« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

雨の庭(中庭充実計画)

わが家に遊びに来ていた母、サヨコ。冷蔵庫に残っていた里芋を見ていいました。

サヨコ:「この里芋、食べないんだったら植えといたら~?」

私:「ええ??????」

サヨコ:「里芋植えといたら観葉植物になるんよ」

ほんまかいな。


そして・・・“植えてもいい”も、“植えたらだめ”などの意思決定を私がする前に、すでにサヨコの手によって里芋は地中に植えられていたのでした・・・。

しばらくなんの変化もなかった里芋も、

Photo

ある日にょきにょきと葉っぱが出始め、

Photo_2

みるみるうちに大きくなり、

Photo_3

ぐんぐんのびて、

観葉植物になっちゃいました!

Photo_4


里芋とサヨコ、恐るべし。


里芋とは思えない・・・・。なかなか雨に似合う。
雨に似合う植物、いいなあ。
そういう雨に似合う植物を集めたコーナーを作ってみたい。

でもうちにはもう植物を植える場所がない・・・。

あっ!ひとつありました!

中庭!

我が家には本当に小さな中庭があるのですが、今まであまり活用していませんでした。
(知ってました? 中庭を作ったほうが建築コストが安くなるってこと!建築コストや固定資産税などは、床面積で計算されるので、同じ敷地面積なら中庭を作ったほうが安くなるのです!!)


なんとなくいいかな~と思って作ってみた中庭ですが、意外とお隣の住人がうちの中庭に面した勝手口から出入りされていることや、蚊が多いことなどの理由で活用されていませんでした。

小さい中庭なので雨が降ったらなかなか乾かないし・・・。

でも「雨の庭」ならそれが好都合!
日陰やじめじめしたところが好きな植物たちを集めておいてみました。

Photo_5

気分はオリエンタルな「雨の庭」

Photo_6

Photo_8 

しっとりした雨に、いきいきしたグリーンが映えてなかなかいい感じです!


それにしても里芋・・・。

すごいわ~。

そしてそれを家主の許可なく勝手に植えて去っていったサヨコもね・・・。



Photo_9 今日もしとしと・・・雨の庭。



人気ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ。

| | コメント (4)

薔薇の新入りちゃん

新入りちゃんを紹介します。

2008_06110141

↑桜霞ちゃんと、

2008_06110143

カクテルちゃん。

2008_06110142

↑桜霞ちゃんはユーカリの木陰。

カクテルちゃんなんて植えるところがないので、一日わずか3時間しか直射日光(しかも西日!)があたらない場所に植えています。

こんな悪環境でも頑張ってくれ!

新入りちゃんたち!

来年を楽しみにしてるからねっ!

2008_06110153

2008_06110155

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

| | コメント (0)

ビワ祭り

近所の空き地に、大きな大きな枇杷(ビワ)の木があります。

ここ神戸には、十数年前の震災で建物が倒壊し、なんらかの事情によって建て替えられずに空き地(更地)のまま、もしくは駐車場になっている土地がまだあります。

その大きな枇杷の木があるのも、そんな空き地です。

住宅が建っていたときは北側にあったであろう枇杷の木も、建物がなくなったいまでは日光をさえぎるものもなく、みるみるうちに大木になってきました。

毎年毎年、陽をたっぷりと浴びたオレンジ色のビワの実が、たわわに実ります。

どうやら、土地の持ち主は近所に住んでいるらしく、ビワシーズンになると、おばちゃんがひとりで高枝切りバサミを使って大量のビワを収穫されています。

毎日、「ビワ、いいなあ~」「ビワ、いいよね~」とサクちゃんといいながら見ていたのですが・・・。

ちょうど、サクちゃんを迎えにいく途中でおばちゃんがビワの実をとっているところに遭遇!

こっ、これは、 「こどもをだしにしてビワをもらっちゃおう作戦」を決行するチャンス!

案の定、ビワの収穫現場に気付いたサクちゃん。

私:「ホラ、いつもビワ欲しいって言ってたやん。ひとつくださいって言ってごらん。」

サクちゃん:「ええ~・・・お母さん言ってよぉ~」
もじもじ。

私:「サクちゃん、欲しいって言ってたんだから、サクちゃんが言わないと!」
って、言わしてるんだけどね!


サクちゃん: 「ビワ、ひとつください!」

大きな声で言えました!

まさかこどもにそんなにストレートにくださいと言われるとは思っていなかっただろうおばさんは、ちょっとびっくりしたあと、

それでもた~くさんのビワの実をくれました。
(かなり無理やりな感もいなめませんが・・・)


たくさんお礼を言って、ほくほくしながらビワを持ち帰り、みんなで縁側でぺろりと食べました。

姫りんごも皮をむくのが待ちきれないほど、がつがつといっぱい食べました。

2008_06110163

サクちゃん: 「わ~い、ビワ祭りだ~♪」

私:「勇気を出して言ってよかったね。サクちゃんのおかげやわ~」

サクちゃん:「うん!」



さてさてその後日。

またもや収穫中のおばさんに遭遇(なにしろ一回では収穫しきれないほどの大木なのです)

サクちゃん:「美味しかったです!ありがとうございました!」

と言わせたら、前よりもっといっぱいのビワを頂いちゃいました!
図々しくてスミマセン!

でも本当に美味しかった。
来年も楽しみです!(←オイオイ!来年ももらうつもり?!)

さ~、サクちゃんはいつまで恥ずかしがらずに私のかわりに「ビワください」って言ってくれるかしらね・・・ふふふ。







人気ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ。

| | コメント (4)

小麦粉以外の粉料理研究家

姫りんごちゃんが小麦アレルギーなので、ありとあらゆる小麦粉以外の粉に詳しくなりました。

米粉、上新粉、タピオカ粉、コーンスターチ・・・。

なかでも大活躍なのが「片栗粉」!

今、我が家では用途によって3種類の片栗粉を使い分けています。

ハンバーグなどのつなぎ→普通の片栗粉

炒め物、煮物などのとろみづけ→ 「とろみちゃん」顆粒なので水に溶かさなくてもよく、さっとふるだけでとろみが。超便利!

からあげ→「感動の片栗粉」

そう、この「感動の片栗粉」がすごいの!

Photo

ブログを読んでくれているママ友が教えてくれました。

袋ごと手に取るだけでそれとわかる、新雪のような「キシキシ」感!

その粉のきらめき。

そう、どこをとってもスペシャルな感動的な片栗粉。

値段は少々お高いですが、これでからあげをつくったらもう!
カリッとあがっているのに硬くならず、鶏肉もとってもジューシイ!

我が家のから揚げはにんにく、しょうが、米しょうゆ、はちみつで下味をつけます。
(みなさんのおうちのから揚げは、どんな味付けですか?教えてください!)

(はちみつも、お菓子作りの得意な友人の愛子ちゃんが、捜し求めてやっと出会ったという、
運命のはちみつを時々共同購入させてもらっています)

素材と調味料の配分はシンプル。でも調味料にこだわるとすっごく美味しくなりますよね!

写真を掲載したかったのですが・・・。

揚げたとたんにあっといまに売り切れて、画像をおさえられず!

それくらい美味しい、
「感動の片栗粉」なのでした!



片栗粉レシピ、募集中です!







最後に・・・。
東北の地震の被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。

(実はわが母、サヨコもその時、旅行で宮城県にいたのです!!!)


「りんご」という名前のせいなのか、私のブログには東北の読者の方も多く、
心配しております。
みなさん、大丈夫でしょうか。





人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。


| | コメント (11)

ありがとうありがとう、そしてさようなら。

またもや家族で病気リレーをしてしまい、ヨレヨレのりんごです。

今回は、「化膿性扁桃腺炎」ってことで、抗生物質と解熱剤などの薬を飲まないと治らないと言われ、(何度目かの)姫りんご断乳へと踏み切りました。

友人が、
「何日からオッパイを飲めないことになりました」
と発表したら、こどもが納得したという話しを聞いて私もまねっこしてみました。

私: 「え~、本日のお昼をもちまして、オッパイがアンパンマンになりますので、飲めなくなります」

姫りんご:「・・・・・・?」

私:「わかった?いいよね?」

姫りんご:「うん」


そして早速トライ。

アンパンマンには喜んで反応していたが、飲めないとわかったとたん、暴れまくって号泣!

ぜえんぜえんダメぢゃん!!!!

Photo


そこから、いや~~~~苦戦いたしましたよ!

三日三晩、泣き叫びました。

そして、四日目の本日の夜!
その攻防戦に終止符がつきました。

姫りんご、すんなり寝れました。

は~~~~~、長かった。


三日間の攻防戦が激しすぎて、感傷にひたっている余韻はありませんでした!

それはそれで・・・よかったのかも。


ありがとう。そして、さようなら、オッパイ生活。



姫りんごちゃん、
いっぱい飲んでくれてありがとうね!







人気ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング

| | コメント (9)

アルヒノソラ

ただ今断乳中!

なんと3日目。

その激しい攻防戦は近日公開します!

しばしお待ちを!

2008_05140086

ある日の空。

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »