« クリスマスじたく | トップページ | ちっちゃなクリスマスディナー »

愛と笑いの病院日誌 リターンズ

本当はリターンズして欲しくなかったできごとが起こってしまいました・・・。

「愛と笑いの病院日誌」それは入院生活の日誌。

そう、またしても姫りんごちゃん入院!!!

ああ!!

ある朝、目覚めていきなり嘔吐した姫りんご。
それから20分おきに何度も何度も嘔吐。
原因は分からず、熱もない。

すぐに病院へ。

嘔吐があまりにも続いており、

血液検査の結果、脱水症状を起こしていることがわかって、即点滴。

そのまま、
検査のための尿が出るのをまちますが・・・・。

一本、二本、三本と点滴を打っても尿が出ない・・・。

このパターンは・・・・以前体験したなあ。
なんかイヤな予感・・・。


たぶん、この流れで行くと入院だろうな・・・。
ああ・・・。

そしてやはり、入院。
姫りんご、二歳にして三度目の入院決定!

でも何が心配って・・・ぐったりして反応がなかったこと。

さすがに点滴のときは泣いていたけど、おなかを触られようがエコーで検診されようが、
何をされてもぐったりと抵抗しない姫りんご。

うう・・・。

入院二日後にやっとおいしそうにりんごジュースを飲めるようになり、
入院三日後に久々の「イヤっ!」が出たとき、

ああ、イヤっと抵抗できるほど元気になってよかったあ~~~~!!!
と思いました。

「イヤ」があんなに嬉しかったことは、あとにもさきにもこの時くらいじゃないかな。

Photo

結局、ノロウィルスもロタウィルスも検出されず、急性腸炎と診断されたのですが、
それは入院三日後の夜のことでした。

まさかの激しい吐き気に見舞われる私。

病室のトイレでひとり嘔吐。そして、なんの痛みもなく突然の下痢。
「愛の病院日誌」、まさにリターンズ!

全く同じ症状に私がかかるところまで何もリターンズせんでも!!!

いや~、苦しかった。

幸い、症状は2日ほどでよくなりました。

姫りんごも5日後には退院できました。(その日、全くおなじ症状の子どもたちがぞくぞくと入院していた。)

年長さんのサクちゃんの最後のクリスマス発表会と、M-1グランプリと、クリスマスに間に合って本当に良かったなあ。

後でわかったのですが、
下痢と嘔吐、流行っているみたいです。

皆さんもお気をつけくださいね~。

もう二度とリターンズしませんように・・・・。
ほんっと、おねがいしますよう。






人気ブログランキングに参加しています・・・。



|

« クリスマスじたく | トップページ | ちっちゃなクリスマスディナー »

「ひよひよ姫りんご」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。大変でしたねぇwobblysweat02小さい子の入院いろいろな意味で本当に大変ですcrying家も下の子が生まれて3週間でミルクが鼻から出るくらい咳きこむようになり入院。二か月には腎盂炎…5月に生まれてクリスマスまでに4回入院しました。一番悲惨だったのは最後の入院。下の子が熱で入院し、3歳だった上の子を実家に預けたら…翌朝実家で嘔吐weepどうせだからと入院crying発熱7か月と嘔吐の3歳を一人では無理と旦那さんも休み…二人部屋にベッドをくっつけて家族4人でクリスマス。翌日には旦那さんも嘔吐で点滴。復活してきた頃に看護婦さんから「お母さんが内科に入院したみたいよ」てsweat02実家で嘔吐したので、私の母も嘔吐下痢sad結局全員で退院したのは12月30日sweat01クリスマスケーキは病院で、年越し蕎麦はギリギリ自宅でできました。
くったりthinkしてると心配でしかたないのですが、復活してくると「元気が一番lovely」て思うのも束の間…病室で元気復活気味で体力もてあまし気味になり、これもまた大変gawkでもやっぱり兄弟げんかばかりでも元気が一番だなconfidentと毎日心に言い聞かせてます。

インフルエンザも流行ってきてますね。がんばって乗り切りましょうgood

長々と失礼しました

投稿: ゆうたい | 2008年12月23日 (火) 03時47分

こんばんは。
うちも娘がへそヘルニアで入院・手術したときは、病院でとても不安な思いをしたことを思い出します。
点滴の針がなかなか入らなくて娘も最後はなきつかれてぐったりしていました。涙。

でも。つらい時でもいろいろ笑わせてくれるのが子供であり、それを笑っていられる私、やはり母は強いのだな、とも思いました。

これからもいろいろあるでしょうが、明るく強く乗り切っていきましょうね。

投稿: けいな | 2008年12月23日 (火) 20時33分

こんばんは!ちょこっと子育てのみーと申します。
早速寄らせていただきました。

子どもの入院って本当に大変ですよね。りんごさんの奮闘には頭がさがります。

ウチは、坊が食物アレルギー反応を起こしひどいショック状態になった時に、点滴で日帰り入院を数回経験したことがあります。やはり無反応が一番不安で、子どもが声を出して私を呼んだときは胸がいっぱいになりました。
とにかく元気でいてくれたら、それだけでいい!!って気持ち、それまでの子育ての反省、子どもの笑顔なんかがグルグル駆け巡って自分を抑えるのが大変でした。

りんごさんのイラストを見ると「そうそう!そうだよね」と共感することばかり!改めて親は子どもの笑顔に支えられてるんだなってことを痛感しますね。

今年もあと少し。ママ業って大変だけど、愛をもって1日1日を過ごしていきましょうネ!
では、また遊びにきます。

投稿: みー | 2008年12月25日 (木) 01時55分

ゆうたいさま、

そっ・・・その体験はなかなか過酷でしたね。
家族4人でベッドをくっつけてメリークリスマス・・・
過酷なんだけど、なんとなくほのぼのした空気を
かんじてしまうのは、ゆうたいさんが明るく語ってるから
なのかしら・・・。
母は強くなりますね~。
すぎさったら笑い話にしてしまえるんだもん。
笑ってがんばりましょう!


けいなさま、

ほんとほんと、笑えるって大事。
母は強いよね~。
小さい子の点滴って・・・親がつらいよね・・・。
笑ってのりきましょう!このシーズン!


みーさま、

わ~!!!コメントありがとうございます!!!
みーさんの、アレルギーの除去食レシピ、
すごく愛情たっぷりでいつも感心してます。
愛をもって!
ほんとそうですよね~。
またきてくださいね~wink

投稿: りんご | 2008年12月26日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスマスじたく | トップページ | ちっちゃなクリスマスディナー »