« それが、家族 | トップページ | “て”はじめことば »

遊びの天才

こどもって遊びの天才ってよく言うけれど・・・。

Photo

この荷物に入っていた緩衝材の袋をみたサクちゃん。

Photo_2

すぐにこの手押し車の荷台に入れて、

Photo_3

「ゴミ収集車!」

そしてゴミ収集車ごっこをしていました。

う~ん、すご~い!!!
しかもまたゴミの集め方もリアルだわ!


サクちゃんの園の近くにはゴミの収集場所があり、こどもたちはいつも
「がんばって~!」と清掃員さんに手を振っているそうです。

清掃員さん、うれしいだろうなあ^^。
照れながらも手を振り返している姿が目に浮かぶよう・・・。

そしてこの「ゴミ収集遊び」は、我が家に来ていた男の子のいとこたちにも大人気。

ほんとにこどもって遊びの天才。
こんなものも遊びになるんだもん。


そういえば・・・。
私も小さい頃、アイスクリームの木のスプーンに顔を描いて、着せ替え遊びをしていたなあ。

着せ替えの洋服はもちろん、自分で紙に描いて。

着せ替え、大好きだった。セットされてるドレスに飽きたら、自分で型を取って新しくドレスを何枚も描いて・・・。

私の趣味なんて、結局あの頃と何ひとつ変わってないんだなあ。

アイスクリームスプーンの着せ替えに、緩衝材のゴミ収集車。
何もない中から生み出される遊びの中にこそ、こどもの個性が現れてくるのかも。なんて。

こんなにもおもちゃに溢れている時代だからこそ、
「何もない中から創造する」という力が衰えないようにしていかなければ!と、
決意を固くする私でした。


と、しみじみしている私の目に飛び込んできたのが!!

Photo_4  ごちゃ~っ!

この惨状!

なにこれっ?
久々にいい事言ってるそばからおもちゃで溢れまくってるじゃないのっ!!

犯人は・・・。

Photo_5  こ、この大きなおしり・・・。

こいつはまさしく、姫りんご!

姫りんご:「きこ、きっこ、きっこ、きっこ・・・」

とナゾの言葉を口にしながら、おもちゃ箱からガラクタ、じゃなかったおもちゃを出してミニテーブルの上へ。

ああ、おばあちゃんから譲ってもらった大切なテーブルがこんなことにぃ・・・!

Photo_7  てった!

姫りんご:「きこ、きこ、きこ・・・。てった~(できた)」

Photo_6

ううむ。
彼女には彼女なりの「遊び」の世界があったようですね。


そ、尊重しなくてはっ!

私:「できたね~、えらいえらい(顔ひきつりつつ)」
でももうしないでね・・・。

天才の遊びを尊重するのも大変だあ!

まあ、いつの時代も、天才には苦労させられるって相場が決まってますからね~。

私:「サクちゃん、これ片付けるの手伝って~」
サクちゃん:「え~、なんで僕やねん」

私:「サクちゃんも赤ちゃんの時、同じことしとったよ。
座椅子の上におもちゃをいっぱいのせて、そこに座ってたよ。
お母さんとお父さんにもそこに座れって言うんだよ~。かわいかったよ~」

サクちゃん:「だからって僕かよ・・・」
と言いながらも手伝ってくれました。

↑小さい頃の「かわいいエピソード」には、めっぽう弱いサクちゃんなのでした・・・くくく。






人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

|

« それが、家族 | トップページ | “て”はじめことば »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それが、家族 | トップページ | “て”はじめことば »