« 上空580メートルへ薔薇を。 | トップページ | 姫りんごちゃんの一文字メッセージ »

十円玉メモリー

濃い冬休み、まだまだ続きます。

広島から帰ってきたあとは、主人の実家、京都の宇治へ。

まずは恒例の宇治神社で初詣。

おみくじをひくと・・・(サクちゃんはこどもおみくじ)

2008_01050083


あ~ら、びっくり。
3人とも「吉」

すご~い。

よかったね。みんな一緒でちょっと嬉しいね。



しっとり新年の宇治をドライブしていたら、急に「平等院」に行きたくなりました。

そう、あの十円玉に描かれている平等院鳳凰堂です。

新年なので、厳かでしっとりしたムードに包まれたくなるのです。

でもこどもは楽しくないかもな~と思って、サクちゃんにはこんな対策を。

私:「サクちゃん、この十円のこの建物がこの中に隠されてるからこれを目印にして探してね。」
と、十円玉を渡して。

するとサクちゃん、ぱっと目を輝かせて、
サクちゃん:「わかった!探す!わ~楽しみだな~」

十円玉を地図のように見て、楽しそうにするサクちゃん。

ふふ。大成功。
ま、探すもなにもその建物を見に来たんだけどね。

建物探しのはずが、二人で綺麗な小石探しに・・・・。

2008_01050095  ←小石であそぶ兄妹

こどもって、どうして石が好きなんだろう。
持って帰りたそうにしてたので、それは止めたけど・・・。

ありました。十円玉の建物!

Photo_2

十円持って、はいチーズ。

ずっと十円玉を握り締めていたので、手が十円くさくなってしまったサクちゃん。

サクちゃん:「うへえ~、手がへんな匂い」

私:「ぷぷっ。思い出した。サクちゃんね、二歳くらいのとき十円の匂いが好きだったんだよ~。」

サクちゃん:「ええ~?」




そう・・・・サクちゃんは二歳くらいのとき、やけに十円玉に執着していた時期があったんです。

私がお財布を出していると、

サクちゃん:「まっくろいおかねちょうだい」

とかならず言うのです。

(まっくろいおかねとは十円玉のことで、決して裏金とか賄賂とか闇取引とかそっち方面の真っ黒いお金ではないのでご安心を。)

比較的きれいな十円玉をだしてやると不満げで、ふる~い真っ黒になったもちろん昭和の年号の(ギザ十なんて極上)をだしてやると、満足げに微笑むサクちゃん。

そして匂いをかいで、

サクちゃん:「まっくろのおかね、いいにお~い」

なんて言ってたんですよ~!!!へんな幼児!

Photo


そして渡してやった十円は、洗濯機の中やリビングで時々発見され、そのたびにそそくさと回収していたつもりでした。

ところが、前住んでいたマンションから今の家に引っ越したときのことです。

チャイルドロックをかけたまま解除方法を忘れて、開かずの扉になっていた戸棚の引き出しを、引越しを機にこじ開けてみました。


するとそこにはおびただしい数の真っ黒い十円玉が!!!!!!

ひえ~~~黒いお金がこんなに!!!

間違いなくそれはサクちゃんの仕業。

戸棚の上のわずかな隙間から、もらった十円玉をちゃりんちゃりんと入れていたのです!!!!

これには大笑い!!!

でも微笑ましいので、その十円玉はちゃあんとサクちゃん貯金に入金しました!
あまりにも大量すぎて、ATMで数回に分けて入金するはめになりましたが(笑)



そんなことを思い出した平等院観光でした。

もしかして、宇治出身の夫の息子だから十円好きに・・・?


でも、今ではちゃんと(?)十円玉を「くさい」と言ってくれるようになって、ちょっとほっとしたりんごでした。

まあ、何かにやたらと執着する傾向は今でも変わらないけど・・・。


本当にサクちゃんの「執着暦」はけっこう伝説的でして・・・
今まで数々のものに執着してきて私を困らせてくれました。
洋服の色とかね・・・・。

それはまたおいおいお話するとして。




以上が、濃い冬休みの報告でした!
あまりに濃すぎてまとめていたら1月が半月も過ぎてしまった!!!






今回載せているイラストは、サクちゃんが二歳当時の私の育児日記からそのままスキャンしたものです。
当時は、どこかに公開するなんてことは考えもせずにかいていたのですが、
今見返してもなかなか笑えます。





人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ。

|

« 上空580メートルへ薔薇を。 | トップページ | 姫りんごちゃんの一文字メッセージ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

黒いお金が好きだったサクちゃん。
開かずの扉から、たくさんの黒いお金が出てきたり、
今はちゃんとくさいと言ってほっとしているりんごさんがいたり。
本にもなりそうなストーリーに、くすくすわらいながら楽しみました。

投稿: ゆ | 2008年1月17日 (木) 12時11分

やっぱりマメね。子育て中のイラスト、当時から描いてたんだぁ。すごくいい思い出になるよね。文字だけじゃないし・・・。ん・・・・!やっぱり、絵心欲しい!!

それにしても、両親の実家を訪れると、日本の歴史を感じられるなんて、すばらしい環境の中 こどもたちは育ってるのね。

投稿: tokko | 2008年1月17日 (木) 13時39分

ゆさま、
開かずの扉はほんとうにびっくりしたんですよ(笑)
おもわず写真とっちゃいました。
そして、くさいといわれてこれまたほんとに一安心でした。

tokkoさま、
絵日記、自分でかいてるのにけっこう忘れてるんで、読み返してもなかなか楽しめます(笑)
宇治には世界遺産もいっぱいあるし、小学校とか中学校になってもまた楽しめそうですよね!

投稿: りんご | 2008年1月19日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上空580メートルへ薔薇を。 | トップページ | 姫りんごちゃんの一文字メッセージ »