« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

お米の麺でそっくりパスタ

食物アレルギーの記事へ励ましのお言葉、ありがとうございます。

自分の感情の中でもやっぱり波があって、

全然大丈夫!気にしな~い!

って時と、

悲観的、どーん・・・・っ!

って時があるんですよね。

前日の記事は「悲観モード」だったようで、ご心配おかけしました。


普段はね、

ほんとそれなりに除去にも慣れてきて、

探せばいろいろ商品もあったりして、

頑張ってます!



広島の
「おこめん」は大活躍!

ほんと美味しくて便利だし、和洋中、オールマイティです。


例えば、このナスのトマトソースパスタ。

こちらがサクちゃん用に普通のパスタで作ったパスタ。

Photo


そしてこちらが、姫りんご用に「おこめん」で作ったパスタ。

Photo_2


ね、全然大丈夫でしょ?


そんなに悲観したものでもないのです。

そうそう、ポテコも食べられるしね。

(ポテコに含まれる「でん粉」
でん粉とはでんぷんの粉なのですが、でんぷんの原料が小麦粉でんぷんの場合があるので気になったので東ハトさんに電話で問い合わせて確認したら、馬鈴薯でんぷんだったので安心して指にはめてます)

確認、問い合わせ、持ち込み事前承認・・・。

準備は大変ですが、それもやってれば慣れるしね。



大丈夫です!

ご心配おかけしました~!!!

| | コメント (3)

食物アレルギー近況

姫りんご(卵・牛乳・小麦・大豆アレルギー)、サクちゃん(卵アレルギー)の近況です。

サクちゃんが小学校に入るにあたり、さしあたっては給食をどうするか。

という大問題がありました。

今まで卵は、全除去をしてきましたが、

実は、「手作りの無添加クッキーで卵黄のみ使用したもの」なら、症状が出なかった。

という実績があります。

(ま、そのときは、よそのうちにお邪魔した時のことで、私が目を離したすきに、サクちゃんが勝手にぱくっと食べちゃったんだけどね・・・。)

あとでめちゃめちゃ注意しましたが・・・・。

でも、いけたよね?

実は血液検査でも卵アレルギーの数値がすこし下がってきていることもあって、

もしかして食べられるようになってるんじゃない?

というかすかな期待で、

また、食物アレルギー専門の小児科の先生のすすめもあり、

「負苛実験」を行うことにしたのです。

「負苛実験」とは、病院に入院して、対象となる食物を少しずつ実際に食べて結果を見る、という実験。

姫りんごちゃんのほうは実は、その実験を2月に行い、なんと「豆腐なら食べられる」ということになっていたのです!!!!

ぱちぱちぱち!

しかし、「加熱した絹ごし豆腐で、一回につき四分の一丁、週に二回まで」という条件つき。お味噌や納豆などはまだ代替・除去中です。

Photo_2 

で、今回は、一日入院で、サクちゃんは卵、姫りんごちゃんはヨーグルトの負苛実験をおこなうことになりました。

(ヨーグルトは発酵しているので、乳製品の中でもアレルギー症状が出にくいとされている)

この実験、問題は、何かのときに備えて、「点滴」をすること。

点滴、めちゃめちゃ泣きました。(サクちゃんも姫も)

病棟に響き渡る泣き声。

この声を聞くたびに、実験に踏み切ったことを後悔します。

ごめんね、ごめんね、そんなに痛い思いして実験するなら、今までどおりあたしが除去食がんばったらよかったんだよね。でも食べられるようになったら、世界が広がるからね・・・。

という葛藤の繰り返し・・・。

なんとか点滴も終わり、実験開始。

サクちゃん、まずはゆで卵の白身から。

サクちゃん:「え~、これが卵~!はじめて食べる~」というわくわくしたかお。

ひとくち食べて・・・。

サクちゃん:「・・・・おいしくない。変な味。みんなホンマにこれ食べとん?」

まあ、、、ゆで卵の白身だけなら美味しくないよね。

姫りんごは、ものすご~くよろこんでヨーグルトを食べました。

美味しいよね~。よかったね~。

そうして15分ごとに、試して行って・・・・・。

30分くらい経過した時でしょうか。姫りんごの顔が見る見るうちにじんましんで腫れてきました。

アレルギー症状です。

あっというまのことで、すっかり顔が変わって・・・・。

Photo_3

可哀想に、この時点で実験は「打ち切り」

いっぽうサクちゃんには何の変化も見られません。

自分はもうあの美味しいのが食べられない。サクちゃんは食べてるということに、

姫、泣いて泣いて暴れました・・・。

そうして、貼れた顔のまま、病室のベッドで疲れて眠ってしまいました。

切ないよ・・・・姫りんごちゃん。

Photo_4

痛い思いして頑張ったのにね。

なんで姫りんごちゃんだけこんな思いしなあかんのかね・・。

お母さんがかわってあげたかったよ。

もうお母さん、一生卵も牛乳も大豆も小麦もいらないから、あなたが食べられるようになったらいいのにね・・・。

ごめんね・・・。

切なかったです・・・。

でも、ひとつだけ良かったことは、主人も立ち会ってくれて症状をその目で見てくれたこと。

今まで私が必死にやってた除去も、主人の心の中では、

「そんなに神経質にやらんでもいんちゃう?お母さんが気にしすぎなんちゃう?」

みたいな考え方でいたと思う。

けど今回の貼れた顔を見たから、

「ほんまにアカンねや」

ってことをわかってくれました。

目でみないとわからないよね。

そして、なんと言っても、一番良かったことは・・・。

サクちゃんがなんともなかったこと。(少なくとも即時性の反応はなかったということ)

