« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

関西兄妹

関西人のサクちゃん(5歳)は、食事時も手を抜かない。

おみそ汁を食べていて、たまたまなが~いワカメがあったら・・・

サクちゃん:「おかあさん、みて~。みどりの一反もめん!」
と、きちんと物ボケをかます。

Photo


他にも例えば、こんなことも・・・。

姫りんごちゃんはまだまだ私にべったりで、私がトイレに行くときも追いかけてくるのだが、私はトイレには一人で入りたい主義なので(みんなそうか)
扉を閉めてトイレに入っていると・・・・。

姫りんごちゃん: 「うわ~~~~~ん」

トイレの外で号泣する気配。
泣き声が至近距離で聞こえてくることから察すると、トイレのドアに泣きすがっているもよう。

するとサクちゃんが寄ってきて、

サクちゃん:「お~、よしよし」

と、姫をあやしている。

サクちゃん: 「も~、早く出たり~や!
20秒ででてきてや!かぞえるで!」


えっ、ちょ、ちょっとまってよ・・・!

サクちゃん:「いくで! 1、2、てゅあ~ん(3)、 ・・・4、5、ろくううう!(6)  ・・・
7、8、きゅうううう!(9)・・・・」

さ・・・3の倍数でアホになってる!
それってもしや・・・最近こども人気ナンバー1芸人とも言われる「世界のナベアツ」?

すごいな~、妹をあやしながら必死で数を数えるときも、ちゃんと笑いを忘れないとは。
抜かりないわあ、関西人。

思わずトイレの中で笑ってしまった。

扉を開けると・・・震えながら抱き合う兄妹・・・トイレごときでおおげさな。



ところが・・・・。
関西人はサクちゃんだけではなかった。
そう、生粋のこべっこ(注:神戸っ子のこと)姫りんごちゃん。

彼女に芽生える関西人気質をまざまざと見せつけられる出来事が!

それはお風呂に入っていたときのこと。

お風呂でオッパイを飲もうとする姫りんごちゃんを、わざと「だめでしょ!」と叱ったら、ものすご~く、「バツの悪そうな顔」をしたのだ!

その顔がおかしくて、サクちゃんと一緒に大笑い。

するとそのことに姫りんご、大喜び。

「もう一回やって」とせがむと、
その顔を何回も何回も何回もやってみせた。

最後のほうは自分から、

「もっかい!」「もっかい!」と言いながらなんどもなんども・・・。

サクちゃんと私が受けると、飛び上がって大喜び。
う~ん、サービス精神旺盛。

Photo_2


そっかあ~・・・、
こうして「道端でいきなりてっぽうで撃つマネをされても、きちんとやられるフリをする」関西人ができあがっていくのね~。








人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (8)

あおむし・くるちゃんの旅立ち

大雨の羽化の翌日。

雨は止み、空はまだ厚い雲に覆われてはいるものの、時々晴れ間もあります。
絶好の「旅立ち日和」とはいえないけれど、今日のこの休日を逃すわけにはいきません。




なぜなら、モンシロチョウはなんと羽化して1週間ほどで、命の役割を終えるそうなのです。
その1週間の間に、パートナーを見つけ、子孫を残さなくてはいけません。

くるちゃんも、急いでお嫁さんを見つけないと!
(ちなみにくるちゃんは図鑑によるとオスであることが判明)

まださみしがっているサクちゃんを(何万回も)言い聞かせ、

途中、くるちゃんの羽にマジックで「くるちゃん」って名前を書く!というサクちゃんを必死で止め、(←それって、お札に名前書くみたいな発想でちょっと笑ってしまいましたが)

