« アスパラ☆エクステ | トップページ | レインボーな子たち »

たまごとこむぎの方程式

卵アレルギーの息子、小麦アレルギーの娘、なんのアレルギーもない働き盛りの夫、そんな家族の献立と食事の支度はかなり大変。

毎日の食事の献立づくりは、まるで難解な方程式を解くかのよう。

息子の食べられるもの、娘の食べられるもの、夫の好み、栄養バランス、旬のもの、冷蔵庫の余りもの、賞味期限、スーパーで安かった食材、レパートリー、それから保育所の給食とかぶらないようなもの・・・・。

それらの条件があてはまり、かつ、美味しいものを導きださなくてはなりません。

それに加え、最近かたときも私のそばを離れたくない姫りんごちゃんの、台所でのいたずらに対応しながらの作業になるわけですから、調理スピードや作り置きできるかってことも重要です。

さらに、同時に異なるアレルギー対応をするため、料理を途中で分離分割して進化させなければなりません。

例えば、簡単な例でいくとおみそ汁なら、
大人とサクちゃん用に作るものから、味噌を入れる手前で分割(味噌、醤油には小麦が入っているため)し、姫りんごちゃん用には途中で分けて、もう少し柔らかく煮て、別の特殊なアレルギー用米味噌を溶きます。

場合によっては、調理途中での切り離し作業はさらに、サクちゃん用、大人向けに少しスパイシーに・・・。といったように分岐して進化していきます。
我が家では肉じゃがも、トマト煮も、みんなそのようにして作ります。(コンソメにも小麦が入っているので姫りんごの分はまず昆布だしで煮て・・・以下省略)

しかも、いろいろな作業を同時進行でやりながら、全ての料理をそれぞれ最適な温度で食べられるように仕上がりの時間を揃えないといけないので、これがなかなか段取りも必要とするかなり複雑な方程式なのです。

もう、脳みそくたくた。

夕食の時間。
テレビを消したら、
食卓の上に、

サクちゃん用に炊きたてのごはん、お汁、おかず。お茶。おはしとスプーン。
姫りんご用に適温にさめたご飯とおみそ汁、おかず。ストローボトル、スタイ。

が揃っている。

そしてその頃キッチンには、夫帰宅後に温め直したら食べられる煮物がお鍋の中に。もしくは帰宅後にあとは炒めるだけの下準備をした材料や合わせておいた調味料が。そして、後はちょちょっと和えたり薬味をのせるだけの副菜が冷蔵庫の中に。ジャーにはご飯が。鍋にはおみそ汁が、スタンバイしているわけです。

この毎日の奇跡!

時には休みたくなります。何を休みたいか。
食事の支度を休みたいのではなく、献立を考えることを休みたいのです。

だから、土日に、
「昼何食べる?」って言われることからも休みたい~。(本音)

じゃあ、外食にって話になるわけですが、

これがまたさらに大変な外食方程式を解かないといけないわけで(涙)

二種類の食物アレルギーに加えて、こども連れで行きやすいところ・・・。
卵ダメだから、オムライス等の洋食系ダメだし、小麦アレルギーだからパスタ、うどん、そば、お好み焼き等もダメ・・・。

難解方程式・・・・。

出てくるのか・・・答え・・・・。

ちーん!出ました。

ちゃららっちゃら~ん♪「回転寿司!」(→ドラえもんの声で)

これなら米だし、魚だし、調理方法もシンプルだし、回るのを取るのがゲーム感覚で楽しいのかサクちゃんも喜ぶし、安いし。

それにお寿司ってことでちょっとしたご馳走気分も味わえる。

何より、献立やオーダー考えなくていいのが幸せ~♪
だって、あれこれ考えなくても、向こうから回ってやってくるんだもの~。

姫りんごちゃん用にサクちゃんにないしょで卵焼きのお寿司を取っても、サクちゃんも大好きなマグロやかっぱ巻きやうなぎに夢中になっているから平気だし。

夫は大好きなイカばっかり食べてご機嫌だし。

それにすごいのは、各テーブルにお湯が出てくるってこと!
このお湯が各テーブルにあるってことが赤ちゃん連れには何かと便利で(笑)

赤ちゃん用に最近ではサビ抜きの鯛のおつくりを、このお湯でさっと湯引きするっていうウラ技も・・・。

回転寿司ばんざ~い!

回転寿司、それは私の献立マシーンを唯一休ませてあげられる憩いの空間。
回転寿司、それはめくるめくメリーゴーランド。

このお店が潰れませんように。(株でも買おうかしら?)
米食文化が衰退しませんように。
海の生態系や環境が変化せず、ずっと美味しい魚が食べられる世の中でありますように。

どうかこの世から回転寿司がなくなりませんように。

と、せつに願うりんごでありました。

|

« アスパラ☆エクステ | トップページ | レインボーな子たち »

「たまごなしレシピ」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ひゃ~。毎日の一人分の離乳食だけでもいっぱいいっぱいの私・・・。
りんごさんの頭の回転の速さと料理の腕と手際のよさを分けてもらいたい・・・。
それにしても毎日の事なので本当に頭が下がります。
回転すし!!とはなるほど~!!
すべての方程式が解けた!!そんな感じですね~!!
さすがりんご博士!!
うちの子も茶碗蒸しが好きなので早速行ってみようっと!

投稿: おかん | 2007年10月18日 (木) 10時43分

ただでさえ毎日のメニューは大変なのに、家族一人一人の食べられる物を考えての調理の苦労は計り知れません。

味噌や醤油、コンソメにも小麦が入っているなんて!!

ズボラ主婦の私にも少しアイデアを出させてください^^

北の香りは、卵アレルギーの子供のために「豆乳プリン」を作ったことがあります。(リキュールを加えるとブラマンジェ風で美味しいです)レシピ教えますのでその時は言って下さい。

ご飯は「サラダ丼」と言うのはどうでしょう?
生野菜(トマト、キュウリ、レタス)とサーモン(パパにはから揚げでも)をフレンチドレッシングであえた物をご飯の上に乗せるだけ。我が家は友達が遊びに来たときのランチに度々登場します。

りんごさんの献立に少しでもお役に立てますように。

投稿: 北の香り | 2007年10月18日 (木) 13時32分

その方程式を説くのは理系の私でもなかなか大変そうです‥。。
ほんとにりんごさん、月並みな言葉ですが応援してます(>_<)!!
昨日夜この記事を呼んでから寝たせいか、
夢にりんごさんが出てきました~!
もう私りんご家に夢中ですね(*^_^*)

投稿: スヌーピー | 2007年10月18日 (木) 17時21分

お邪魔します。
今日はご報告とお礼に参りました。
わたしのブログを閲覧してくださるみなさん。
さらにコメントを残してくださるみなさん。
みなさんのおかげで「夢(目標)」がひとつ
叶うことになりました。

わたしのブログが文芸社さんより
書籍化され出版されることになりました。
書店発売予定日は11月1日。
(書店によってはずれがあるかも・・)
10月下旬より書店での注文可能。
発売開始日よりアマゾン、ヤフーブック、
ブックサービスでのネット注文可能になります。

本の主タイトルは 「愛唄」
(サブタイトル バツイチ女のひとり言)
ペンネーム 「咲 泰子(さくらやすこ)」
ペンネームの由来は亡き母の名前の泰子。
逆から読んだら「泰子が咲く」・・・です。
名づけ親さんの優しい発想です。

ほんとにみなさんのおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!!

ブログは更新ペースはゆっくりになりますが
今後も続けていきますので
どうかよろしくお願いします。


投稿: モモ | 2007年10月18日 (木) 20時20分

おかんさま、
いえ~、私もいっぱいいっぱいです。
「だんどりやさん」「せっかち」な性格が災いしているんですね。
回転寿司はいいですよ~。
せっかちな私にぴったり。どんどん回ってくるんだもの~。

北の香りさま、
すご~い!!!豆乳プリン食べてみたいです(私が)
レシピ教えてください!
サラダ丼、美味しそうです。サーモンは生ですか?スモークですか?まさか焼き鮭?ってことはないか・・・。
北海道のサーモンておいしそうですね。じゅる。
ありがとうございました。
おかげさまで一日脳みそ休めそうです^^

スヌーピーさま、
ええっ!夢に?どきどき。
夢の中の私はどんなでした?
ちなみに私の昨日の夢には、「仮面ライダーカブト」の俳優さんたちが全員でてきました~。夢中です。他にもたくさんの人が出演した夢だったので、もしかするとその中にスヌーピーさんもいたのかしら・・・・?なんて。

モモさま、
一番はじめにブログにはじめましての記事を載せたときにコメントをくださった方ですよね~。
本の出版、おめでとうございます☆


投稿: りんご | 2007年10月18日 (木) 22時45分

りんごさん、えらいよ。ハレの日のイベントご飯をお洒落に作り上げることよりも、残りのケの日の毎日ご飯をきちんと作り続けることがどんなに大変か。
でもその毎日のご飯が体と心を作っていくのよね。

投稿: さやさや | 2007年10月18日 (木) 22時59分

なめらか豆乳プリンのレシピを紹介します。

【材料】(プリンカップ5・6個分)
豆乳400cc、砂糖50g、粉ゼラチン5g、植物性生クリーム100cc、黒蜜
【作り方】
①粉ゼラチンは少量の水でふやかしておく
②豆乳、砂糖を鍋に入れ、火にかけ、①のゼラチンを入れしっかり溶かす
③鍋を火から下ろし、生クリームを加える
④粗熱をとり、カップに分けて冷蔵庫で冷やし固める
⑤黒蜜をかけていただく

豆乳は調整豆乳がいいです。
豆乳の臭いが苦手な人は②の時にリキュール(キルシュやグランマニエ、ブランデーやウィスキーどんなリキュールでも大丈夫です)を加えれば美味しいです。(アルコールをとばすので子供にも大丈夫)

サラダ丼のサーモンはお刺し身やスモークでもが美味しいと思います♪

投稿: 北の香り | 2007年10月21日 (日) 14時23分

さやさやさま、
いえいえ~。大したご飯じゃないんですけどね~。
そっか、毎日のご飯が心と体を!たしかに!
気合いれてがんばりますう!

北の香りさま、
お、おいしそう!それに私でも難しくなさそう!
黒蜜ってところがそそりますね。
さっそくトライします!

投稿: りんご | 2007年10月22日 (月) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アスパラ☆エクステ | トップページ | レインボーな子たち »