが、

でも数値では陽性のままでした。

だから、お家ではいいけど、保育園では医師としては許可は出せないということになりました・・・。

しょんぼりしょんぼりしょんぼり。

ああ、この戦いはいつまで続くんでしょう。

娘ももう三歳。

医師の言葉を理解しています。

自分が食べられないことを彼女はすぐに理解しました。

そして、欲しがることもありません。

私:「ごめんね。食べられないんだって」

姫りんご:「わかってる!」

・・・・。

わかってくれるのが、切ない。

姫りんご:「○○って、こんちゃん食べれる?」

私:「お母さんが作ったのなら食べれるよ!」

このやり取りを何回したことでしょう。

たぶんこれからも・・・。

いいよ。お母さんが全部つくったげる。

なんちゃってオムライスもなんちゃってグラタンもなんちゃってドーナツもなんちゃってサンドイッチも!!!!

まかせとけ!

で、

それとは直接関係ないけど、

サクちゃんのサッカークラブの練習が延期になったので、

久々に家族でおでかけ。

行き先は、「スマスイ」つまり、「須磨水族館」

姫りんごがアレルギーってこともあって、外食なんかが気軽にできないので、そういえばあんまりお出かけをしていない。

スマスイ。

Photo

姫りんごがとってもはしゃいでいました。

Photo_3

Photo_2

2010_04120330 私が撮った魚。

2010_04120331 サクちゃんが撮った魚。

2010_04120332姫が撮った魚。

指で隠れてはいるものの、姫のが一番迫力あるなあ・・・。

2010_04120334 くらげ。

イルカショー。

2010_04120341

2010_04120344

写真が上手く撮れなくて苦戦。

やっと一枚、イルカが5匹飛んでいる会心のショットが撮れたのに・・・。

姫りんごにあとで見せている間にうっかり消去・・・。

がっくり。

うなだれる私に、姫りんご、

姫りんご:「また行って撮ったらいいやん」

なぐさめられちゃった・・・。

まだまだちっちゃいと思ってたけど、

いろんなことを理解して表現できるようになったんだね。

そして、こどものほうが逆に、もういろんなことちゃんとわかった上で、私を気遣ってくれてるのかもしれないなあ、と・・・・。

なんかいろいろ考えさせられたのでした。

私もいろいろ考えすぎてたかな。

楽しめばいいのよね。

今まで、食事のことを気にしてあんまり出かけていなかったね。

でもはしゃいでいるあなたをみたら、

なんでもっと出かけなかったんだろうって、そう思ったよ。

スマスイにだって、あなたが安心して食べられるものは何一つなかったけど、持ち込んだおにぎりとおやつを食べながら見たイルカショー、楽しかったね。

姫りんご:「おうまさん乗る!」と言って乗った人生初メリーゴーランド!

2010_04120360

2010_04120369

2010_04120368

いっぱい遊んで楽しかったね。

もっともっと遊ぼう!

その日の夜。

私:「何が一番たのしかった?」

姫りんご:「おうまさん」

おいおい~!

エイは?熱帯魚は?イルカは?ラッコは?

姫りんご:「ん~、やっぱりおうまさん」

そっか。

楽しかったのならそれが一番!!!

もっともっと遊びに出かけよう!

おかあさん、がんばるよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コピー料理☆ マロンケーキ メイプル豆腐クリームと秋映え林檎添え

小麦・卵・大豆・乳製品アレルギーのわが子のため、苦手なお菓子作りに挑戦中!

道具セレクト&師匠は、お菓子作りの得意なお友達、愛子ちゃん

師匠の作品集↓
Photo
Photo_2
Photo_3
極めつけは、このお菓子↓
Photo_4


もうすぐ1歳の娘さんのための手作りあかちゃんビスケット!
あかちゃんビスケットまで自分で焼いているママ、初めて見ました・・・。
驚愕!
また入れ物もおしゃれでね~。はあ~。


そんな愛子師匠が、姫りんごちゃんのために作ってくれたアレルギー対応ケーキ。
Photo_5

これは、市販のアレルギー対応ケーキのミックス粉キット(げんきタウン お米とさつまいものパウンドケーキミックス)を利用して作ってくれたそう。

このキット、私も以前に購入して作ったことがあるのですが・・・

なにしろ、重曹小さじ2分の1がちゃんと計測できない私ですから、
上手くいくはずもなく・・・。

めざせ師匠!

とばかりに、再挑戦!

私:「愛子ちゃん、コツってある?」

愛子ちゃん:「表示どおり作っただけですよ~。あ、でも、粉は最初にあわせてふるっておいてください。それからよ~く混ぜてください。こねないように」

私:「はいっ!」

愛子ちゃんのアドバイス通りに挑戦。
Photo_6
Photo_7
よ~く混ぜて・・・。

し、しかし、作っているうちに、ど~うしてもアレンジを加えたくなってくる。

お料理上手なブログの読者さん、さやさやさんにも、以前に
「お菓子はアレンジしたい気持ちをぐぐっとこらえて基本に忠実に」
とアドバイスされていたにも関わらず、

やっちゃいました。

アレンジ。

しかも、天津甘栗!

入れたくなったの。ケーキのなかに。

「なんで?」と聞かれたら、「そこに天津甘栗があったから」としか言えませんっ!!!

ばかな私っ!

案の定、表面に出ていた天津甘栗は焼いてがっちがちになって、硬くて食べられたものじゃあありませんでしたよ・・・。
Photo_8

ばかばかばかっ!あたしのばかっ!

でもケーキの中に埋まっていた甘栗はほくほくになって、美味しかったですよ。

子供には、上の甘栗を取って(責任を持って私が食べて)食べさせました。
Photo_9

添えたのは、田舎から送ってきた秋映え(あきばえ)りんご。

それから豆腐クリーム!


この手作り豆腐クリーム!

これが私向きで。

姫りんごちゃんは、加熱したお豆腐なら食べられるようになったので、
豆腐クリームオッケーなんです!

この豆腐クリームは、マクロビオティックカフェのお兄さんに教えてもらいました。

ゆでてしっかり水切りした木綿豆腐と、てんさい糖、菜種油を少しづつ加えながらフードプロセッサーにかけるだけ!

味や油の量を確認しながら調整ができるので、
アイラブ目分量な私にぴったりです。

豆腐の種類によっては、にがり独特のしぶさ、というかアクが舌に残ってしまうときがあるのですが、そんなときに、メイプルシロップを入れたら風味が加わって、にがりが気にならなくなりました!

味見をしながらの目分量のアレンジは超得意♪


お菓子が苦手な私も少しはましになってきたかな?

| | コメント (1)

コピー料理☆ 苦手なお菓子作りに挑戦!~道具編~

小麦・卵・牛乳・大豆の食物アレルギーを持つ姫りんごちゃん(3歳)のため、
日々、コピー料理に楽しく挑戦している私ですが・・・。

超苦手なジャンルがあります。

それは、「お菓子」

人生「てきとー」そして「アレンジとカスタマイズが大好き」な私にとって、
正しい計量が基本のお菓子は大の苦手ジャンル。

でも、お菓子作りの師匠である友人の愛子ちゃんによると、
お菓子作りの基本は、

「正しく計ること」「こねすぎないこと」

だそうです・・・。

はは・・一回こねすぎて米粉ドーナツを失敗した過去が蘇る・・・。





そんなお菓子の師匠、愛子ちゃんの出産祝いに 「プチトリアノン宮で休暇を過ごすマリーアントワネット風マタニティドレスと、その娘マリーテレーズ風ベビードレス」 (←長いっ!)
をプレゼントした内祝いに、「愛子セレクト☆お菓子作りが楽しくなる美しいお道具コレクション。お菓子づくりのアドバイス付」(←これまた長いっ)をプレゼントしてもらっています。

第一回目は、このスケール

Photo


これがすごい便利で。

台所の引き出しに入るコンパクトさなのに、この便利さ!

おかげで私、とりあえず水を混ぜて焼くだけの、ホワイトソルガム(※たかきびの一種。小麦の代用粉)を使ったケーキは作れるようになりました。

Photo_2

ぱちぱちぱち~!!!


第二弾は、この計量スプーン。

Photo_6

Photo_3

Photo_4
なんと美しいスプーン。
愛子ちゃんによると、お道具はやっぱり美しくないと!ってことらしいです。
さすがだわ~。

愛子ちゃん:「これは美しいだけじゃなくって、2分の1の線が入っているから便利なんですよ。これなら、2分の1を計るときに中さじを出さなくても1本ですむから・・・」

私:「えっ、えっ、愛子ちゃんちょっとまって。2分の1のときに中さじってどういうこと?」

愛子ちゃん:「え~、だから大さじ(15cc)の2分の1は、中さじ(7.5cc)ですよね。
あと、小さじ2分の1を計るときも、小さじは5ccだから、中さじ(7.5cc)から小さじ(5cc)を引くと、2.5ccで、小さじ2分の1になりますよね。」

私:「!!!!!!!!!なにそれっ!!!!
私いままで、大さじ2分の1だったら、大さじにだいたいこれで半分かな~って計ってたよ!それって、一般常識? 全人類みんな知ってること?」

愛子ちゃん:「た・・・たぶん・・・。でもまあ、グラム単位とかじゃなくて、2分の1っ書いてあるってことはそこまで厳密なレシピではないのだと思いますけど」

が~~~~~~ん!

そう思ってみてみると、2分の1の線は私が思っていたよりはるか上にある・・・。

Photo_5 

だから、今まで私が考えた小さじ2分の1のベーキングパウダーや重曹では、お菓子が膨らまなかったのかあ。

ショックでした・・・。
私の知らないお菓子作り界の常識・・・。

みなさんは、2分の1、どうしてました?
私だけ?

2分の1の真実・・・。



第3弾は、ゴムへら。

Photo_7

Photo_8



スパチュラっていうのかな?
スパチュラであってる?(←そんなことも知らない・・・)

(あっ、ちなみに私、お料理は得意なんですよ。慌ててフォロー・・・)


そう、これがね~便利で。

愛子ちゃんによると、「お菓子はよ~く混ぜる、でもこねない」がコツなので、このヘラが便利なのだそうです。

耐熱素材なので、お料理にも便利。

私はよく、かぼちゃのポタージュスープを作るので、フードプロセッサーにかけたあとの材料をすくうときなんかに、すっごく重宝してます。

Photo_9

ポタージュスープは、乳製品なしで美味しく作れますよ!
玉ねぎのかわりに白ネギを使ったり、とろみが足りないときは水溶き上新粉を加えます!
(←・・・って、ここで料理上手をわざとらしくアピールして、あまりのお菓子下手の私をフォローしようとしてる魂胆みえみえ?)


ほんっとに優秀な子です。
今では私にとっても、なくてはならない道具になっています。

愛子ちゃんいわく、混ぜ合わせた材料を最後まで無駄なく使うことも、お菓子作りに大事なことなんですって!

水も汚さないし、無駄がなく、エコです。大事なことですね。


ほんと、道具って大事だなあ、と思います。

何かで聞いた話ですが、
イチローが小学生に、「どうしたら野球が上手くなれますか」
と聞かれたとき、「道具(グローブなど)を大事にすることです」
と答えたそうです。

さすがですね~。

私も頑張ります!

次回は実践編です!

| | コメント (1)

コピー料理☆姫りんごはん オムレツすぎるオムレツ編

今回のコピー料理もすごいですよ。

何しろ、卵が食べられないのに、卵料理に挑戦ですから!

「じゃじゃ~ん!」

なんと、オムレツ! です。

試行錯誤の上・・・出来ました!

Photo_4

ハムと玉ねぎを入れて味もグッドです。

すごいでしょう~。オムレツになってるでしょう・・・うふふ。

これ、卵つかってないんですよ。

そこで、問題です!

いったい何で作られているのでしょう?

どこのお家にもある、どこのスーパーにも売っている、

ごくごく普通の材料で作っています。

わかった方はコメントで解答してみてください!

しかし、私のコピー技術もどんどん向上してきました。

そのコピー能力は、NARUTOの天才コピー忍者、はたけカカシ級ではないかと自負しております!

(※はたけカカシはNARUTOの超人気キャラクター。独特の眼、写輪眼で、一度見た敵の忍術をコピーして自分のものにしてしまう。人呼んで天才コピー忍者のはたけカカシ!!)

Photo_3

天才コピーママ、今日もがんばります!

| | コメント (4)

コピー料理☆姫りんごはん ~エビフライすぎるエビフライ編~

姫りんごちゃんは、小麦・卵・乳・大豆アレルギー。

今日もコピー料理をご紹介。

Photo_2

本日はエビフライ。

エビフライは通常、つなぎに卵・衣にパン粉を使いますが、姫りんごは食べられません。

でも全然大丈夫!

アタシには上新粉が付いているから!

上新粉は、うるち米を粉にしたものです。和菓子などに使われますよね。

上新粉もなかなか偉いやつで、けっこう使えます。

なにより、小麦粉のように水を加えてもグルテン(粘り)が発生しないので、

天ぷらの衣はダマになりにくく、スープのとろみづけにもばっちり。

グラタンのホワイトソースだってダマにならずに作れちゃう偉いやつなのです。

で、この偉い上新粉を水で溶いて、卵の替わりにつなぎにするのです。

でもパン粉は・・・?

ふふん、アタシには、コーンフレーク様が付いている!

コーンフレークを粉々に砕いたら、パン粉の替わりにぴったり。

で、まず水溶き上新粉、そのあとでコーンフレーク衣をまぶしたら油で揚げるだけ!

子供が大好きなエビフライの完成です!

揚げ物の問題はひとつ。

つまみ食いで、揚げてるそばからなくなっていくこと!!!

| | コメント (0)

コピー料理☆姫りんごはん ~ハンバーガーすぎるハンバーガー編~

姫りんごちゃんは、小麦・卵・牛乳・大豆アレルギー。

最初は「何つくろう・・・」と思っていましたが、

最近は慣れたもので、コピー料理を楽しんでいます!!

(※コピー料理とは、オムレツやハンバーガー、サンドイッチなど、通常食物アレルギーっこには食べられない料理を、食べられる材料で本物そっくりに似せて作る料理のこと。コピー給食などと言ったりもします。)

で、「姫りんごはん」と称して、楽しくかわいいコピー料理を紹介してみようとおもいます。

見た目重視ですから。可愛くなくっちゃね~!

今回はハンバーガーです。

Photo_3

どうです?おいしそうなハンバーガーでしょう?

本当のハンバーガーのバンズは小麦から作ったパン。

ハンバーグは通常つなぎに、卵・パン粉・牛乳を使いますが、

それらを使わなくても、全然美味しくできますよ~!

私には、片栗粉がついていますから、全然こわくない!

片栗粉・・・とろみもつけれて、からあげの衣にもなって、つなぎにもなる・・・しかもどこでも手に入る・・・なんて頼れるヤツ!

ハンバーグのつなぎには、片栗粉と、それからさらにジャガイモのすりおろしを加えます。これでふっくら美味しくなります!

通常は臭み消しにナツメグなどを使いますが、子供向けにカレー粉を少量使います。臭み消しにカレー粉を使う技は、我が母サヨコからの伝授法です。

バンズは、米粉パンです。

冷凍でときどきネット通販にて購入。

米粉パンの欠点は、加熱してから時間がたつと硬くなってしまうことにあるのですが、お弁当に入れるときは、自然解凍してから蒸すといいのです。

この技は、米粉パンメーカーに問い合わせて聞きました。

なんでも聞いて、なんでも行動!

なんでもやってると、なんとかなります。

まだまだわかってるようで理解してる人が少なくて、まあ時々は大変な思いをしたり、

悪意はないのでしょうが、「一体何食べてるの?」と聞かれて、

わけもなく凹むこともありますが、まあ、なんとかなります。

よそのお家に行ってご飯をいただいたりするのは、相手もこっちもめちゃくちゃ大変だから、その機会は減っちゃうけど、まあ別にそれはそれで、ね。

(いっかい、マクロビやってる友達が、姫りんごにも美味しく食べられる料理をい~っぱい作って招待してくれたことがあるけど、あれはめちゃくちゃ嬉しかったな・・・・)

ああ、話がわき道にそれました。

で、そのハンバーガー。

給食のメニューが「ハンバーガー」の日にお弁当にして、

もって行きます。

2009_10120234_2

可愛くね☆

姫りんご、喜んでくれました!

コピー給食、ばんざ~い!

| | コメント (0)