« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

気分が乗らなかった七五三詣り

このところ、ありがたいことに、お仕事もプライベートも含めて制作が立て込んでおりました。

で、いつも「前日仕上がる」ってかんじ・・・。

七五三詣りのときに着せたボレロもまさに前日の夜仕上がりました!

ハアハア・・・。

長襦袢でリメイクしたドレス、オークションに出品したあと、

自分のうち用にも制作しました。

半袖バージョンで。

753_4

でもそれだけでは寒いので、ボレロを作ろうと思ったのですが・・・。

ボレロの素材選びに迷いました。

着物からのリメイクですから、あまり洋風な素材も合わないし、でも着物に合う華やかさも必要・・・。

そんな時、近所のリサイクルショップ(というか商店街の古道具屋さんですけどね・・・)で出合った、着物用のストール!

753_2

これなら、ボレロにぴったり!

753_3

レースをうまくえりぐちや袖に使ったらかわいい!

で、出来ました!(お参り前日に!!!)

753

綱渡り的・・・私の制作・・・。

Photo

でも、なんとかなってる!うん!

で、お参りへ・・・。

ところが!

アタチ、気分が乗らないの。

Photo_2

お参りにいっても、カメラのほうを見ない。

753_5

向いても変な顔をするし・・・。

753_6

こっちむかない・・・。

どんぐりとかひろいに行ってるし・・・。

仕方なく、ちゃんと写真も撮れず、帰宅。

あとで聞いてみました。

「なんでちゃんとお写真うつってくれなかったの?」

姫りんご:「だって、どんぐりが・・・。どんぐりがこんちゃんに会いたいっていうから。どんぐりがかわいちょうやから・・・。」

!!!!!!!!

どんぐりのせいにしてるし!

でも、可愛いなあ~。

という話を夫にしたら、

夫:「でも、そのあとどんぐりをぽいっと地面に投げてふんどったで」

!!!!!!!!!!!!

ひっ、姫りんごっ!!!

小悪魔・・・・。

| | コメント (0)

コピー料理☆ マロンケーキ メイプル豆腐クリームと秋映え林檎添え

小麦・卵・大豆・乳製品アレルギーのわが子のため、苦手なお菓子作りに挑戦中!

道具セレクト&師匠は、お菓子作りの得意なお友達、愛子ちゃん

師匠の作品集↓
Photo
Photo_2
Photo_3
極めつけは、このお菓子↓
Photo_4


もうすぐ1歳の娘さんのための手作りあかちゃんビスケット!
あかちゃんビスケットまで自分で焼いているママ、初めて見ました・・・。
驚愕!
また入れ物もおしゃれでね~。はあ~。


そんな愛子師匠が、姫りんごちゃんのために作ってくれたアレルギー対応ケーキ。
Photo_5

これは、市販のアレルギー対応ケーキのミックス粉キット(げんきタウン お米とさつまいものパウンドケーキミックス)を利用して作ってくれたそう。

このキット、私も以前に購入して作ったことがあるのですが・・・

なにしろ、重曹小さじ2分の1がちゃんと計測できない私ですから、
上手くいくはずもなく・・・。

めざせ師匠!

とばかりに、再挑戦!

私:「愛子ちゃん、コツってある?」

愛子ちゃん:「表示どおり作っただけですよ~。あ、でも、粉は最初にあわせてふるっておいてください。それからよ~く混ぜてください。こねないように」

私:「はいっ!」

愛子ちゃんのアドバイス通りに挑戦。
Photo_6
Photo_7
よ~く混ぜて・・・。

し、しかし、作っているうちに、ど~うしてもアレンジを加えたくなってくる。

お料理上手なブログの読者さん、さやさやさんにも、以前に
「お菓子はアレンジしたい気持ちをぐぐっとこらえて基本に忠実に」
とアドバイスされていたにも関わらず、

やっちゃいました。

アレンジ。

しかも、天津甘栗!

入れたくなったの。ケーキのなかに。

「なんで?」と聞かれたら、「そこに天津甘栗があったから」としか言えませんっ!!!

ばかな私っ!

案の定、表面に出ていた天津甘栗は焼いてがっちがちになって、硬くて食べられたものじゃあありませんでしたよ・・・。
Photo_8

ばかばかばかっ!あたしのばかっ!