くるちゃんを放してやることにしました。



家の中ではじっと止まっていたくるちゃんですが、外に出すと、明るさに目を覚ましたかのように、はたはたはたっと飛び出しました。

サクちゃん:「ああっ!」

というサクちゃんと私たちの上を、ぱたぱたぱたっと旋回し、高く高く空へ。

おうちの二階くらいの高さで、まるでくるちゃんが、「こんなに飛べるようになったよ」と私たちに見せてくれたような飛び方でした。

よかった~、くるちゃん。ちゃんと飛べたね。

そのまま飛び立つかと思いきや、庭のトネリコの葉にとまってしばらくじっとしていたくるちゃん。

サクちゃんがお庭で遊んでいる間中、そのトネリコの木にとまっていたくるちゃんですが、サクちゃんがお父さんと出かけていったその間に、くるちゃんは仲間のもとに旅立っていったようでした。

きっと、くるちゃんもお別れが名残惜しかったんだね。

でも・・・
くるちゃんがいないことに気づいたサクちゃん。わかっているけどショックだったようです。



みんながお昼寝をしている間、えんえんと泣き続けました。

サクちゃん:「くるちゃん・・・・シクシク・・・・くるちゃん・・・・シクシク・・・うう・・・ひっ・・・ふえ~ん・・・」

う~ん、困ったもんだ・・・・。

仕方ないので、サクちゃんと二人で一緒におやつを食べ、夕食のカレーのお手伝いをさせ(仕事が与えられると張り切るタイプなんです)、一緒に庭にバラを植え、(そうそう、私ったら新しいバラをまた買っちゃったのです)洗濯物をたたんでまたおやつを食べていたら、ちょっと気を取り直したようでした。

ふ~っ、やれやれ。

感受性豊かな子供を持つのもなかなか苦労するのです。

しばらくゆったりと過ごしていると、サクちゃんがこう言い出しました。

サクちゃん:「さっき、お母さんのお手伝いで、お庭にカレーに入れる葉っぱ(注:月桂樹)取りに行ったときにな、モンシロチョウが二匹一緒に飛んでた」

私:「え?そうなん?」

サクちゃん:「うん、白くて、黒い点がついてたからあれはぜったいくるちゃんだった」


私:「そっか。じゃあ、もう仲間にあえて仲良くなって二匹でとんでいたんだね」

サクちゃん:「うん。僕さっき見たもん」


本当言うと・・・・サクちゃんが本当にその2匹のモンシロチョウを見たのかどうか、それはさだかではありません。

でも、もしそれが、くるちゃんとの別れを納得するためにサクちゃんが作った作り話だったとしても、それでサクちゃんが納得できていたら、それはそれでいいんだと私は思ったのです。

サクちゃんの目には見えていたんだと思います。
大空を、くるちゃんがつがいで飛ぶ姿がはっきりと。

それからのサクちゃんは、めそめそ泣かなくなりました。


スーパーの新キャベツから始まったくるちゃんとの日々。
サクちゃんの心にどんな影響をもたらしたのかしら。

これからいっぱい、出会いと別れ、繰り返していかなきゃならないんだよね。
サクちゃん。

繊細で優しすぎるサクちゃんが、母は時々心配なのです。


こころ、強くなれ。サクちゃん。








そういえば・・・・泣くサクちゃんを、よしよしとなだめ、「ぐ」と抱きしめる姫りんごちゃんの姿をこの「くるちゃん騒動」の日々で何回か見ることがありました。

泣き虫おにいちゃんに、しっかりものの妹。
よくできた図式です。


サクちゃん:「今日から、姫りんごちゃんのことをくるちゃんだと思うことにするわ。
お~、よしよし、くるちゃん。あら?ずいぶん太くなったねえ、くるちゃん!」
勝手におし。
もう~、心配して損した!






人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

| | コメント (6)

あおむし・くるちゃんが、ちょうちょになった!

さなぎになってしまったくるちゃん。
サクちゃんはやっぱりちょっとさみしそう。

毎日、保育園から帰っては、玄関のくるちゃんをチェックするサクちゃん。
そんな日が数日たって・・・。

サクちゃん:「お母さん、ぼく、くるちゃんの気持ちがわかった。空をとびたいんだね。ぼく、ガマンする」

・・・・ってことは・・・、あなたまだあきらめてなかったの?!

