« 背負いモチ | トップページ | 初りんご »

ぼくにもそのあいをください

「ぼくにもそのあいをください」というタイトルの、素晴らしい絵本に出会いました。

ぼくにもそのあいをください (絵本の時間) ぼくにもそのあいをください (絵本の時間)

著者:宮西 達也
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


図書館に入った瞬間、すたすたすた~と歩いてこの本をつかみ、

「僕、この本にする~」
と速攻で決めたのはサクちゃん。

この作家さんの [パパはウルトラセブン」シリーズ、「あしたのぼくは・・・」が大好きなサクちゃんが一目ぼれした本です。

パパはウルトラセブン パパはウルトラセブン

著者:円谷プロダクション,円谷プロ=,みやにし たつや
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あしたのぼくは… (みやにしたつやのえほん) あしたのぼくは… (みやにしたつやのえほん)

著者:みやにし たつや
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どれもこれもと~ってもおもしろいです。

さて、「ぼくにもそのあいをください」です。

まず、夫がサクちゃんに読んでやりました。
全部読み終えて・・・

夫:「あ、あかん・・・読んでたらうるうるしてきて、涙で最後まで読めへんかとおもた」

え~っ?そんなに~?と思って私も読んでみると・・・

ホントに途中からうるうるしてきて、読む声が詰まってしまうほど・・・。

お話は、

「力の強いものがえらい。力こそ一番大切なもの」と信じる暴君ティラノサウルスくんが、年をとってだんだん弱くなってきます。そんなときに出会ったトリケラトプスの子供から、一番大切なことを教わって・・・。

というストーリー。

泣けます。
特に最後の一行では涙がとまりません。

と、本屋のPOPのようですが・・・。

サクちゃんもすぐにお気に入りになったので、貸し出し期間中、何度も涙をこらえながら読みました。

ある日の夜のこと。

いつになく甘えん坊のサクちゃん。

いつも二人を寝かせるときは、オッパイを飲まないと寝られない姫りんごちゃんに添い寝オッパイで寝かせつつ、背中側にいるサクちゃんのほうに手を伸ばしてトントンするという驚異の軟体人間寝かしつけを実行しています。(ヨガで腕の関節が柔らかくなっていてこんなときには役立ちます)

その日も背中側に居たのですが、甘えたモードのサクちゃんはちょっと寂しげ。

サクちゃん:「いいなあ~、赤ちゃんはいいなあ~」
なんて言っています。

私:「サクちゃんも赤ちゃんのとき、い~っぱい飲んだよ。もっともっと飲んだよ」

サクちゃん:「・・・・・でも~」

あらら。いつもは聞き分けがいいのに困ったもんだわ。
なんて思っていたら・・・

サクちゃんが背中でぽつりっとこう言ったのです。

サクちゃん:「ぼくにもそのあいをください」

ハッ!!!!

すぐにオッパイを引きはがし、くるっとサクちゃんのほうに向き直りましたよおっ!!!

サクちゃん!!!!
ぎゅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!

っとサクちゃんを抱きしめます。

と同時に、急にオッパイをはがされ、ふんぎゃ~~~~~~~っ!!!と泣き叫ぶ姫りんごちゃん。

かまわずサクちゃんをぎゅーっ!
サクちゃん:「・・・これが、あい?」

私:「そうだよ。だいすきだいすきってぎゅ~っとすることだよ」

もっと言い方があるんだろうけど・・・お母さんうまく言えないよ。
うまく言えないからぎゅうってするんだよ。

サクちゃん:「姫りんごちゃん・・・泣いてるけど・・・きもちいい・・・。
もういいよ。姫りんごちゃんに行ってあげて・・・」

さ、サクちゃん・・・うう、健気な。

気になるけど、あまりにもうるさい姫りんごちゃんにオッパイをあげながら、
ああ、背中にもオッパイがついてたらいいのになあと考えていました。

そうすれば、背中で姫りんごちゃんにオッパイをあげながら、サクちゃんのことを抱きしめることができるのに。

そうなるとちょっと見た目にはインパクトあるけどね・・・。
こどものためになら化け物にもなりましょう。
でも・・・ブラジャーどうやってつけたらいいんだろう・・・。
服も困るよね。どっちを前に着たらいいのか・・・。

そんなくだらないことをつらつら思いながら、背中からせいいっぱいの愛を送ってみました。


どうかわたしには、

わたしにはあいをかたれるせなかをください。

|

« 背負いモチ | トップページ | 初りんご »

「サクちゃんの名言集」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ううっ。
サクちゃん、けなげですね(泣)
コメントせずにいられませんでした。

おっぱいも顔も前に向いているから、
サクちゃんに背中を向けなくちゃいけないりんごさんも切ないでしょうね。
でも、「ぼくにもそのあいをください」とつぶやいたとき、
バッと、サクちゃんを抱きしめてあげたりんごさん、すごいです。
あいを感じました!

私も子供が生まれたら、そんな風にしてあげられるかしら。

(しろぴー 改め shiro)

投稿: shiro | 2007年9月21日 (金) 21時09分

子供には、いっぱいいっぱい愛が必要なんですよね。
さくちゃんの一言には、絵本のタイトルには
そんな大事なメッセージがこめられているんだなあと
せつなくなりました~~。

りんごさんが「ぎゅっ」と抱きしめた気持ちも、
きっときっとさくちゃんにも十分伝わってると思います!

私もその絵本をいつか読んでみようと思います。
ちゃんと子供を愛してあげることの大切さを
気づかせてくれそうな気がします。

投稿: りんず | 2007年9月22日 (土) 01時41分

うる~ じわ~っと来て思わずコメントです。
なんて健気で可愛いサクちゃん。
前の記事での姫りんごちゃんの可愛さにメロメロだったんだけど、サクちゃんのふとした純粋さも大好き。
サクちゃんにはりんごさんの愛はしっかりと伝わっていると思うんだけど、でも純粋だから「おか~さん、こっちにも~」って気持ちがつぶやきに出るんだろうなぁ。
りんごさんの最後の一文にも うる~っときました。
(りんごさんの背中にもオッパイがあったら・・・とつらつらと考える内容も好きだけど 笑)

「ぼくにもそのあいをください」のシリーズの本を、読み聞かせボランティアのお母さんが選んで、高学年に読んでくれたことがあります。その時、高学年の子でもじぃ~っと聞いていました。絵本ってすごいなぁと思う瞬間でした。

投稿: ツェツェ | 2007年9月22日 (土) 08時20分

家も、このティラノサウルスシリーズは大好きです。
普通に読んで、心に響いて、大人が泣けちゃうシリーズですよね。
それにしても、ナイスタイミングでタイトルの言葉をつぶやいたサクちゃん、
日記を読ませてもらっていて、絵本を読んでいるかのごとくジンワリしました。

イケメン日記も拝見させてもらいましたよ。
私ももちろん、15時からの番宣も見ました~~
イケメンパラダイスが終わってしまったのは、
本当に本当に寂しいですよね。
今回のドラマでは、本当に水嶋さんが光っていたので、
次回の作品が待ち遠しいですね♪

さ、明日はまた電王の日。
最近、桜井侑斗もお気に入りです。

投稿: ももんちゃん☆ | 2007年9月22日 (土) 15時42分

きっとりんごさんの背中からは愛のビームが出てて
サクちゃんはそれに包まれているんだと思いますよー
だからサクちゃんはいつも優しくてステキな言葉が言えるんだと思います。
そしてブログを通して、お会いしたことのないりんご一家の皆様から
私はいつも元気をもらってるんですよ!
これもりんごさんのあふれる愛のおかげかも。

「ぼくにもそのあいをください」私もぜひ読んでみます。
子供を産んでから、ますます涙腺がゆるくなった私・・・
多分号泣するだろうなぁ~

投稿: おみど | 2007年9月23日 (日) 00時11分

shiroさま、
そう、つぶやいたとき、
あっ!ここは押さえとかなきゃやばい!と思ってあわててふりむいたんですよ。
私も長子なので、なんか切なさがわかるんですよね・・・

りんずさま、
ほんとですね。
いっぱいいっぱい愛が必要なんですよね。
絵本ぜひ読んでみてください。大人もかなりいろんなことに気付かされます・・・。

ツェツェさま、
そう、サクちゃんて繊細なところがあるので、
いろいろと押さえとかないといけないところがあるんですよね。
何かの本で、愛は口に出していい(出したほうがいい)ということを読んだことがあるので、サクちゃんに対しては積極的に出していこうと思っています・・・。
このシリーズは高学年にも人気なんですね~。

ももんちゃん☆
このシリーズ、いいですよね~。

そうなんですよ、イケメンパラダイス(笑)
今日は火曜日なので寂しさを改めてかみしめていました。
桜井くんはデネブとの絡みが面白いですよね。劇場版でもよかったし、最近光ってますね(笑)

おみどさま、
私もそうなんですよ。私も子供産んでからものすご~く涙腺がゆるんでしまって、「大家族 子だくさんスペシャル」とかでも大号泣してしまうんで、家族(夫)に呆れられています・・・。
元気をもらってるだなんて・・・!私もみなさんからのコメントにいつも元気をもらっています!

投稿: りんご | 2007年9月25日 (火) 22時05分

サクちゃんと、りんごさんの豊かな感性と愛に 心 洗われている私です。

ぜひ、私も読んでみます。そしてそして、我が家の子たちの反応もみてみます。きっと、繊細な反応はないとおもうけど。

投稿: tokko | 2007年9月26日 (水) 22時26分

この記事読みながらうるうるしちゃいましたよ・・・
わたしも、そばにいた娘をおもわずぎゅう~ってしちゃいました(*^-^*)

絵本は、こどもにも大人にも大切なものをくれますね。
わたしもいつかこの本読んでみます。

投稿: ぱむ | 2007年9月26日 (水) 23時58分

tokkoさま、ぱむさま、
絵本をよんだこどもの反応を見るのって楽しいですよね。
こっちが予想してないところがうけていたり、大人が気付かなかったような細かいところにこどもが気付いていたり。
こどもにしか気付かないようなディテールまで書き込んである絵本に出会うと、おおっ!!!この作家さん、こどもの心もっててすごい!と思います。

サクちゃんなりの絵本へのヘンなこだわりもあって(笑)
表紙と裏表紙の絵が繋がっているのが好きなんですけど・・・そういうことや、サクちゃんのお気に入り絵本なども今後紹介してみようかな~とおもいました!


投稿: りんご | 2007年9月27日 (木) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 背負いモチ | トップページ | 初りんご »