でもケーキの中に埋まっていた甘栗はほくほくになって、美味しかったですよ。

子供には、上の甘栗を取って(責任を持って私が食べて)食べさせました。
Photo_9

添えたのは、田舎から送ってきた秋映え(あきばえ)りんご。

それから豆腐クリーム!


この手作り豆腐クリーム!

これが私向きで。

姫りんごちゃんは、加熱したお豆腐なら食べられるようになったので、
豆腐クリームオッケーなんです!

この豆腐クリームは、マクロビオティックカフェのお兄さんに教えてもらいました。

ゆでてしっかり水切りした木綿豆腐と、てんさい糖、菜種油を少しづつ加えながらフードプロセッサーにかけるだけ!

味や油の量を確認しながら調整ができるので、
アイラブ目分量な私にぴったりです。

豆腐の種類によっては、にがり独特のしぶさ、というかアクが舌に残ってしまうときがあるのですが、そんなときに、メイプルシロップを入れたら風味が加わって、にがりが気にならなくなりました!

味見をしながらの目分量のアレンジは超得意♪


お菓子が苦手な私も少しはましになってきたかな?

| | コメント (1)

コピー料理☆ 苦手なお菓子作りに挑戦!~道具編~

小麦・卵・牛乳・大豆の食物アレルギーを持つ姫りんごちゃん(3歳)のため、
日々、コピー料理に楽しく挑戦している私ですが・・・。

超苦手なジャンルがあります。

それは、「お菓子」

人生「てきとー」そして「アレンジとカスタマイズが大好き」な私にとって、
正しい計量が基本のお菓子は大の苦手ジャンル。

でも、お菓子作りの師匠である友人の愛子ちゃんによると、
お菓子作りの基本は、

「正しく計ること」「こねすぎないこと」

だそうです・・・。

はは・・一回こねすぎて米粉ドーナツを失敗した過去が蘇る・・・。





そんなお菓子の師匠、愛子ちゃんの出産祝いに 「プチトリアノン宮で休暇を過ごすマリーアントワネット風マタニティドレスと、その娘マリーテレーズ風ベビードレス」 (←長いっ!)
をプレゼントした内祝いに、「愛子セレクト☆お菓子作りが楽しくなる美しいお道具コレクション。お菓子づくりのアドバイス付」(←これまた長いっ)をプレゼントしてもらっています。

第一回目は、このスケール

Photo


これがすごい便利で。

台所の引き出しに入るコンパクトさなのに、この便利さ!

おかげで私、とりあえず水を混ぜて焼くだけの、ホワイトソルガム(※たかきびの一種。小麦の代用粉)を使ったケーキは作れるようになりました。

Photo_2

ぱちぱちぱち~!!!


第二弾は、この計量スプーン。

Photo_6

Photo_3

Photo_4
なんと美しいスプーン。
愛子ちゃんによると、お道具はやっぱり美しくないと!ってことらしいです。
さすがだわ~。

愛子ちゃん:「これは美しいだけじゃなくって、2分の1の線が入っているから便利なんですよ。これなら、2分の1を計るときに中さじを出さなくても1本ですむから・・・」

私:「えっ、えっ、愛子ちゃんちょっとまって。2分の1のときに中さじってどういうこと?」

愛子ちゃん:「え~、だから大さじ(15cc)の2分の1は、中さじ(7.5cc)ですよね。
あと、小さじ2分の1を計るときも、小さじは5ccだから、中さじ(7.5cc)から小さじ(5cc)を引くと、2.5ccで、小さじ2分の1になりますよね。」

私:「!!!!!!!!!なにそれっ!!!!
私いままで、大さじ2分の1だったら、大さじにだいたいこれで半分かな~って計ってたよ!それって、一般常識? 全人類みんな知ってること?」

愛子ちゃん:「た・・・たぶん・・・。でもまあ、グラム単位とかじゃなくて、2分の1っ書いてあるってことはそこまで厳密なレシピではないのだと思いますけど」

が~~~~~~ん!

そう思ってみてみると、2分の1の線は私が思っていたよりはるか上にある・・・。

Photo_5 

だから、今まで私が考えた小さじ2分の1のベーキングパウダーや重曹では、お菓子が膨らまなかったのかあ。

ショックでした・・・。
私の知らないお菓子作り界の常識・・・。

みなさんは、2分の1、どうしてました?
私だけ?