サクちゃん:「そのかわりまたキャベツ買って、こんどは卵から飼ってもいい?
蛾になるやつは飼わないから」

そのかわりって・・・。

サクちゃん:「だってな、くるちゃんあおむしのとき、太っててかわいかったもん、姫りんごちゃんのふとももみたいで

たしかにね。

・・・・・・。
でも、その申し出は丁重にお断り致しました。(姫りんごのふとももって言われて一瞬ぐらっときたけどね。)


そのまま、また数日。

くるちゃん、変化なし。一緒にいれていたキャベツだけがシワシワになってきた。

ど・・・・どうしよう・・・このまま孵らなかったらややこしいぞ~(サクちゃんが)


そして、今日。

姫りんごちゃんをお昼寝のために寝かしつけていて、ついつい一緒に寝てしまった私を起こす夫の声。

夫:「大変や!くるちゃんがちょうちょになったで!」

私:「!」

いっぺんに目が覚めましたよ!

見たら、本当にちょうちょになってるし~!

どうやら、夫がくるちゃんを外に出している間に、気付くと羽化していたそう!

Photo

ほんとだ~蝶になってるよ~。

羽化の瞬間は見逃してしまったんだって・・・。
せまい箱のなかで羽化したので、羽がちょっと曲がっちゃったのが心配。
そのうち、まっすぐになるよね。


そうだ、何かくるちゃんにあげよう。
あ、そっか、もうキャベツじゃないんだ。
じゃあ、お花だね。薔薇をあげよう。

Photo_2

うわ!蝶と薔薇!

Photo_3

なんか、すごいな~!
「あおむしとキャベツ」が、「蝶と薔薇」になるなんてね~!

Photo_5 これがさなぎ。すごいよね~。


なのに、サクちゃんは、またメソメソ・・・。

サクちゃん:「ううう・・・、くるちゃん・・・」

こいつ・・・まだあきらめてなかったのか・・・。

サクちゃん:「くるちゃんはでもよかったんだよね。ふつうはちょうちょになるまえに、捨てられたけど、ぼくのお家にきたから・・・」

じーっとくるちゃんを見つめながら話しかけているサクちゃん。

Photo_6

サクちゃん: 「いっぱつで(ちょうちょに)なったから、おどろいたよ、くるちゃん。
10歳おめでとう・・・・けど・・・ぼくはちょっとさみしい・・・・」



う~、かわいい~~~~~・・・サクちゃん!
でも、10歳ってなんで?

私:「なんで10歳なの?」

サクちゃん:「だってここ(図鑑)に10って書いてるから」

図鑑をみると・・・。

1、ふ化直前のたまご
2、3、ふ化。幼虫は卵のからを食べます。

4、2齢幼虫

5、終齢幼虫。幼虫はたくさんたべてだんだん大きくなります。

6、7、よう化。ふ化してから3週間~1ヶ月後、幼虫は糸で体を固定してさなぎになります。

8、9、10、羽化。さなぎの皮がやぶれて顔を出すと、30秒ぐらいで外へ出てきます。5分ほどではねがのび、体が固まるまで1時間ほどじっとしています。

Photo_4

たしかに。羽化は10番だね。それを「10歳おめでとう」だなんで、か、かわいすぎ!サクちゃん!(←親バカ)

ネットで調べたらあっというまだけど、図鑑でじっくり調べるのもいいよね。男児のいる家庭には昆虫図鑑は一家に一冊!ってかんじですね!(これがあればうっかり蛾の幼虫を育てなくても済むしね!)

ちなみに我が家が愛用している図鑑はコチラ。かなり頻繁に使っています!

昆虫 (小学館の図鑑NEO) Book 昆虫 (小学館の図鑑NEO)

著者:小池 啓一,町田 龍一郎,森上 信夫,小野 展嗣,田辺 力,筒井 学
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サクちゃん:「今日は、くるちゃんと一緒にいられる?」

そう、蝶になったらはなしてやる約束だったのです。
なのに今日はあいにくの雨。

まだ羽の柔らかいくるちゃんが雨にぬれたら可哀想なので、すこし様子を見ようか。

Photo_7

・・・・・。
網戸にくっつくくるちゃんの元気がなくなってきました。

屋外の、雨の当たらないところに咲いている薔薇の花に移動させました。

くるちゃん、いつまでも薔薇にとまってじっとしている。
なにもこんな日に羽化しなくてもよかったのにね、くるちゃん。

雨は夜になっても止むことはなく、それどころかどんどん雨足が激しくなってきました。サクちゃんが眠ってしまってからも、私と夫はくるちゃんの様子が気にかかり、なんどか外を見ていました。

眠る前にくるちゃんをみると、

ああっ!その薔薇が散って、くるちゃんが地面をよたよたと歩いているではないですか!

即刻、くるちゃん救出!

薔薇をおいて、はちみつを含ませたガーゼも置いてみました。
大丈夫かな・・くるちゃん。


これが、うっかり死んじゃったりなんかしたらまた大変!(サクちゃんが)

だから必要以上に神経を使っている私達・・・。


さあ、くるちゃんは無事にお空にはばたくことができるのでしょうか?







くるちゃん、がんばれ~!
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (5)

あおむし・くるちゃん がやってきた!

庭で遊ぶ兄妹の微笑ましいすがた。

2008_05170107

      

しかし、その微笑ましさとは裏腹に、ふたりがじょうろの中につくって遊んでいるのは・・・・。

「だんごむしスープ!!!」

ぎゃあ~~。

枯葉や花びら、そしてたっぷりのだんごむしで作る「だんごむし鍋 by:サクちゃん」だそうです・・・。

なんで子どもって(特に男子!)虫が好きなんだろう・・・。

と、いうわけで今日は、タイトルでもおわかりのように「虫」の話題。
一部、画像も出てきますので、苦手な方はご注意を・・・。



そう、あおむしのくるちゃんがやってきたのは先週の休日のこと。

スーパーで美味しそうな春キャベツを買って、夕飯の準備にとりかかりました。外葉をむくとそこにいたのは・・・!!!

ぎゃ~~~!!!
まるまると太ったあおむし!!!

虫が苦手な私は外葉ごと、夫とサクちゃんに渡しました。

私:「ちょっとこれ、なんとかしてええええ!」

夫:「お!キャベツが美味しい証拠やで。サクちゃんみてみ、あおむしおったで」

サクちゃん、じ~っとあおむしを見つめて・・・。
サクちゃん:「ほんまや~、かわいい~」

かわいい?
なんか・・・イヤな予感。

サクちゃん:「おかあさん、ボクあおむし、育てる~!」

イヤな予感的中!

私:「ええ~、イヤや~」

夫:「いいやん、これもいい勉強やで。サクちゃん、図鑑でなんの幼虫か調べてみよう」

としばらく調べている二人。調査の結果、どうやら「モンシロチョウ」の幼虫であることが判明。

モンシロチョウだったら・・・まあいいかあ・・・。


私:「ただし、お母さんは葉っぱも替えないし、一切関与しないからね。それでもいいならいいけど。・・・・どうせなら、名前でもつけたら。」

サクちゃん:「じゃあね、くるちゃん!」

たしかにキャベツの葉っぱの上にくるんとまるまってる。

サクちゃん:「わ~い、今日から6人家族だ!お父さんと、お母さんと、サクちゃんと、姫りんごちゃんと、ぱんさん(※注 パンダのぬいぐるみ)と、くるちゃん!」

おいおい~、くるちゃんもかよ~。

こうして、その日から我が家の一員になってしまったくるちゃん。

2008_05140087

涼しい玄関先に置かれました。
その日から毎日、サクちゃんは家に帰るとくるちゃんを見ています。

キャベツの陰にかくれて・・・・いました!

2008_05140088

穴の近く、少し濃い緑色の物体がそうです・・・。
(これ以上ピントをあわせられないワタクシの心情をご察しください・・・)


数日後。

夫が早く帰宅した日。
夫:「よ~し、サクちゃん、くるちゃんの葉っぱを替えてやろう」

サクちゃん:「あれ・・・くるちゃんいない・・・あ・・・くるちゃん・・・動かなくなってる!!!」
動かないくるちゃんを見て、べそかき声のサクちゃん。

夫:「ああっ!くるちゃん、サナギになってるやん!」

Sanagi 

しかし、サナギということがまだ理解できないサクちゃん、くるちゃんが、ぷくぷくしたくるんとかわいいくるちゃんでなくなったことにショックを受けています。

サクちゃん:「くるちゃん・・・もうくるちゃんじゃない・・・」

メソメソするサクちゃんに、夫が必死に説得。

夫:「お父さんだって、サクちゃんに小さいかわいいままでいて欲しいと思う気持ちもあるけど、サクちゃんは大きくなりたいやろ。いっぱい走れるようになりたいやろ。くるちゃんだっていっしょや。くるちゃんもちょうちょになって空を飛びたいねん。」

ええこというなあ。虫関係はアナタにお任せいたします!

そんなこんなでただいまサナギのまま変化のないくるちゃん。

果たして我が家のくるちゃんは、無事にモンシロチョウになることができるでしょうか!
乞うご期待!










人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (9)

お目当ての春の味覚

遅ればせながら・・・GWの里帰り報告です。

田舎の風景をお楽しみくださいませ~。

2008_05060050

りんごの花が満開でした。

2008_05060051

りんご畑。

2008_05060058

タラの芽。

夫のひそかなお目当ては、これらの「春の味覚」

2008_05060059

うど。

2008_05060062

わらび。

2008_05060077 

山菜はてんぷらとお塩でいただきます!

2008_05060076_2

うどはサラダに。ほんのり苦味と独特の香り。

体がきれいになる気がする味です。

いろいろと旬の味覚がありますが・・・春の旬の味覚はどれも独特ですよね。

苦味があって、ちょっとクセがあって、でも体がしゃきっとするような喜びに満ちた味です。

2008_05060085_2

今年は田植えも終わっていました。サクちゃんはお手伝いがしたかったみたいでちょっと残念そう。

2008_05060091

駆け寄って、抱き合う兄妹。「ひしっ」

2008_05060101

じいじとサクちゃん。たんぽぽのわたげを探しにいったのです。

でも見つからなかったんだよね。ちょっと時期が早すぎました。

りんごの里は春が遅いのです。

2008_05060109

やっと見つけたたんぽぽの綿毛。空にむかってふう~!

のんびりしたりんごの里の春でした。

2008_05060122

またカエルね!

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (3)

薔薇の咲く庭 ピエール編

待ちに待ったピエールが咲きはじめました。

綺麗な薔薇に言葉は不要!・・・ですね。

2008_05140061

2008_05140063

一年前に植えつけてここまで伸びました。

2008_05140065

2008_05140070

2008_05140072

2008_05140074

2008_05140082

これはお隣の薔薇。「カクテル」という品種だそうです。

2008_05140093

2008_05140095

薔薇の陰に隠れてますが、さらさどうだんも可愛い花です。

一年中次々咲く四季咲きも素敵ですが、この時期にしか咲かないっていうのもやっぱりいいなあ。

咲いたときの感激もひとしおです。

| | コメント (2)

薔薇の咲く庭 前編

薔薇ファンのみなさま、お待たせしました!

今年もやってきましたよ~!薔薇シーズン。隣のお宅の薔薇は今、まっさかり。このところの陽気で一気に咲き誇っています。

で・・・我が家の薔薇ちゃんたちはいったいどうなったでしょうか。

そのまえに少し前の薔薇ちゃんたちのようすを振り返って見ましょう。

まずはおりこうなファビュラスちゃん。
さすが四季咲きとあって、早くから咲き始めました。

Photo_6

蕾もクラシック。

Photo_7 
綺麗に咲いてくれました。

次々花を咲かせてくれるので、そのつど切って惜しみなく飾っています。

咲ききったら、お風呂に。
いいわあ、薔薇生活。

Photo_5

花瓶がなかったので牛乳瓶ですが、可愛いでしょ。



一方ピエールさんはどうでしょうか。

413
4月13日の様子。

Photo_3

ぐんぐん大きくなっています。
がんばれ~。

Photo_4 
みずやり兄妹。
「おおきくなあれ」

蕾も膨らんできました。期待が高まります!

Photo

ほんのりピンクになっています。

Photo_2


今日現在、まだピエールちゃんは咲いていません。
ん~~~~じらし上手!

咲いたらまたご報告しますね~。





人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

| | コメント (2)

困った時の「米」頼み

さて、小麦・大豆・卵・牛乳(!)のありえない食物アレルギーが発覚した姫りんごちゃんです。

正直なところ「いったい何を食べてるんだろう」とお思いだと思います。

でもね、これがけっこう工夫すればいろいろとできるもので(笑)
まあ加工食品に頼れない分、楽はできないですが、いろいろとやりようはあります。

米。

米です。

なんといっても米は食べられるのですから!

あとは調味料などに小麦や大豆が入っているものが多いのでそれさえ変えればけっこうできるもんです。

大豆から作られるお味噌(ものによっては小麦も入っている)→米味噌
大豆から作られるお醤油(ほんどのものに小麦が入っている)→米醤油
大豆から作られる植物油→米油
お酢→米酢
小麦から作られる麺→ビーフン(米)

Photo

2008_05020034

気がつけば我が家にあるものは米米米。

ああ、お米よありがとう。

そして、毎日食べているご飯は実家から送ってもらっているコシヒカリ。
ああ、実家のじいじばあば、今日もお米をありがとう。
何度も言うようだけど・・・米だけには困らない実家に生まれたことも、なにかの運命なのかもしれないなあ。

そして今思えば・・・あれも何かの暗示だったのかも・・・。

そう、姫りんごちゃん妊娠中のつわりの時期、私は本当に米しか食べられなかったのです。
ふりかけでさえ受け付けなかったので、白いご飯に塩をかけて毎日食べていました。

少しすると、ようやく梅干までは食べれるようになりました。でも梅干は梅干でも、だしハチミツ漬けっぽい柔らかいのはダメで、塩とシソだけで漬けた田舎梅干(実家から自家製のものを送ってもらっていた)なら可能。

しばらくすると少し発展してふりかけまではいけましたが、「ゆかり」「わかめ」「ごましお」「菜飯」のシンプル系のみ。そして気がつけば、これらのふりかけは今でも姫りんごちゃんが市販のもので食べられる唯一のふりかけ群なのです。


話しが横道にそれましたね。

そう、そしてこれらの調味料やビーフンなどは、小麦粉高騰のあおりを受けた影響も少しはあるのか、なんだか最近以前よりも手にはいりやすくなっているような気がします。

それにしても・・・この度の食品の値上げ。
小麦粉、バター、豆腐、カップラーメン、パスタ、食パン・・・。
値上げするものが面白いくらいに姫りんごちゃんの食べられないものばかり。値上げするということはこれらの食品の原料はすべて国内で自給できていないものということで、姫りんごちゃんのアレルギーって、なんだかこの現代の食の問題と無関係ではないような気すらしてきました。

いいこともあります。
小麦粉高騰のあおりで、米粉や米粉に脚光が当たってきたようで、(米粉100パーセントっていうのはなかなかないので、もうひとがんばり!)いろいろと「米粉」ものや「米粉情報」が増えている気が・・・。

姫りんごちゃんって、ある意味、時代の先端をいってるわ~。



というわけで、米命!米に感謝!
な日々を送っている私達でした。







先日はご飯で作るごはんサンドイッチ製造器なるものを購入!
これがなかなかうまく作れて楽しい。
おにぎりの型、海苔パンチなどいろいろ買ってみました。

味付け海苔も、こんなのを見つけました。

2008_05020031 

2008_05020032 2008_05020033

この海苔、味も美味しい!おにぎりなんか最高です。(ちょっと割高なので姫専用)

どうせなら、「米」をたのしまなきゃ。



米レシピ、ご飯関係グッズの情報、お待ちしております!!!




みんなでいっぱいお米を食べて米文化を盛り上げようではありませんか!


人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

| | コメント (4)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »