« 父・シカクと母・織江の野望(前編) | トップページ | 塩万歳!! »

父・シカクと母・織江の野望(後編)

今日は、夫が目標とする父・シカク的野望をご説明しましょう。

シカクとは、夫とサクちゃん(時々わたしも)がはまっている「NARUTO」の登場人物で、奈良シカマルの父、奈良シカク のことです。

NARUTOと同じ忍者のシカマルは、
面倒くさがりだけど、頭脳派で、めちゃめちゃ頭が切れるというキャラクター。

Photo_4 ←りんご画

時々、父のシカクと縁側で将棋を打ちながら、敵を攻撃する作戦を練ったりする渋くカッコイイキャラクターなのであります。



敵との戦いで破れた、将棋のことを教えてくれた師、アスマとの思い出に浸るシカマル。(自分教えたわりには、アスマはいつも弟子であるシカマルに将棋で負けていた)

Photo_6 


そのアスマの仇をうつために、ひとり縁側で将棋をさしながら戦略を練るシカマル。

Photo_7

そんなシカマルの背中をそっと見つめる、父シカク。

Photo_10 


アスマの仇を討ち、全ての闘いが終わったあと、父と将棋をさすシカマル。
そしてポツリとシカマルはこうつぶやく。

Photo_9

「さすがオヤジ アスマと違って 強えーな・・・」




くく~~~~~~~~~~っ!たまらん!(夫の心の叫び)





夫は、そんな頭脳派なシカマルが、NARUTOのキャラの中で一番好きなんだそうです。

そして、どうもサクちゃんを「頭の切れるシカマルタイプ」に育ってほしいと考えている様子。

さらに夫が、シカクの渋さに理想の父親像を描いているであろうことは明白。

そんな夫の、シカク的ヤボウとしては、

「息子と縁側で将棋をさしたいっ!!!!」

っていうのがぜ~ったいにっ! あるはずなんだよね~・・・。



で、そのヤボウを達成させるべく、シカク(夫)のほうもいろいろと策略を練っていた様子。
折に触れ、サクちゃんに、

シカク(夫):「シカマルええなあ。将棋で作戦練るってとこがまたええわ~」

なんて、サクちゃんを誘導。

そして、色々と調べて、
ちゃんとしたとこの将棋を注文。



サクちゃんも、いつのまにか、

サクちゃん:「サンタさんにショウギもらいたい~」
なんて言うように。

ところでサンタさん、フィンランドに将棋売ってますかね?



保育園で、「サンタさんに何が欲しい?」って聞かれて、
みんなが「ポケモンのチップ」とか「星のカービィ」なんていってるなか1人、
サクちゃんは「将棋」と答えたらしく、

先生にも
「渋いな~」
と言われたみたい・・・。
そら、いうよな。私も思ったもん。

でもね~、シカクさんの野望だからね、そこは。

ラッピングもシカクさん、しぶ~くまとめた。
和紙風のグリーンのラッピングに銀色のリボン。

Photo_11

私:「ちょっと・・・クリスマスにしては渋すぎない?」

すると、シカクさん、イキナリ怒りはじめた!!!!
シカク:「オレだってちゃんと考えて選んでんねん!!!ちゃんとした将棋こうてんから、中途はんぱなチャラチャラしたクリスマスのラッピングやったら違うんや!」

ごっ・・・ごめん・・・・シカクさんの野望に口出ししたりして、
私が悪かったわ・・・。

すごすごと引き下がる女子班、織江。





シカクの努力のかいあって、
サクちゃんの恒例サンタさんへのリクエストコールでは、(中庭から空に向かって欲しい物をお願いするサクちゃんの恒例行事)


サクちゃん:「ちっちゃいほう(姫りんごのこと)には、リカちゃんハウスをお願いします。僕は・・・ギショウをください」

しばらくして・・・、

サクちゃん:「あっ!間違えた!僕、ショウギをギショウって言ったから言いなおす!」

おいおい~。ギショウって言ってる子に将棋なんてまだ早いんじゃないの~?
(な~んてことはぜ~ったいシカクさんには口が裂けても言えないけどっ・・・)


サクちゃん:「えっと、ショウギ? と~、・・・・・・・ダークライと、ドダイドスと、○○と、△△のチップと・・・・・・・」

おいおい~、本当はやっぱりポケモンのチップが欲しいんちゃうの~?
(な~んてことは・・・・以下同文)




で、迎えたクリスマスの日。

枕元にあった、ラッピングを嬉しそうにあけるサクちゃん。

Photo_17

サクちゃん:「やった~!ショウギだ!」

駒の箱を開けてみて、

サクちゃん:「わ~、キレイやな」

そう、シカクさんがこだわりぬいただけあって、キレイな木のキレイな駒でした。

Photo_12

ピカピカ。

Photo_13

字もカッコイイ。

Photo_14

そんなシカクのこだわりをちゃんと理解してくれた息子のひとことに満足げな夫。




でも・・・・夫は仕事が忙しくて、子ども達が寝てから帰宅するから、
結局はさみ将棋の相手をするのは、そうワタクシ、母織江。

姫との念願のドールハウス遊びはそこそこに、
適当に負けてやりながらのはさみ将棋の日々。

あれ?
なんか、こんなはずでは?
結局、女子部じゃなくて男子部やん!私!



でもまあ、将棋でかなり漢字を覚えるかもしれないよね。

サクちゃん、
ひらがなは、ヒーローもの雑誌の「てれびくん」で覚えたし、
カタカナは、ポケモンキャラクターで覚えた。

そして、
サクちゃんはなんだかんだNARUTOで漢数字を覚えてしまった。
(マンガにはふりがながついているが、漢数字にはふりがながふってないから覚えるしかなかった)

Photo_15

さらに、巻数が漢数字で書いてあるコミックスを順番に正しく並べたいという欲求が、
サクちゃんに漢数字を覚えさせたのだから。

Photo_16  ←サクちゃん画。(山、火、水、人、雷)


NARUTOによく出てくる「火」や「水」や「雷」も覚えてるし。

「王」と「玉」も将棋で覚えたし・・・・。


シカマル目指して、頑張れサクちゃん!

|

« 父・シカクと母・織江の野望(前編) | トップページ | 塩万歳!! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

父・母の野望、楽しく読ませていただきました。
それにしても、将棋ってほんと渋いですネ!
クリスマスプレゼントってキャラクターものへと走りがちですが、お二人の子どもが本当にほしいものを見抜く力に恐れ入りました(^^)

将棋は長く楽しめるものだし、いいものを選ばれましたね!
父の野望に拍手です。

けどつい目がいっちゃうのはお人形遊び!あ~・・・私にとってもそれは夢です♪
ウチは坊一人っ子なので、ひらひらドレスもなければ着せ替え人形はもちろんぬいぐるみさえありません( ̄ ̄;)
りんごさんのページをみては、癒されていますよ♪
りかちゃんで遊んでいた頃の、遠い昔に思いを馳せています。

投稿: みー | 2008年12月29日 (月) 09時29分

いつも楽しく読ませていただいています。
読み逃げがほとんどですが・・・。

お人形さん遊び、懐かしいです。
ドールハウスもお人形も暖かみのある、かわいい
ものですね。

そして、シカクさんの野望。
シカクさん、渋いですよね。わたしも好きなキャラです。
わたしもあんなお父さんがほしかった、って
なんかズレてますが、お許しください。
シカク親子のように、近い将来の父子で将棋がさせる
日が楽しみですね。
サクちゃん、漢字はもちろんトビも上手です!!

それから食物アレルギーのお話。
実は幼稚園で養護教諭(保健室の先生)をしております。
昼食はお弁当なのですが、調理体験やおやつの時には
事前に保護者に確認したり、除去したものを別に作ってもらっています。
わたしはその時だけでよいのですが、毎日のこととなると
・・・言葉が見つかりませんが、陰ながら応援しております。
台所に飾られた姫りんごちゃんのお写真。
何よりも支えになると思います。わたしも子どもたちの喜ぶ顔が見られると嬉しいです。

長くなってしまいましたが、ご家族皆様でよいお年をお過ごしください。

投稿: すばる | 2008年12月29日 (月) 13時43分

みーさま、
渋いですよね。
たしかに、テレビやゲームなんかと違って、将棋は相手がいないとできないことなので、ひとりぼっちで遊ばせるよりはいいことなのかもしれないですよね。相手が大変ですがcoldsweats01
わたしも、サクちゃんに4歳で妹が生まれるまでは、乙女世界とは無縁の、仮面ライダーな世界に生きていました。
俳優heart02に私までハマったりして、楽しんでいましたがlovely


すばるさま、
おおっ!トビをご存知とは、すばるさまも「ナル友」ですねっ!smile
幼稚園教諭なのですか。
たくさんの子どもがいるなかでのアレルギーへの配慮は、きっと家庭とは違う大変さがあるでしょうね・・・。
また、機会があれば、すばるさまの園の取り組みなども教えていただけると嬉しいです!

みなさま、よいお年を~。

投稿: りんご | 2008年12月30日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父・シカクと母・織江の野望(前編) | トップページ | 塩万歳!! »