2分の1の真実・・・。



第3弾は、ゴムへら。

Photo_7

Photo_8



スパチュラっていうのかな?
スパチュラであってる?(←そんなことも知らない・・・)

(あっ、ちなみに私、お料理は得意なんですよ。慌ててフォロー・・・)


そう、これがね~便利で。

愛子ちゃんによると、「お菓子はよ~く混ぜる、でもこねない」がコツなので、このヘラが便利なのだそうです。

耐熱素材なので、お料理にも便利。

私はよく、かぼちゃのポタージュスープを作るので、フードプロセッサーにかけたあとの材料をすくうときなんかに、すっごく重宝してます。

Photo_9

ポタージュスープは、乳製品なしで美味しく作れますよ!
玉ねぎのかわりに白ネギを使ったり、とろみが足りないときは水溶き上新粉を加えます!
(←・・・って、ここで料理上手をわざとらしくアピールして、あまりのお菓子下手の私をフォローしようとしてる魂胆みえみえ?)


ほんっとに優秀な子です。
今では私にとっても、なくてはならない道具になっています。

愛子ちゃんいわく、混ぜ合わせた材料を最後まで無駄なく使うことも、お菓子作りに大事なことなんですって!

水も汚さないし、無駄がなく、エコです。大事なことですね。


ほんと、道具って大事だなあ、と思います。

何かで聞いた話ですが、
イチローが小学生に、「どうしたら野球が上手くなれますか」
と聞かれたとき、「道具(グローブなど)を大事にすることです」
と答えたそうです。

さすがですね~。

私も頑張ります!

次回は実践編です!

| | コメント (1)

くじら大好き? 姫りんご迷言集

姫りんごちゃんの名言はなかなか面白い。

サクちゃんは詩人の名言だったけど、
姫は 「女子」 heart02な名言。

水玉もようのお洋服を、

姫りんご: 「しゃぼん玉のおようふくがいいの」

って言う。

ふふっ。かわいいlovely


笑ったのは、

姫りんご:「くりっちゃんの、あんど」

くりっちゃんの、あんど? くりっちゃんってダレ? あんどっって何?

答えは、サッカー好きなサクちゃんの影響で覚えた、

「クリスチャン・ロナウド」soccerでした!!!



そして、姫りんごちゃん、

ブツブツした食べ物が大好き。

卵・牛乳・小麦・大豆のアレルギーのある姫りんごちゃんですが、

魚卵は大丈夫なので、

「イクラ」や「たらこ」が大好き。

あと、「海ぶどう」とかつぶつぶものが大好きなんです。



ある日、姫りんごちゃんが大好きなイクラのお寿司をみて、
しばし固まってる。

え~と、え~と、これなんだったっけ、
あたちのすきなこれは・・・・。って顔してる。

しばらく考えてから、ひとこと。


姫りんご: 「おか~ちゃん、これ、くじら?」



・・・・。くじら・・・?

私:「・・・いくらよ・・・。」

Photo

いくらとくじら・・・・

海の生物ってところは近いんだけどねっ。


ああ、かわいいなあheart04
3歳児のいいまちがい。


7歳になるともう人間の会話になっちゃうから、
今のうちに楽しんでおかなくっちゃwinkshine

Photo_2

| | コメント (2)

ラムネとくじらとプリンセス ~姫りんご迷言集~

7歳のサクちゃんは、さすが詩人から名前をつけただけあって、
3~4歳頃はなかなかの詩的な名言をいくつも残してくれました。

姫りんごちゃんの場合はというと・・・なかなかどうして、彼女の名言(迷言)もかなりの面白さ。

彼女の場合は基本「自称ぷりんちぇちゅ」ですから、
名言も、あくまでも 「プリンセスベース」 で成立しているのが笑えます。

まずは、こんな名言。

ある日、夜寝る前に二人が肩を寄せ合って、一冊の絵本を読んでいます。
仲良し兄妹のほほえましい姿。

姫りんごちゃんはおにいちゃんが大好き。

そりゃあそうでしょうよ。
お兄ちゃんの優しさはぴかいち。

八百屋のおばちゃんに飴をもらったら、
まず、自分ではなく姫りんごにどっちの味の飴がいいか選ばせるし・・・。

二人で分けて食べていたお菓子も、
最後の1個をわざと自分が取って隠して、

姫が、

「あ~ん、なくなったよ~」

と泣くと、

「ここにあるよ~」と言いながら姫に渡すという優しさ。

(ちなみに私は昔、弟とお菓子をいっしょに食べるとき、
最後の1個をわざと隠しておいて、うらやましがる弟の目の前で、
美味しそうに自分だけが食べるという極悪非道な姉でした・・・。)

そんな極悪な母親からよくもまあそんな優しい子供が産まれたことよ。

ああ、話がそれました。

そうそう、姫りんごちゃんは、だからそんなお兄ちゃんが大好き。

だからこういいました。



姫りんご: 「こんちゃん(姫りんごのこと)がぷりんちぇちゅになるから、
お兄ちゃんが、おうじちゃまになったら?」


こっ、この言い方!

一見、提案型を取りながらも、
そこには否と言わせない強引さがある、女子独特の物言いです。
3歳にして、女の駆け引きだね、姫りんごちゃん!

さあ、サクちゃんの答えは・・・?

サクちゃん:「いやや。ぼくはサッカー選手になるねん」

そこはきっぱりと断られていました・・・。

ははは・・・。

Photo



もうひとつ。

ある日、公園からの帰り道、
ラムネを片手に持ち、食べながら歩く姫りんごちゃん。

ところが、なにかの拍子にぐずりだし、その場を動かなくなってしまった姫りんご。

彼女をなだめるためにとっさにサクちゃんが姫りんごに渡したのが・・・、

バッタ!!!!

いや・・・あのさ、サクちゃんはバッタ好きかも知れないけどさ、
女子はバッタ、そんなに得意じゃないから、バッタじゃあご機嫌なおらないよ。
オンナゴコロわかってないなあ、サクちゃん。

案の定、バッタは持たしてもらったけど、
ど~も、バッタはそんなにうれしくない姫りんごちゃん。

でも、サクちゃんの気持ちは嬉しい。

・・・・・・・・・。

そんな姫りんごちゃんから、出た名言が、

これだ!




姫りんご: 「こんちゃんは・・・ラムネちかもてへん!」


ぷぷぷっ!!!!

ラムネちかもてへんねんて!!!
ぷ~っ!


まるで、

「アタシはナイフとフォークしか持てなくってよ」

とでも言わんばかりに、
やけに気高く言ったのがおかしくて、思わず吹き出してしまいました。

Photo_2

面白いなあ、3歳女児。

そして、女子と男子とではまた、名言のニュアンスが違うのが面白い。

なんか女子はやっぱり名言も女子やね。

これからもナチュラルボーン女子な名言を楽しみにしてるよ、姫りんごちゃん!



あっ!タイトルに入れてた「くじら」を忘れてた。

くじらも面白いんだよね。

でもそれはまた明日!

| | コメント (0)

環境にやさしい魔女 ☆リメイクでハロウィン大作戦☆その3

さあ、自作のリメイクファッションで仮装を0円で作った私たち。
Photo_2
Photo_5
Photo_3
Photo_4

会場についてびっくり!

す、す、す、すごい人!

狼男に大量の魔女にかぼちゃのオバケにゴーストにドラキュラ軍団に、
ドレスアップ?した子供たち&ファミリーがわんさかと!

なんらかの原因で、空間に歪みが生じ、
その影響で魔界が現れたかと思ったわ!

こんなに人がいるとは・・・。
しかもすごいみんな仮装が凝ってる~!

0円のあたしら、さすがに地味~!

あまりの人ごみと周囲の仮装のレベルの高さに私はすっかりテンション↓

キラキラチュチュにテンションが上がっていた娘も、
ドレス姿のほかのこどもたちを見てしまって同じくテンション↓

でもまあ、せっかく来たことだし、
パレードの受付だけしてお菓子をもらって帰ろう。
と、パレードの受付を探しました。

ところが、すごい人で、どこが受付だかもわかんない。

とりあえず適当に歩いていたら、行列のできている場所が。
ああ、ここが受付だ!と最後尾に並んでみました。

一応前の人に確認。

私:「すいません、ここパレードの受付であってますよね?」
前の人:「・・・たぶん、そうだと思いますけど」

前の人もわかってないのか・・・。

順番が進むにつれ、どうやらその行列が、
「仮装パレード」の受付ではなく、
「仮装コンテスト」の受付であるということが発覚!

ええ~!!

と、思ったけど、
仮装コンテストに受け付けると自動的にパレードの受付もできるらしい。
パレードに並びなおすのも面倒くさいので、コンテストにエントリーすることに。

エントリーナンバーは29番。

先着30名だったみたいだから、けっこうぎりぎり・・・。
運がよかった?

コンテストに受け付けると、パレードの先頭を行進しなければならないらしい。

自分達よりもはるかにすごい仮装をしている人々の前で、
地味な0円の私たちは、
なんとなく「スイマセンスイマセン」という気分で行進をしたのでした・・・。

そう思っていると、沿道の人々から、「え~、あんなしょぼい仮装でコンテスト?」というような眼で見られているような気までしてきて・・・。

こそこそとパレードをしたのでした。
Photo

さ、お菓子だけもらってさっさと帰ろうとした私達に、
仮装コンテストの司会者がこんな声が降って来ました。

「仮装コンテストの賞金は、現金です!」

げっ、げんき~ん?!


そっ、それを早く言わんか~い!

私の両目は、shineチャリン♪チャリン♪shine という音とともに\マークに!dollar

「かわいいで賞が2組で、賞金5000円! アイデア賞2組、賞金5000円!
3位、1万円! 2位、2万円! 1位が3万円で~す!」

うおおおおおおお!

お金、と聞いてなぜか急に燃えたのが他でもないサクちゃん。

でも服装は地味だから、あとはパフォーマンス勝負だね。

私:「サクちゃん、ドラキュラのマントをばさっとしてかっこよくやってね」

サクちゃん:「うん!」

と、言っていたのに本番が近づくとサクちゃんは急にもじもじ。

サクちゃん:「え~、僕やっぱりそんなんできひんよ~」

チッ!

人前に出て、会場を沸かせるようなこども店長ばりの演技を我が子に期待したあたしがばかだった!

こうなったら、私が語るしかない・・・・!

緊張してきちゃった。
どきどきどき・・・。

いよいよ出番!いざステージへ。

会場で、カカシ先生やFBIが見守る中、(←もちろん仮装)
私は息をすう~っと吸い込みました。

私:「今回、エコという視点から、家の中にあるものを手作りでリメイクして、
全て0円で仮装をしてみました。魔女のマントはスカートから、
ドラキュラのシャツは、レースの付け衿からリメイクしています。
私のドレスは古いネグリジェです。環境に優しい魔女ファミリーで~っす!」

司会者:「素晴らしいですね~。お母さんの手作りの服はどうですか?」

と、とっさに振られたサクちゃん。さあ、どう答える。

サクちゃん:「うれしいです」

よく言った!サクちゃん。上出来、上出来!

と、ここでまた幸運の女神(幸運の魔女?)が微笑みました。

この絶妙のタイミングで、姫りんごちゃんが会場にいたパパを発見し、満面の笑みを浮かべたのです!

だからそう、審査員には、サクちゃんがうれしいと言った瞬間に、
姫りんごが本当に嬉しそうな顔でパーフェクトスマイルを振りまいたように・・・・
見えていたと思います。

魔女が微笑んでいました、間違いなく。

主人いわく、私のトークも神(魔女)がかり的だったそうですし・・・。


そして、結果発表。

ところがこの時からパレードとコンテストの待ち時間で疲れた姫りんごは、
ねむねむ状態に。

上位入賞はまずありえないから、
かわいかった賞とアイデア賞を聞いたら帰ろうと言っていました。

かわいかった賞とアイデア賞の発表が終わって、名前は呼ばれず。
3位もなし。

こりゃ無理だと帰ろうとしたその時です!!!!

司会者:「・・・・2位は・・・・・エントリーナンバー29番!!!」

にっ、にじゅうきゅうって言った?今!

司会者:「29番さん、いらっしゃいませんか~」

私:「おりま~す!」


なんと!

2位になっちゃった!

嬉しそうに賞品を受け取るサクちゃん。

審査員:「エコという視点が本当に素晴らしかった。
そしてまた、お母さんの手作りのリメイクの服をお子さんが本当に喜んでらっしゃるのも素晴らしいと思います。これからもエコ、続けてください」

はいっ!

続けます!

エコ!バンザイ!
リメイク!バンザイ!

なんと、あの地味な0円仮装が2位!

すごいわ~。


受賞後のパレードは、最初のときと打って変わって、
めっちゃ誇らしげに歩きましたよ~。

沿道の人に手を振ったりして☆(調子乗りすぎ?!)


shineエコ&リメイクの勝利です!!!shine

私の、田舎のおじいちゃんおばあちゃんに仕込まれた
「ものが捨てられない」「もったいない」精神がこんなとこに役立つとは。

やっててよかった!リメイク活動!

