« 最近の詩人 | トップページ | 逃走本能? »

霜月の花とどんぐり

11月生まれです。
自分の誕生月って好きになりたいけど、11月ってとにかく地味なんですよね。
これっというイベントもないし・・・。

(アメリカならサンクスギビングがあるけど、日本でひとりサンクスギビングするのもむなし~。七面鳥売ってないし~。)

もうすぐ始まる12月のクリスマスにみんなの関心は持っていかれ、11月はひっそりと存在しているのです。

そんなわけでカレンダーの絵柄や、誕生花、誕生石にいたるまで11月はすべて地味。

誕生石は、トパーズ。
そう、あの茶色いやつ。ね~、地味でしょ。

確かにね、大人になったらトパーズもまあ、ありかな。なんて思うようになりましたけど、子供の時は、ダイヤモンドだサファイアだルビーだっていう友達がうらやましかったですよ。

花といえば菊とかさざんかですもん。晩秋だから仕方ないんだけど・・・。
もうちょっとなんかないのかな~。仏壇にお供えする花か演歌のタイトルになる花だなんてほんとに地味すぎもいいとこ。

そんな11月の花にまつわる、子供時代の私のかわいそうなエピソードを聞いていただきましょう。
「♪霜月の華~」 (←演歌調に)

それは、私が中学生の頃の11月の誕生日のこと。

当時、中学生ティーンズの間では、「占い」や「おまじない」が大ブームでした。

好きな男の子の名前と自分の名前の文字数分、シャーペンの芯をカチカチ出して、折れずに最後まで使いきったら両思いになれるとか。(まず確実に成功しそうにない無謀な行為)

好きな男の子の髪の毛をピンクの紙に包んで持っておくとか。(髪の毛を手に入れられるような間柄じゃないからおまじないをするんでしょーが!)

「守護精占い」だの「妖精の力を借りるおまじない」などあれこれトライしていたものです。

そんな、「妖精おまじない」の中に、「誕生日の日に妖精を呼び出したらその一年間ハッピーになれる」という、すごくおおざっぱなおまじないがありました。

これならいちいち長く芯を出したシャーペンを使わなくても、髪の毛を採取しなくてもいいわ。と、当時の私が思ったかどうかは覚えていないのですが、とにかくこのおまじないを誕生日に実行することに決めたわけです。

「妖精はキラキラした美しいものが大好きなので、花、宝石、キャンドルの灯り、お菓子を用意してください。」

と、あります。
妖精の好きなものを集め、手の中で宝石をジャラジャラいわせて妖精をおびき寄せるらしいのです。


・・・・花・・・・。

最初にお断りしておきますと、ここは田舎まちです。そして私はお金のない中学生です。

その私が花を手に入れようと思ったら、家の花壇か野山で摘んでくるしかありません。
しかし、今は11月。

はっ、花がどこにも咲いてない!

友達にも協力してもらって、かろうじて私が手に入れた花が・・・。

そう、

菊。

今でこそガーデニングだのなんだのと、11月でも洋風な花がたくさんありますが、私の中学生の頃、11月に咲いてるのは菊くらいしかなかったのです(涙)

泣く泣く、菊を机に飾りました。

つぎに宝石。こっそりと母の鏡台を物色。宝石らしいものを見当たらず、あるのは冠婚葬祭用の真珠のネックレス。

まあ、これでいいや。と真珠を拝借。

次にキャンドル。そんなしゃれたものがあるわけがありません。
・・・・ろうそくしかない・・・。

と、仏壇へ行き、仏壇用のろうそくを拝借。

・・・なんだかヘンな方向に・・・。

次にお菓子・・・。
饅頭と羊羹しかない。

とりあえず、用意したものを机にセットしてみました。


!!!!!!!!
ハッ!!!

菊! 仏壇用のろうそく! 冠婚葬祭用の真珠! 饅頭と羊羹!

こ、これじゃあリアルに仏壇再現してるだけじゃないかあああ!!!

これじゃあ妖精来てくれないよお~~~~!
来てくれるとしたらご先祖様だよ~~~~!!

わっと泣きふせる中学生のわたし。

でも、せっかく用意したので手の中で真珠をじゃらじゃら言わせながら本に書いてあった通りの呪文を唱えました。

すると・・・じゃらじゃらしていて真珠のネックスレスの糸が切れ、母にこっぴどく叱られました。
何をしていたら言いなさいといわれたけど、言えるわけないでしょう~。

菊飾って、仏壇のろうそくと羊羹そなえて、呪文となえてたなんて!!!!



どうです。かわいそうなエピソードだと思いません?

これが、誕生日が5月で、飾る花が薔薇だとか、夏でひまわりだとかダリアだとかだったらもう少しちがう方向に行ってたと思うんですけどね。

なにせ、菊ですもん。
もうそっちに向かうしかないわけです。

今でも、11月にお花屋さんの前を通ると時々、中学生の頃の私にわけてあげたいなあなんて思うことがあります。

でも保育園の帰り道、サクちゃんが歩道に落ちている赤や黄色の葉っぱを拾って、

「おかあさん、11月が誕生日だからこれ、おかあさんにプレゼント!」


なんて綺麗な落ち葉をプレゼントしてくれたりすると・・・・。

11月生まれも悪くないなあ、なんて、しみじみと思ったりするのです。
サクちゃん、もしかして君は、ずいぶんと遅れてきた妖精なのかな? な~んて。

ただそれは去年までの話。
最近、シャイなサクちゃんはあまりそういうことをしてくれないので少しさみしい。

と、思っていたら・・・。

保育園の帰り道、ポケットをごそごそしながらサクちゃんが、

サクちゃん:「道に葉っぱが落ちてなかったから、これ、あげる」

と、差し出してくれたのはどんぐり。

サクちゃん:「あした、おたんじょうびおめでとう。これ、保育園のお庭でいっこだけみつけてん。だから誰にも見つからんようにポケットに入れとった」
と、得意げな顔。

私:「サクちゃ~ん!!!!ありがとう・・・」

・・・・嬉しい。

どんぐりのプレゼントだなんて、秋生まれの特権だわ♪
11月生まれでよかった。

でも、この分だともしかしたら来年はもうプレゼントしてくれかもしれないから、これは永久保存版どんぐりだね。

ありがとう、妖精くん。

誕生日の記念に、ブログランキングに参加してみました。

クリックするととランキングUPします。

人気ブログランキングへ

|

« 最近の詩人 | トップページ | 逃走本能? »

「サクちゃんの名言集」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

うわ~~~~~。
りんごさんには申し訳ないけど
パソコンに向かって一人で声をあげて笑ってしまいました。
仏壇セットのようなおまじない・・・
私も10月生まれなので秋のわびしさが分かるんです~。
私の小さい頃はハロウィンなんて聞かなかったし、
ケーキを作ってもらってもイチゴが売っていないからと
なんだか地味なケーキになっちゃうし・・・
お花を飾ってもらっても、小菊や、うまくいってもコスモス。
今じゃ大人だから、秋のよさも分かりますが
当時はバラやマーガレットの花を飾ってほしい、
ケーキはショートケーキがいいと思っていました。
それにしても、さくちゃんが妖精!
いいなぁ~~~~~~♪

投稿: ツェツェ | 2007年11月28日 (水) 16時09分

誕生日だったんですね~。
遅ればせながら、おめでとうございます!

お誕生日を覚えててくれるだけでも嬉しいですよ~。
サクちゃん、やさしい~~~。妖精?天使かも?
おまじない、気が付かないうちに効いてたんですね。

友人も11月生まれなんですが、29日は「いい肉の日」。
せめて「いい夫婦の日」がヨカッタのに・・・と言ってます。

ワタシは4月ですが、新学期のバタバタした雰囲気のうちに
忘れ去られる事が殆どで、新しいクラスメイトには
「今日、誕生日なんだ。」「へ~、おめでとう。」で終わりでした・・・。

ランキング、応援ポチ!とな。

投稿: かえるのりんちゃん | 2007年11月28日 (水) 22時14分

!!(笑)
おまじないの様子を想像して笑っちゃいました~!!
私も思春期の頃を思い出してみたりして・・・。
そしてさくちゃ~ん!やるなぁ!!
ぐっとおかあちゃんのハートを掴みますね~。
明日はお誕生日なんですね!
少し早いですが・・
おめでとうございます!!!

投稿: おかん | 2007年11月28日 (水) 22時14分

ウチの母は27日、恩師は28日、従兄が29日生まれです。
今年の母の誕生日にはガトーショコラを焼いてお祝いしました。

29日生まれは友人や友人の兄弟など、周囲に結構います。
ちなみに尾崎豊も29日なんだそうです。友人が自慢していました。

お誕生日おめでとうございます。

投稿: ぱち | 2007年11月29日 (木) 00時31分

お誕生日おめでとうございます!
りんごさんと同じ誕生日の私、お気持ちすんごい
よくわかります~。
誕生石も地味だし、イベントもないし、中高生のころは
いつもテスト期間中だったし。
私なんて、今日はだんなからもバースデー祝いの言葉もなく
さみしい誕生日でしたが、将来こうやって子供から
プレゼントをもらえるかも♪と思い、励まされました(笑
ささやかですが、ランキング応援クリックでプレゼント
かわりにさせてくださいませ~♪

投稿: りんず | 2007年11月29日 (木) 00時32分

ツェツェさま、
秋は地味ですよねえ。
まだコスモスがあるだけいいですよ!(笑)
全然ちがいますよ~!

かえるのりんちゃんさま、
ずいぶん効果が遅かったけど、おまじないきいていたみたいです(笑)
それに、そっか。11月うまれだとその日に全部「いい」が
つくんですね。それも11月うまれのちっぽけな特典ですね(笑)
わたしは「いい庭」でしょうか。

おかんさま、
ありがとうございます~!!!
思春期・・・
おもいだすと、おまじないに限らずなかなかこっぱずかしいことを
してましたよね・・・。

ぱちさま、
ありがとうございます。まあ、身近な人がみんなこのあたりの生まれなんですね~。

28日生まれにもけっこう有名人がいますよ。
宇野千代さんとか向田邦子さんとかの女流文筆家がいるのは
ちょっとうれしい・・・。
ホリケンさんもそうらしいんですけど、彼がテレビで奇行をするたびに同じ日うまれのわたしはひそかにはらはらしてます・・・。

29日の尾崎豊は、かつて隠れ尾崎ファン(別に隠れなくてもいいんだけどなんとなく・・・)だった私もけっこう嬉しかったです(笑)

りんずさま、
お誕生日おめでとうございます!!!!
ですよね~!誕生石とか(笑)
きっと、お子さんがお祝いしてくれますよ!
これはかなり、嬉しいです!!!!
今から楽しみですね!


投稿: りんご | 2007年11月29日 (木) 14時51分

私も11月生まれなので気持ちがよ~く分かります。
結婚して名字まで「菊」がついてしまいました・・・。
そして、シャープの芯の占いもやりましたよ。おまじないコミックという本まで買って研究していました(笑)
じつは上の娘さーちゃんが入院手術で私も付き添いだったので誕生日を病院で過ごしました。なんてこったい!!
でも、おかげさまでさーちゃんは復活し、北の香りも元の生活に戻りましたのでまたこれからもお邪魔させていただきますね。

投稿: 北の香り | 2007年11月29日 (木) 16時37分

何度もごめんなさい。自分と同じ誕生日でのエピソードが一つ。私なんて日めくりカレンダーにその日生まれた人の名前がかかれていたのでドキドキしながら自分の誕生日のトコロをめくったら「一休さんの亡くなった日」でしたから・・・↓↓。

投稿: 北の香り | 2007年11月29日 (木) 16時43分

りんごさん、遅れましたがお誕生日おめでとうございます!!
さくちゃんのプレゼント、素敵ですね☆
もうすこしたつと、姫りんごちゃんとダブルでおめでとうが
もらえるようになるのが楽しみですね!

余談ですが、 上↑の北の香りさんのコメントを読んで私も
思い出したことがひとつ・・
18年前の私の誕生日は、昭和最後の日だったんですよ(^^;
朝起きたら、何だかテレビ番組がどこも暗くてびっくりした記憶があります(笑)

投稿: ぱむ | 2007年11月29日 (木) 21時54分

北の香りさま、
おまじないコミック!!!!なつかしい。
菊もね、綺麗な花なんですけどね(笑)

さーちゃん、入院だったのですね。
こどもの入院って大変ですよねえ。
うちもこの前の結婚記念日はこども入院中でした・・・。
やたらと景色だけはムダに綺麗な病院でねえ・・・
(港町神戸の夜景が一望)
いちおう無理やり夜景見ました。病院で。
さーちゃんご退院おめでとうございます!!

そして一休さんて・・・なんとも絶妙なかんじですねえ。
私の友人のダーリン、座禅や仏像が大好きなピエールは喜びそうだけど・・・。

ぱむさま、
昭和最後の日って、それはなかなか体験できない貴重な誕生日体験ですね!
あの、6日間か8日間しかない年だったんですよね!

みなさんの誕生日エピソード、おもしろかったです!


投稿: りんご | 2007年11月30日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近の詩人 | トップページ | 逃走本能? »