« “て”はじめことば | トップページ | ユーカリの効能と活用法 »

ふたりのひなまつり

ひなまつりって大好き♪

嬉しいのが、ひなまつりなどの「日本の伝統行事」の場合、売っているお菓子や料理などが卵、小麦除去しやすいのでアレルギーっ子ママには助かるってこと。

ひなあられ、和菓子、ちらし寿司、ものによってはダメなものもあるけどだいたい大丈夫。

クリスマス等の洋風行事に比べると心が軽いわ~。

もっと日本の行事も盛り上がってくれないかしら。
お釈迦さまの誕生日とかさあ、日本の神様の誕生日全部祝うとか(笑)

二月の初午の日はお稲荷さんの誕生日とかで、稲荷ずしを食べるっていうのを今年初めてきいたけど・・・そんな感じで全部祝ってほしいわ。
エビスさんとか弁天さんとかぜ~んぶ!


あ、話しがそれましたね。そうそう、ひなまつり。

2008_03020114

キャラメルコーンのこんなかわいいひなまつりパッケージを見つけました。
原材料はっと・・・。(食べ物を買うとき、値段うんぬんの前に原材料名をチェックするのが当たり前になってしまった私・・・。)

あら!小麦も卵もはいってない!

さっすが、ひなまつり~♪

さっそく飾りましょう。

飾っているお皿は、昨年末の旅行で仙酔島に行ったとき、夫が温泉に入っている間にこどもたちと絵を描いた楽焼のお皿。

2008_01050025  ←工房にて。 焼く前のお皿。

こどもたちそれぞれに絵の具で描いてもらい、最後に私が子供の名前の漢字を一文字ずつ描きました。

サクちゃんと、

2008_03020111  朔

コノちゃん(姫りんごちゃん本名)。

2008_03020112  胡


仲良く並べて飾って、こどもたちのひなまつりです。

2008_03020113






♪今日はたのしいひなまつり♪
人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

|

« “て”はじめことば | トップページ | ユーカリの効能と活用法 »

「たまごなしレシピ」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ひなまつり、楽しいですね。
女の子がいるおうちはなおさらでしょうね。


我が家のひな祭りの定番は母の作ったおはぎです。
おはぎというと普通はお彼岸が定番なのでしょうが、我が家ではひな祭りです。

が、が、最近のアトピー悪化により私はもち米禁止令が出されてしまい、おはぎは却下。

昨日は母が父に頼んだ買い物リストに「桃の花」と書きました。
父の帰宅後、母が買い物袋を見ても桃の花はありません。

母「桃の花買ってこなかったの?」
父「買ってきたよ」
母「ないよ」
父「ほら、これ」
父が見せたのは「桃の葉」の香りのボディソープcoldsweats02でした。
結局、桃の花は私が買いに行きました。


さらに、今日、父が仕事帰りに買い物をして帰ってきたのですが…
・いちご大福(もち米+いちごとアレルゲン食品がW)
・甘酒(私は大っ嫌い)

娘の食べれないもの(大福もいちごも大好きなのに)と嫌いなものを買ってきた父。
いや「ひなまつりだから」とスーパーに寄ってくれた父の気持ちはわかります。
昨日の名誉挽回という気持ちもあったでしょうし。
でも、おとうさん、娘のことはもうちょっとよく知ってね…と思った一日でした。

長文すみません。

投稿: ぱち | 2008年3月 3日 (月) 23時49分

ぱちさま、

お、、、おとうさん・・・sad
ちょっとかわいそう・・・。桃の葉は、お肌にいい成分が入っているし、苺はムスメの好物だしと、きっとお父さんなりによかれと思ってかってきてくれたんでしょうね・・・。ううcrying

ひなまつりだからちゃんと桃の花を買ってくるっていうのがいいですね。ぱちさんちも、季節を楽しむくらし、ですね。

投稿: りんご | 2008年3月 4日 (火) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “て”はじめことば | トップページ | ユーカリの効能と活用法 »