魔女すご~い。


だって、流れを整理すると・・・・。

「インフルエンザ騒ぎでヒマ」

「二日前に思いついたのでハロウィングッズ売ってない」

「仕方なく家にあるものをリメイクして作る」

「人が多すぎて、パレードの受付をコンテストと間違える」

「しかも受付最後から二番目でぎりぎり」

「人前でパフォーマンスできるタイプのこどもではない」

「仕方なく、私がトーク」

「姫りんごがタイミングよくパパを見つけ、微笑む」


この流れで2位ゲットですよ・・。

どちらかというと、全体的に「仕方なく」動いていた結果が2位ですからね~。

すごいわ。魔女。力を貸してくれたのね~。



私、本当に環境にやさしい魔女になる!
そしていつか、リメイクで地球を救いたいわ~!
(2位になったくらいで大きくでてますね↑)


みなさんも、お洋服はだいじにしましょう!
女神(魔女)が微笑んでくれるときがくるかも?

| | コメント (5)

環境にやさしい魔女 ☆リメイクでハロウィン大作戦☆その2

インフルエンザ騒動で退屈していたりんご一家に舞い込んだ、一枚のチラシ。

「ハロウィン仮装パレード」

あら、たのしそう!
前に作ったサクちゃんのドラキュラマントで出場しようかしら!

と、思ったけれど、思いつくのが遅かった。
だって、ハロウィン前々日だもの~coldsweats01

姫りんごちゃんとお店に行ったら、
こないだまで盛況だったハロウィン仮装コーナーが、
きれいさっぱりなくなって、早くもクリスマス物が並んでる。

世の中、は、はやっ!
ついてけないよ。ってゆうか、まだハロウィン終わってないやん!
終わってないうちに、サンタだトナカイだって始めちゃったらさ、
オバケや魔女に失礼でしょう!(←どんな論理だ?)

うう~ん・・・。

仕方ない。家にあるものでなんとかしよう。
こうなったら、お金をかけるのももったいないから、
家にあるものだけで仮装グッズを作ることに(勝手に)挑戦!

題して、 「0円仮装ファッション! ハロウィンリメイク大作戦!」

ぱちぱちぱち~!(ひとりで拍手ぅ~!)

サクちゃんのは、
以前作ったドラキュラマントと付け衿からリメイクした伯爵風ブラウスでオッケー。

018

017

019 →(サクちゃん当時5歳)

姫りんごちゃんのは、作り直し。

まずは、
要らなくなった服や人から譲ってもらった服や生地が収納してある棚をチェック!

譲ってもらったときは、
内心「こんなもの、役立つわけないやん!」って心の中で思ってしまうものでも、
いつかちょうどぴったりなものに役立つ時が来てしまうところが、
私の魔女的人生とリメイクの面白いところ。




今回は、ゴム入りの黒のベロアニットスカートを使います。

Photo

それをまず、大胆に二つにカット。

Photo_2

上の方を使います。

脇の縫い目をほどいて、裾と脇の布はしをロック始末します。

もともと入っていたゴムを抜いて、ちょうどよいサイズにそのゴムをカット。
そのゴムを入れなおして縫いとめます。
ゴムも、もともとあったものを使うのがポイントです。
もったいないからね。

マントだから普通はゴムは要らないんだけど、
子供だからゴムがあったほうがずれなくて着やすいと思います。

Photo_3

家にあったリボンとフェルトモチーフを飾りにしたら、
じゃじゃ~ん!マントのできあがり~!

Photo_4

次は魔女に欠かせないお帽子。

これも、お家にあった生地を使います。

黒い生地はリサイクルショップで購入したもので、
裁断のカットあとがあったので、割安になっていた生地でした。

紫のぴかぴかサテン生地は、
フリマか何かで「ご自由にお持ち帰りください箱」に入っていたもの。

ピカピカの紫なんて使う人なかなかいないから
「ご自由に・・・」になってたんだろうけど、
いましたね~、ここに。使う人が!

残っていたチュールや生地見本のハギレで飾りを作って、
お帽子に縫い付けたら出来上がり~!

2_2

以前に頼まれてパニエを作ったときに残った黒のチュールで、
チュチュスカートも作ります。

Photo_5

裾に、これまたお家にあった「ラメのり」を使ってキラキラデコレーションしました!

(りんごブログをチェックして下さっている方はこのラメのりをいつどこで使ったか覚えてらっしゃいますよね~。→そう、魔女会です・・・。)

Photo_7
そして、サクちゃんが、姫りんごちゃんのために作った、入魂の魔女スティックです。

「これがないと魔法が使えないから」

とやたら頑張ってつくってました。

でもこれも、お気づきの通り、家にあったダンボールと割り箸です。。。。

徹底した0円ぶり・・・。

ビンボーっちいって言わないで!!

エコです、エコ~!!!

Photo_8

魔女さん完成!

仮装パレードのチラシをよく読むと、
「子供と一緒に親もパレードに参列する場合、親も仮装してください」とある。

親もかあ・・・。

なんかあったかな・・・。

ごそごそ・・・。

出ました! 
昔のネグリジェ!
昭和なかんじ。こういうの、流行っていたんだね~。

もちろんこれもいただいたもの。
黒のネグリジェなんて絶対使わないと思ってたよ!

Photo_6

このネグリジェのハイウエスト位置でベルトを締めたら、あ~ら不思議!
魔女になっちゃった!

できた・・・。

0円で魔女&ドラキュラファミリー!完成ですっ!

ばっちり決めて、いざ会場に!

仮装してるひとおるかな~?


(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

環境にやさしい魔女 ☆リメイクでハロウィン大作戦☆その1

全国の魔女ママ仲間の皆様、お元気ですか?

私はよく友達から、「生き方が魔女っぽい」と言われますが・・・。
(外見的なことではなく、性質的に・・・)

最近、ちょっと自分でもそうかも・・と思えてきました。

ずっと雨だったのに、ここぞと言うときに晴れたり、
わりとなんでも思い描く通りになっていたり(思い通りになっていないことに気付いていない、もしくはイヤなことをきれいさっぱり忘れているという説もかなり有力)

失敗や挫折をしても、必ず何かをつかんで起き上がり、かえってよい結果が生まれることも多々あります。(転んでもただでは起きない、ではなく、ただでは転ばない女)

それとか、その日会いたいと思っていた人になぜか家の近所でばったり会えたり、嘘みたいに面白い人や出来事に遭遇したり、昔から試験の山かけはだいたい当たっていたし、会社の入社試験では最初だけちょろっとやった問題集の問題がそっくりそのまま出たし・・・。
他にも、まあちょっと笑っちゃうくらいのミラクルは数知れず・・・。



そんなアタシに、またまた面白い魔女的な出来事が起こってしまいましたよ!

2
ハロウィンの仮装パレードに関するお話です。(魔女の本領発揮?!)
そこでなんと、仮装コンテストに入賞してしまったのです!!!

でも、その入賞は「狙ったのではなく、数々の偶然がたまたま重なった結果」だったのです。

その入賞に至るまでの過程が、
またまた魔女っぽいといいますか・・・。


まず、物語は、10月初旬頃の「第二次新型インフルエンザ騒動」にまで遡ります・・・・。
(※第一次はみなさんご存知の通り、国内初の感染者が神戸で発症したときの一連の騒ぎ)

10月のハロウィンの少し前、「新型インフルエンザ騒動」が再燃!
学校が学級閉鎖になりました。

運動会はぎりぎり開催されたけど、この騒ぎで、秋の園のバザーや遠足など、こどもがらみのイベントものきなみ、「延期」や「中止」。

こどもは退屈するし、いろんな催しはなくなっちゃうし、こどもも私も、
「なんか面白いことないかな~」という気分でした。

そこへ飛び込んできた一枚のチラシ!

「ハロウィン仮装パレード」

そう、このチラシが全てのはじまりだったのでした!

(つづく)

| | コメント (0)

☆お知らせ☆ 一日フリマ&ワークショップをします

明日、11月14日土曜日、宝塚のフィールドさんにて、

一日フリマ&簡単なリメイクのワークショップをします。

10分程度でできる簡単な手作りやリメイクのプチ講座と、

リメイクで作った雑貨等の販売です。

今回は、

「一枚の使わなくなったスカーフで、どこまでリメイクできるか」

というテーマに(いつものように勝手に)挑んでいます!

場所は阪急宝塚駅すぐそば「花のみち2番館」です。

場所やイベントの詳細はコチラをご覧ください!

「花アトリエ フィールド」

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »