キバ製作所

仮面ライダーキバ。そしてやってきました毎年(?)恒例、仮面ライダーなりきりコンテスト

サクちゃん:「お母さん、今年はベルトゲットしたいから作って~」

私:「え~。」

といいながらやっちゃうのが私。

まずはキバを研究。ふむふむ、鎖がじゃらじゃらついてる。鎖ねえ。
メタリックな感じを出すため、今回は布ものじゃなく紙もので行こう。

Photo

まずは雑誌を参考にしながら、ダンボールを切っていきます。
ヒザカバー(?)とすねカバー(?)とブレスを作るのです。

これにホームセンターで購入したホビー用の銀色スプレーを吹きかけたら、
ちょうどメタリックなかんじになるんじゃないかしら、という作戦。

我が家は急遽、キバ製作所と化しました。

じゃらじゃらした鎖は、厚紙をチェーン状につないでいきます。

これが・・・けっこうめんどくさい。時間もかかります。

家族総出の作業となりました。

Photo_2

キバ製作所は家内制手工業なのです!

Photo_3

できた部品にスプレーします。寒い日、屋外でスプレー作業。
こ、これもサクちゃんのため・・・。

Photo_4

乾かして、できたあ~!

さっそくキバに変身だ!

Photo_5

ポーズ!

私:「ねえ、キバってどんなポーズやったっけ?」

サクちゃん:「こうやで!しゃあ~!」

Photo_6

ほ、ほんまにそんなおもしろいポーズなん・・?
これで本人はかっこいいつもりです。
仮面の奥にキラリと光る目が真剣でおかしい・・・ぷぷぷっ!

Photo_7

き~~~~~~~っく!!!



今年こそキバはいただき!






でもスプレー代、黒Tシャツ代、現像、切手代・・・。
毎度のことながら素直にベルトのオモチャを買ったほうが早いような・・・。
まっ!今年もプレイスレスってことで!


人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (3)

工作パラダイス 兄妹ロボットスーツ

紙箱を古紙リサイクルに出すために分解していると、面白い形のダンボールが出てきました。

サクちゃん:「あっ、それ捨てんといて!描くもんかして!」

お、画伯。何かひらめいたようです。

何を作るのかと見ていたら・・・。

サクちゃん:「できたっ!」

私:「なに?お面?」

サクちゃん:「ちーがーう!これはロボット!闘うねん。
ここはビームが出てきて、ここは剣で・・・」

Photo

どうやら、端からひょろっと出た緑色の細い部分が剣のようです。

サクちゃん:「これはめっちゃ強いロボットやねんで」

めっちゃ強い・・・割にはニッコリ笑顔だし、
ほっぺたも赤くて可愛い顔してるんですけど、このロボット。

サクちゃん:「よし!姫りんごのも作ろう!女の子やからスカートの形にして!」

はいはい~。ダンボールは硬くて切るのがちょっと難しいので私が切ります。

サクちゃん:「ダメ!裾はかわいくぴらぴらにして!」
ダメ出し。ハイハイ、ぴらぴらね。

できたスカートの形にサクちゃんが色を塗ります。

サクちゃん:「女の子やから赤とピンク!」

う~ん、いつもながら形、色にいたるまでいつも的確で早い!

で、これが完成形。

Photo_2

裾のぐるぐるした部分は模様ではなく、ビームが出るところなのだそう。
あ、これも一応武装スーツだったのね・・・。スカートなのに武装・・・。



闘え、女子!

Photo_3  姫りんご:「あたちはべちゅに闘うちゅもりは・・・・」


本人は迷惑そう・・・。


さあ、兄妹で武装したところで記念撮影!

Photo_4


サクちゃん、強そうなポーズを取っています!

何が面白いって、これでめっちゃ強いつもりっていうのが面白い。
こどもって・・・ぷぷぷっ!!!

口元真剣だし・・・可愛い!


おし!こうなったら兄妹コンビで地球の未来を守ってくれ!






こども達が、地球の未来に貢献するように育ってほしいものです!

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (4)

工作パラダイス 憧れのエレベーター付きマンション

実家に帰ったら・・・恒例の「工作パラダイス!」 イエイ!

今回は、お菓子の空き箱を重ねて、3階建てマンションを作ってみました。

Photo

サクちゃんは、3階以上のマンション(しかもエレベーター付き)に憧れています。

なので、このマンションにはちゃんとエレベーターもついています。
ひもで上下に動きます。扉もあって、各階に降りられます。

Photo_2

このエレベーターを作っていたら、誰よりも甥っ子のそう君がくいついてくれました。

そう君:「これ、動くの?」

私:「動くよ」

そう君:「わ~~~!!すご~い!!!」

そ、そんなことでそこまで喜んでくれるの?
もうサクちゃんはそんなことには慣れちゃってびっくりもしてくれないのに・・・。
(実際、作っている最中も、とうのサクちゃんはポケモンカード遊びに夢中)

そんなにピュアな反応されちゃうと、作るほうもはりきっちゃいますよ!


できました!
では、ミニサクちゃんの案内で、マンションの全貌を見てみましょう。

え~、1階はオフィスですね~。

Photo_3

カーブの部分にはガラスブロックを採用し、採光を考慮しています。
オフィスへのドアを開けると、うさぎ社長がお出迎え。
オフィスのインテリアはソファとブラインド。どこかレトロなテイストはうさぎ社長の好みでしょうか。

1階裏側は、駐車場になっています。

Photo_4

2階に参りましょう。

Photo_5

2階はこども部屋のようですね。仕切りもあります。
天蓋付きのベッドは作者の願望でしょうか・・・。

では眺望が自慢の3階へ。

Photo_6

ほお~、3階のリビングですか。
窓からは神戸港らしき海が見えます。これも作者の願望がうかがえますね・・・。


マンションが出来上がった頃、まったく無関心そうにしていたサクちゃんが反応を示しました。

さっきまでなんの興味も示していなかったのに、そう君がエレベーターで遊び始めるとやってくるんだから・・・。

そして、どっちが高いところに登るかという無意味な競争をまた繰り広げている。

はああ~。
ヤレヤレ。





人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

| | コメント (4)

工作パラダイス おさんぽあおむし編

実家恒例の工作パラダイス!っとその前に、写真を一枚。

これは我が実家のくつろぎのお茶スペース。
Photo
実家はただいまトイレ改装中で、作業する大工さんの休憩用に、農機具倉庫のなかにこんな素敵な特設お茶スペースが設置されていました。

時に大工さんと一緒に、時に家族だけで、時にバーべキューにと大活躍した開放感たっぷりの特設ステージ。

風通しも眺めも最高です。(青くみえるのはりんご畑の防風ネットです)
お茶するためだけに用意された、なんと豊かで贅沢なスペース!

さてさて本題の工作パラダイス。

Photo_2 
空き箱の仕切りを見ていたサクちゃんが、「あおむしみたい」

おっ!うまいこと言うね!と早速あおむしを作ることに。

あおむしの顔をサクちゃんに描かせ、足をいっぱい作ります。
サクちゃんのいとこ、3歳のそう君といっしょにのりとテープでとめました。
Photo_3
ひももつけてウォーキングあおむしにします。

さあ~おさんぽしましょう!
ぐるぐるとあおむしでお散歩するそう君とサクちゃん。

「私もお散歩に参加したいの!」
Photo_4
ごろごろ~。
Photo_5 
ふとめのあおむしちゃん・・・・。

もうひとつ。ビーズを使ってゴムブレス作り。

お盆に集まった子供たちにプレゼント。

「あたしのイメージにぴったりじゃない!」
Photo_6
「似合うかしら?」
Photo_7


夏のゆるゆる工作パラダイスでした。

| | コメント (3)

工作パラダイス ダンボール特急「イカヅチ号」

実家で暇をもてあました親子が行き着く先、そこは工作パラダイス。
今回もたくさんのものを作り(作らされ)ました。

食料品を買い込んだ時に使ったダンボールがありました。空いたダンボールがあったら放っておけないサクちゃんです。

「電ライナー作ってえ~」(注:仮面ライダーの乗る電車)

・・・熱い視線。その視線の先には・・・私。
私しかいないよね。

ハイハイ~。作らせて頂きますよ!
Photo_115
これが今回作った電ライナー「イカヅチ」。

特急「イカヅチ号」の頭。
Photo_116 

特急「イカヅチ号」のしっぽ。
Photo_117

Photo_118
元ネタは、これ。

新幹線のような「電ライナー イカヅチ」からは、竜の頭としっぽが出てきて巨大化した敵を攻撃!

っていうか、「仮面ライダー」ってバイクに乗るからライダーなんだから、電車に乗っちゃ、ダメぢゃん!と思っていたら、仮面ライダーはちゃんと操縦席でバイクに乗った上で、電車を操縦してました!

こじつけ?と思いきや、電車×仮面ライダーの組み合わせが「男の子ゴコロ」をがっちりつかんだそうで、今シーズンの「仮面ライダー 電王」はこどもに人気が高いのだとか。

(はっ!仮面ライダーネタばかりでマニアックになってませんか?大丈夫ですか?行き過ぎてたら誰か止めてくださいね・・・もう遅いか・・・)

さて、話が横道にそれましたね。

ではさっそく電ライナー「イカヅチ号」へ試乗してみましょう!
Photo_119
姫りんご:えっ!?なんでアタチなのよっ!!なによコレ!

私:あ~ら、ぴったりよ、姫りんごちゃん。
クッションを詰めたらすわり心地満点。お座りも安定するし、いいね~、コレ!!

姫りんご:そ、そう?あ、お兄ちゃんも後ろに来てくれた。なんだか楽しくなってきたわ。

Photo_120 
たのしいたのしいたのし~いい!!!

姫りんご:気に入った!アタチのマイカーにしま~す!
Photo_121

「イカヅチ」に乗っていると姫りんごちゃんはご機嫌。いっしょにおもちゃを入れてやるといつまでも大人しくいい子にしてる・・・。これ、かなり使えるかも。

そんなわけで、すっかり「イカヅチ号」は姫りんごちゃんのものに・・・。

あんなに「作って」とせがんでいたサクちゃんも、姫りんごちゃんばかりが乗っていても文句一つ言わない。まったく妹には甘いんだから。

結局、あまりにも中に入っていい子にしてくれているので、神戸にまで持って帰ってきちゃいました!

ちょっと洗濯物干す合間などに乗ってもらってます。便利だわ~!

工作パラダイス、初の実用的アイテムです!


さて、前回の工作パラダイス「電王ベルト」の後日談。

今回の帰省でサクちゃん、おもちゃの「光る電王ベルト」をとうとうゲット!ばあばが買ってくれました。

まあ、いいか。と大目に見たものの、なんとなく悔しいのでちょっとすねてみました。

私:「せっかく作ったのに~。ほら、お母さんが作ったのとそんなに変わらないじゃない」

サクちゃん:「ごめんね~。でも、これ、ボタン押すと光るねんで!」

私:「ああ、そうだね。夜、枕元に置いておくといいかもね」

サクちゃん:「かいじゅうでんとう(注:懐中電灯)がなくても明るいね!サクちゃん、これ便利と思って買ったんだよ~」

あらあら~!買ってから光ることに気付いて喜んでいたのはどこの誰だったかしら?
おもちゃ購入を後付けで正当化する四歳児・・・。

まあでもそれがあったから「電ライナー イカヅチ」をこころよく姫りんごちゃんに譲ってくれたのかもね。

とにかく、実用的なものができて、よかったわ。
ちいさめのお座りイスをそろそろ買おうかと思ってたけど、しばらくこれでいくかも。

| | コメント (4)

工作パラダイス オタフク編

オタフクかぜのため、またもや家に閉じこもる日々を余儀なくされてしまった私たち。

そんなときは~、またまた工作パラダイス♪

今日は魚つりごっこでも作りますか。
竿は、ガーデン用の支柱棒にひもをつけ、S字フックを吊るして作ります。
さあ、いっぱい魚を作ろう!

作った魚たち。
Photo_81
タコとカレイは夫の作品です。ひそかに宝物の箱も用意しておきました。

Photo_82 
これはサクちゃん作の「イカとカニ」
どちらがイカだかわかりますか?右側の墨を出しているほうです。

Photo_83 
これは「べにざかな」だそうです。サクちゃん作です。

これだけでは工作に肥えたサクちゃんには満足していただけません。
次は、「ライダーベルト」です。

サクちゃんはずいぶん前から今シーズンの仮面ライダー電王のベルトが欲しかったのですが・・・新しい仮面ライダーになったとたんにまた買うっていうのは「仮面ライダーカブト」に対して失礼なんじゃ?! という(私の)強い思いもあり、買っていなかったのです。

「仮面ライダーカブト」に対する思い入れが強すぎるのか・・・(私の)

「お母さんはね、カブトのこと、忘れないと思うよ」
という大人っぽいサクちゃんのひとことでやっと目が覚めました。電王ベルト、作ってあげようじゃないの。(それでも買わないアタシ)

仮面ライダーカブトの時に買ったライダーベルト、カブト虫型のカブトゼクターを外すと、こういう風になっています。
Photo_84
そこに幼児誌のふろくの電王ベルトの部品を切って貼り付けたら電王ベルトにカスタマイズできるではないですか!(このアイデアはサクちゃんが考え出しました。)

Photo_85 
できました~!!!

自分でも、びっくり。意外にうまくできました。

サクちゃんも大満足!早速変身してポーズです!

Photo_86

お面をしていてもそれとわかるほっぺたのふくらみ(オタフク)が不憫よ。

夫が帰ってきて、サクちゃんが嬉しくて枕元に置いて寝ていた電王ベルトを見て言いました。

夫:「うわ。作ってる。一瞬買ったんかと思った。」
私:「すごいでしょ。うまくできたよ。」
夫:「うん、でも・・・ここまでせんでも。」

確かに。
私ももういいかげん買ってあげてもいいかな、と・・・。

だってサクちゃん、作ってあげて接着剤が乾くのを待つ間、じーっとニコニコしてベルトを見て待っていたんです。

「乾いたら教えてあげるからそっちでテレビ見てなよ」
と言ったら、
「ううん。ここで見てる」
と、至近距離でニコニコと・・・。
なんといじらしい。

でもね、お母さんだって負けたくなかったんだもん。(でも一体何に・・・?)

この手作りライダーベルトが壊れたら今度こそ買ってあげるからね!
でもこういう時に限って、けっこう壊れなかったり・・・しますよね。

| | コメント (5)

工作パラダイス 結婚記念日の贈り物

好評の(?)工作パラダイスin 実家・第二弾です。4月2日は、父と母の結婚記念日でした。おばあちゃんが教えてくれました。

「あの日も4月なのに雪が降ってねえ、式場まで長靴で出たんよ。」

父は、長靴姿で他人事のような顔をして式場の待合室に座っていたら、
「今日の新郎さんは誰ですか?」
って参列者に聞かれたのだとか(笑)

そんな思い出(?)の結婚記念日のお祝いプレゼントをサクちゃんと作ることにしました。二人ともきっと忘れているだろうから、びっくりするに違いありません。

まずはサクちゃんにジイジとバアバの顔を描いてもらいます。バアバはパーマ。ジイジの髪型も特徴をうまくとらえていて笑えます。

それをキレイに切り抜いて、キッチンペーパーの芯を半分に切った体につけます。
Photo_26
次はドレスです。ウェディングドレスならお母さんにまかせて!
ティシュを折りたたんではさみで切り込みを入れ、そっと開いたら素敵なレースのスカートになりました。ヴェールも同様に作ります。
Photo_27
ピンクの紙で作ったトップスのすそに切り込みを入れるという素敵なアイデアを出してくれたのはサクちゃん。サクちゃんが切り込みを入れ、私がかるくロールさせます。

サクちゃん:「バアバ、タコみたいやん!」

私:「違います!フリンジっていうの!」

ティッシュのリボンを作って頭に飾ります。

サクちゃん:「バアバ、かわいい~」

次はジイジ。サクちゃんが黄色い紙でネクタイを作りました。

Photo_28
それにしてもでっかいネクタイやな~。でも面白いのでそのままつけます。
ティッシュでブーケトニアも作りました。

Photo_34  
サクちゃんにブーケも作ってもらいます。これがブーケです。

台はご進物用のハムの空き箱を利用しました。ハムの箱は布が敷かれているので、ちょっとゴージャスなかんじ(?)を演出するのにぴったりでした。

Photo_32
できました。

ピンクの紙ふぶきをサクちゃんと一緒に切って用意しておきます。渡すときにフラワーシャワーをかけてあげましょう。

Photo_29
部屋の飾りつけもしました。

Photo_30

複雑なお花は私が、大胆なお花はサクちゃんがチョキチョキ切って作りました。
ジイジとバアバ、びっくりするかな。うふふ。

夕方、仕事から帰ってきたバアバにおめでとうと言って渡しました。ちゃんとサクちゃんにフラワーシャワーをかけてもらって。

すっかり忘れていたバアバ、とっても喜んでくれました!

ジイジとバアバ、結婚記念日おめでとう。

| | コメント (3)