そのあとで、皮膚のかゆみなどに繋がることはあっても、

ショック症状は出ないということがわかりました。

しかし、

アトピー性皮膚炎の症状が軽減されているわけではなく、

むしろ、悪化しています。

卵は下がっていてもダニやハウスダストなどの数値はあがっており、

実はこのところ、ずっとお肌の調子が悪いのです。

小学校入学などで環境が変化したこともあるのかもしれません。

なので、

小学校にはとりあえず卵除去は続けるという申請をしておいて、

卵が含まれている食品を家庭の中で少しづつ試しながら様子をみる、ということに落ち着いています。

姫りんごは、

相変わらず卵・牛乳・小麦・豆腐以外の大豆製品、ピーナッツの除去を続けています。

(あ、血液検査でピーナッツアレルギーが追加になってしまいました・涙)

あの実験のあと、

「自分でも食べられる」ポテトチップスを持ち歩く姫ちゃん・・・・。うう・・・切ない。

Photo_5

こなごなになっちゃったね・・・。

Poteto

Poteto2

Poteto3 こなごな・・・。

いろいろこの先のことを考えると、

暗い気持ちにもなるけど、

一番つらいのはこどもだから、頑張ろうと思います。

あんまりこれといっていい進展はないのですが、我が家の食物アレルギーの近況でした。

※カタログ通販のフェリシモで、食物アレルギーのQ&Aレシピサイト「ハピレピ」ができていたので、

さっそく会員登録してみました☆

ときどき、「りんご」の名前で、お悩みの投稿などしています。

アレルギーじゃなくても、お料理上手な方などはぜひレシピなど応募されてみてはいかがでしょうか?

私のお悩みにもレシピで答えてくださるとうれしいです。

(なにしろアレルゲンが多いものでなかなか答えてくれる人が少ない)

ハピレピのサイト

https://hapirepi.jp/

| | コメント (5)

ほったらかしガーデンギャラリー

ほったらかし、植えっぱなしの我が庭も春満開。

Photo_3

植えっぱなしの植物たち、そろって花を咲かせている。

Photo

Photo_2

すごいな~・・・。

いそがしさにかまけてほんっとになにもしていなかったのに、

春が来るとちゃんと花が咲いてる。

Photo_4

小さいながらも自然ってすごい。

それだけで元気もらえる。

Photo_6 今年の薔薇の一番のり、「ファビュラス!」

でも・・・。

こどもはそうはいかない。

ご飯を作って(アレルギー除去をして)

薬を飲ませて、

熱も出せば、わがままも言う。

兄妹けんかもするし、逐一しょうもないおもちゃもほしがる。

おまけに小学生ときたら・・・・。

これがまた毎日必死。

持ち物とか名前書きとか、親も子も慣れなくて、

けっこう必死。

Photo_7

でも・・・、

庭の花にみずやりをする娘が、

花とおしゃべりをしていた。

飛んでいたカラスと「あ~、あ~」と会話していた。

小さい子の耳はすごくいいっていうけど、

聞いたまま発音するので、

鳥の声とかすごいリアル。

そっか。まねした声がそっくりだから、カラスが返事をしているんだ!!

こどもも自然だ~。

すごい。

Photo_8ファビュラス!

こどもは手のかかる大自然。

だとすると大自然を飼いならそうとするのがそもそもの間違い?

でも、

庭の成長も

こどもの成長も

それだけで元気がもらえる。

Photo_5←ピエールドロンサールの蕾

Photo_9

小さな大自然をアトリエに飾って。

さあ、今日もがんばろう。

| | コメント (5)

キラキラタイム

みなさん、ご無沙汰しておりました。

そろそろ知人・友人から、

「更新ないけど、病気してんの~?」

なんて問い合わせが・・・。

実は・・・水嶋ヒロ様の結婚がショックであれ以来ずっと寝込んでおりまして・・・というのは冗談ですが、かなりびっくりしました。

でもね~・・・やっぱりヒロ様は、ヒーローなんですね。

決断がヒーロー的です。

こどもたちの永遠のヒーローです。

さて・・・。

またゆっくりご説明をしたかったのですが、

おうちでお仕事をはじめたり、小学校関連でとっても忙しい日々でした。

え~?

卒園、入学ってこんなに忙しいの?ってかんじ・・・。

ふうっ。

そんな忙しいなかでも、

こどもたちからもらういっぱいの「キラキラ」で

ゲンキをもらっています。

Photo

姫:「これは~、おみみ。これは~、おあな(お鼻)、これは~・・・」

と、私の目を指差して、

姫:「これは、キラキラshine!!!!」

目をキラキラ!!!

きゅ~~~ん・・・。

いつも、目を「キラキラshine」って言ってもらえるような、お母さんでいたいな~と思ったのでした☆

キラキラshine

| | コメント (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »