« 得するタイプ? | トップページ | 踊る一歳児 »

私のもったいない活動

何を隠そう私、もったいながりな性格なんです。
モノもなかなか捨てられないし、電気や温水ももったいない。
田舎育ちで、お祖母ちゃんや母に何かにつけ「もったいない」と言われて育ったからでしょうか。

最近ではすっかり見直されている「もったいない」という感覚。

しかし子供はというと・・・
いつでもおもちゃは買ってもらえるから、すぐに飽きては新しいのを欲しがる。
けっこう物欲のカタマリです。

こ、これは・・・。
こどもにもう少し、「もったいない」という感覚を教えていかなければ!
でも楽しくないとこどもも身につかない。

今日はそんな、ささやかでたのしい、我が家のもったいない活動のおはなし。

まずは、「資源をくりかえし大切に使う」リサイクル。

リサイクルするほうがかえってエネルギーがかかるなんていう意見もありますが、資源を大切にするという意識のモンダイでもあるし。
親が自然にやっていれば子供にも見につくはず・・・(今はすぐに新しいおもちゃにとびつく5歳児もそのうちいつか・・・)・・・と信じて。

これは大活躍の我が家のエコバッグ。大きくて丈夫なハンプバッグです。
バーバラ・クルーガという風刺の効いた作風が特徴の写真家の作品で、ミュージアムショップで買いました。

Photo

ショッピングバッグにこのコピー。辛らつなかんじがけっこう気に入ってます。

このバッグに、ペットボトル、牛乳パック、発泡スチロールの食品トレイなどを詰めこんでスーパーのリサイクルコーナーへ。
帰りはレジ袋を断ってこのトートに買い物したものを詰め込んで帰ります。
かなりきちんといっぱい入るので、レジ袋よりかえって便利です。

そして、私は「モノが捨てられない性格」
そのままではえらいことになるので、入ってくるほうを厳選し削減するよう心がけています。

ベビー用品は仲良し友人グループでぐるぐる回しながら使っているし、(途中で壊れて処分したり追加したりで内容は変化しながらただいま2巡目を使用中)
多少割高でもレンタルを活用。

子供服のお下がりは当たり前・・・。
頂いたときすでに2代目だったというベビー服を、サクちゃんが着て、甥っ子が着て、さらに姫りんごちゃんが・・・ということもざら。

姫りんごちゃんのベビーグッズなんてほとんど買っていないかも。
歩行器も手押しのカタカタもない姫りんごちゃんは、
椅子を押して歩行の練習。

Photo_2
(それくらい買うたれよ!というジイジ&バアバの声も聞こえてきそうですが・・・)

それでも自然に増えてしまうモノたち!とくに子供(サクちゃん)のものなど。

私の洋服などは、今までフリマでかなり売ってきました。でも最近、フリマをしても全然売れない。物を売るってほんとに大変です。
でも捨てるのはもったいないし・・・。

そこで、ものはためしに、こんな箱を作ってみました。

Photo_3 ←ご自由にお持ちください箱

そして、家の前に設置してみます。
人通りの少ない我が家周辺で果たしてなくなるのでしょうか・・・。

半日後。

箱を回収してみると、ほとんどなくなってる!!!すご~い!
捨てるに捨てられなかったものたちは、新しい家族のもとに引き取られていったようです。
ちょっと嬉しい。

味をしめて、もう少しおもちゃを整理してみよう。
すると、サクちゃん参入でえらいことに!

サクちゃん:「わ~、これ面白い」
私:「え~、サクちゃん小さいとき遊んでたやつだよ。もういいでしょ」
サクちゃん:「いや、まだ遊ぶ」
私:「え~っ!」

サクちゃんの反対にあい、結局ひとつも捨てられず。
しかもしまっていた物を次々ひっぱり出されて部屋がえらいことに。

うわ~、逆効果。

でも一度火がついてしまった「片付け欲求」
矛先は夫と私の服へ。

でもこれ、リメイクしたら使えるんじゃ・・・。
そう、洋裁やリメイクの楽しさを知ってしまってから、これも何かにできるかも、あれも何かに・・・と思ってさらに捨てられなくなってしまいました。

これも、逆効果?

それでもようやく大きな紙袋ひとつ分になり、近所のチャリティーショップへ。

そこでは洋服を引き取ってくれ、その洋服から得られる利益はチャリティーとして各団体に寄付される仕組みになっているのです。

大切な服を二束三文で買い取られるよりも、最初から寄付したと思えばかえってすっきりします。

ただ・・・このお店の問題は・・・。

服を持ち込むついでに絶対なにか買ってしまうこと・・・。

今日の掘り出し物。

2007_10010028 
古着のコーデュロイシャツ ¥300と、新品の生地 ¥100。

2007_10010026
型がプリントされていて、こどものエプロンが作れるようになっています。

2007_10010027
エプロンを作ってもいいし、この模様がおもしろいのでこのままバッグなんかにしてもかわいいかも。

ポーズを決めてみました。
2007_10010029
かっこいい~。


けど・・・これまた逆効果?

でもたのしかった。


最後にこれは、学生などの団体が、要らなくなったTシャツを回収して行ったリサイクルイベント会場でのスナップ。
Photo_4

Tシャツを繋げて一枚の布にし、それがイベント会場のテントになっていました。
キレイですよね。

Photo_6

Photo_5


このアイデア、なにかに活かせそう。むくむく。(アイデアの湧き出る音)

Photo_7 
裏からみるとこんなかんじ。

こんなリサイクルイベントにも、こどもと参加したりして楽しんでいます。

ゆっくりたのしみながら、
ときどきは逆効果?になりながらも、

3歩あるいて2歩さがる。
それでも1歩ぶん進んでる。

そんなかんじで、楽しみながらこどもたちに「もったいない感覚」を伝えていけたらいいな~と思います。

サクちゃん:「お母さん、クリスマスにはこれとこれと~、そんで6歳の誕生日にはこれと~」

・・・・その道のりはかなり険しい・・・。

|

« 得するタイプ? | トップページ | 踊る一歳児 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

ひゃ~すごい!!
うちもこども服はほぼおさがりです。
すぐサイズも変わってしまうので本当にありがたい限りです。
もったいないという気持ち。なんでもすぐに手に入ってしまう現代ではとても大切な気持ちですよね。
改めて考えるきっかけになりました!

投稿: おかん | 2007年10月 3日 (水) 21時31分

私も物を大事に取っておくタイプなんです!
元々は子供のとき、押入れの中から伯母が使っていたリボンや便箋を発見してそれを使っていたんです。
物を大事にすれば自分の子供にも使えるんだと思い、物を捨てない子供になってしまいました。

今は嬉しいことに2人の娘に恵まれて髪飾りはもちろんシルバニアやリカチャンの服、花の子ルンルンのカルタまで使っています。他にもいっぱい残しています。

更に大事に残しておいたら孫にも使えるかしら?笑

投稿: 北の香り | 2007年10月 4日 (木) 13時19分

おかんさま、
ベビー服のお下がりは助かりますね。そして、着たベビー服は捨てられないんですよね。小さくてかわいくて。私もサクちゃんのベビー服、特に思い入れがあるものは回さずにとっておいたんです。4年ぶりに見てみたら・・・それほどかわいくもない薄汚れたものばかりで・・・私もすっかりサクちゃんかわいさに脳みそがやられていたようです。。。

北の香り、
あ~うらやましい。りかちゃん、花の子ルンルン、うらやましい~。
私は逆で、サヨコがあまりにもなんでも捨てるので、反動で捨てられなくなったのかもしれません。大切な雑誌「オリーブ」を捨てられたときはショックで・・・。
でもそんなサヨコが私のベビー服だけは大事にとっておいていたのを知った時は、じーん・・・としたのでした。

投稿: りんご | 2007年10月 4日 (木) 23時26分

もったいない活動、いいですね。私も、物を捨てるのが苦手です。
りんごさんや、ユキンコさんの影響で、リメイクのコツを学んだ私の最近のマイブームは、子ども服のリメイク。小さくなり汚れもある お下がりに向かないTシャツの、脇から下を利用して、スカートを作ったり、小さくなったワンピースも、スカート部分だけ残して再利用。あれこれおもいつき、捨てられないものも増えてます・・・・。ヤバイッ。

投稿: tokko | 2007年10月 5日 (金) 22時51分

すごいですね~!tokkoさま。
楽しいですよね。リメイク。
Tシャツでスカート私もやってみようっと。
私もあれこれ思いついて(思いつくだけでなかなか作れないものもあり)本当に捨てられなくなっちゃいました!

投稿: りんご | 2007年10月 7日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 得するタイプ? | トップページ | 踊る一歳児 »