« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

いまさらですが、日食の画像

なんかいまさらなんですけど・・・。

デジカメの画像整理してたらでてきたのでアップしてみました。

日食の画像です。

Nissyoku

つめきりで切ったあとの爪みたいな太陽。

Nissyoku2

神戸でもみれましたよ!

あたりは暗くて、ちょっと涼しくなって、

太陽ってすごい!っておもっちゃいましたよね。

| | コメント (0)

サッカー少年、誕生!

さて、最近のサクちゃん(6・小1・男子)はどうかというと・・・。

サッカーをはじめて、日に焼けて、顔が少ししまりました。

すっかり、男の子ってかんじ。

っていうか、男子。

ほんとに男子って、時々がっかり。

ただいま~って来たはいいけど、体操服めっちゃ汚い!

「うわ、よらんといいて」って思ってしまう・・・。

背中まで汚れてるし、なんでこんなところまで汚れるかな?ってくらい。

Photo


傘をささずに雨粒を避けて走ろうとするし、

家に飛んできたカナブン飼育してるし、ほっとくと意味なく木や電柱に登ろうとするし、

かなりベタなかんじに体力の有り余った、小1男子になりました。


でも・・・すごく体が丈夫になったなあ。

そう・・・、あれは3歳直前の頃。
梅雨明けの長雨の続いた7月のこと。

夜中にいきなり苦しそうになったサクちゃん。
聞き覚えのある、ヒーヒーゼイゼイという音。

喘息だ!!!

父親と祖父が喘息だったので、私にはすぐにわかりました。

それに、アトピーで診察していた病院から、「3歳から喘息になるか、アトピーのままか、アトピーと喘息両方か、どちらかになるかもしれない」とも言われていたので、

正直、「ああ!来たか!」
という気持ち。

すぐに緊急病院に行って吸入をしてもらい、それが初めての喘息の発作。
いったん病院から帰ってきてからも、なかなか眠れない。

父親が発作を起こした時、寝ているよりも、体を起こしていたほうが呼吸が楽と言っていたことを思い出し、
私はその晩、一晩中サクちゃんの背中を起こして抱っこしてやっていました。

明け方、もう一度、サクちゃんは発作を起こしました。

でも、主人はグーグー寝ている。
それどころか、「なんでこんな目にあわなあかんねん」と言いながら別の部屋に行って寝てしまった!ヒドイ!

なんてヒドイ!と思ったものの、
喘息はどう考えても私のほうの遺伝だし、これはアタシが腹くくらなアカン!
と、タクシーを呼んで明け方ひとりまた緊急病院へ。

その朝、私は覚悟しました。
いざというときに子供を守れるのは私だけだから、私がサクちゃんを守ろう、と。

その時から、喘息との闘いが始まりました。

あの時はことの重大さがよくわかっておらず目先の眠さを優先してしまった夫も、
喘息のことがわかってからは、発作のたびに夜中に車を出してくれました。

そうやって今までに何回緊急病院にかけこんだことか・・・。

一度は、保育園に迎えにいくともうみるからにひどい発作で、そのまま家に帰らず保育園から直接病院・・・そのまま入院・・・ということもありました。

春先、梅雨、梅雨明け、大気の不安定な台風、寒くなる秋、冬・・・

季節の節目には、判を押したかのように決まって発作を起こし、
何度も病院へ・・・。

スポーツ万能なサクちゃんですが、
運動後に発作を起こすこともたびたびあったので、運動に関してもかなり慎重になりました。長い運動が特にダメなのです。長距離とか、サッカーとかでずっと走ってるとか。

だからサッカーなんて絶対無理だと思ってた。

でも、5歳になると嘘みたいに喘息の発作が激減しました。

あらら・・・?

そして6歳になるとほとんど喘息の発作を起こすことはなくなりました。

もちろん生活に注意し、予防できることはしていますが、明らかに少なくなったのです。

もうすぐ7歳!
ちょっとなら卵も食べられるようになり、うーんと体が丈夫になりました。

で、

サクちゃんは4月から念願のサッカー少年になることができたのです!!!

サッカーができるようになるなんてほんと、夢みたい!!

母、泣きそうです!


毎日、砂だらけの玄関や、汚れすぎのユニフォームや体操服を、

「なんでこんなに汚くなるかなあ~~!!!!」

と、ぶつぶついいながら洗濯しながらも、

「ああ、こんなに思いっきり汚せるくらいに体が丈夫になってよかったな~!」

と、しみじみ感謝しています。


でも・・・あまりの洗濯ものの多さと汚さに、

さあ、このしみじみもいつまで続くかな・・・。

と考えてしまうりんごなのでした。

そのうちファブリーズのCMみたいに男くさ~くなっちゃうのかなあ・・・

おお、こわい。

こわいけど、よかった。

| | コメント (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »