« ブランニューサクちゃんデイ! | トップページ | おなかまつり »

ミラクルそうめん流し大会

夏休みに実家のいたときのこと。それはサクちゃんの何気ないひとことで始まりました。

サクちゃん:「サクちゃん、そうめん流しやってみたい~」
流しそうめん・・・そういえばテレビアニメにそんな場面があったな。

できるとしたら、実家でならできるかも。
で、お盆にサヨコに相談。

私:「サクちゃんね、そうめん流しやってみたいんだって。竹あるかなあ」
サヨコ:「あるよ。」

あるんかい!
どうやらサヨコの実家(町内)のおばあちゃんちに竹やぶがあるそうです。

と、いうことでそうめん流し大会を決行することに。わ~い!
試しに言ってみたのに、ほんとに出来るなんて嘘みたい。

早速、おばちゃんちの裏山に新しい竹を切り出しに行きます。
そうめんを食べるのに、竹から切り出しにいくところがなかなかいいでしょ。

こうして急遽、竹取隊が結成されることに。

メンバーはりんご家(パパりんご、私、サクちゃん、姫りんごちゃん)と弟一家(弟、弟嫁ちゃん、そう君、ゆう君)そしてサヨコ。

竹を目指してずんずん山へ。
Photo_12 
竹取隊、出陣。

ナタやノコなどの武器類を持ったサヨコを先頭に、おもちゃの武器をもったサクちゃん、そして丸腰ながらも堂々とした足取りのそう君が続きます。

Photo_13
きれいな青竹に狙いを定めて、かこーんかこーん。

ワサワサっ。

Photo_14

青竹を引っ張り出します。

Photo_15

ざっと枝を落として。上の方の細い部分は蕎麦猪口用に。

切り出した青竹を運びます。

Photo_16

よいしょ、よいしょ。

Photo_17

よいしょ、よいしょ。

Photo_18

軽トラに積み込んでいざ、そうめん流し大会会場(実家)へ!

パパりんごが丁寧に竹のフシのとこを外し、サイドのエッジをやすりで削ってくれました。

Photo_19

私:「わ~、そんなとこまで削ってくれたん?」

パパりんご:「だって、あいつら(子供たち)絶対に触るから危ないやろ~」

確かに。

竹をセッティングして水を流したとたんに案の定触って水遊びをする子供たち(男児)

Photo_20

さすがパパりんご。だてにワンパクな男子の父を5年もやっていませんね。

さあ~、そうめん大会開始~!

ちょうど遊びに来ていた、弟の友達一家(友達、奥さん、こども男子3人)も加わり、大人数でのそうめん流しスタートです。

しゃあああああ~。

Photo_22

いいかんじ。さあ、サクちゃんキャッチして!

Photo_23

キャッチ、しゅるっ!!
おおうまい。

Photo_21
つるつる~。

美味しい~!
そしてかなり楽しい~♪

Photo_24

大人はミョウガとネギの薬味をたっぷりといれて。
冷たい井戸水でちょうど良く冷やされたそうめんを、竹の蕎麦猪口でするするっと食べるのがたまらなく美味しい。

こ、これはいいかも。

楽しくてつられていっぱいたべちゃいました。(子供たちも)
あとで、流してないそうめんを落ち着いてテーブルで食べてみたのですが、流したほうがなぜだか断然美味しい。

いいねえ、流しそうめん。

「これは、お盆の恒例行事にしたいね」

ジイジ意外、全員マイペースなB型(パパりんごも弟嫁ちゃんも。よって当然子供たちも)という脅威のりんご一族にあって、はじめて全員の意見がばっちりと一致した瞬間でした。


それにしても・・・。
流れ星がみたいとか、そうめん流しがしたいとかいう子供の夢が、簡単にかなってしまう豊かさに改めてびっくり。田舎ってやっぱり凄いなあ。

そしてその夢を叶えるべく大人たちが一丸となって動いてるところもいいなあ。
と、りんごは思ったのでした。


そして次の日、サクちゃんのもうひとつの夏やすみの夢、「クワガタを捕まえる」も意外な方法で叶ってしまうことに。

パパりんごが蜂蜜を木につけてトラップを仕掛けたり、ジーンズに穴を開けながら林に入って木をゆすったりしても捕れなかったのに・・・

帰る日の朝のこと、
朝起きたら茶の間の電灯のくもの巣にクワガタがかかっていたのです!
自然界のトラップ、おそるべし。

こうしてサクちゃんの「クワガタを捕まえる」夢もかなってしまったというわけ。
田舎マジック・・・。

自分のふるさとだから言うわけじゃないけど・・・

山のてっぺんにあるので天候がこの町だけ違っていたりして、この町に入ってきたとたん少し空気が変わるような・・・。

ほんとうに豊かで、魔法のような土地なのです。


ありがとう、そうめん。ありがとう、竹。ありがとう、くもの巣。
そして、ありがとう、大好きなふるさと。

来年もミラクルな夏休みをよろしくね!





|

« ブランニューサクちゃんデイ! | トップページ | おなかまつり »

りんごの里便り」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

久々のコメントです。
この夏の暑さと、こどもたちのパワーに圧倒されていましたが、ようやく夏休みのゴールも、暑さのゴールもみえたことで、少し余裕を取り戻しつつあります・・・とはいえ、日中は まだまだバトルです。

流しそうめん、たのしいよね~。
私も体験者です。
こどもが 何気なく言ったことが、実現するなんてなんて贅沢・・・なんて思いながら、大人も楽しんでたりして。そして、りんごさんの言うように、同じ目的にむかって大人が汗する姿がまた美しい。
こどもにとって、じいちゃん家は ミラクルランドのようです。

田舎に帰ったとき、こどもの頃のように 夜のお散歩にでかけました。そうしたら、いましたよ、ほたるが。変わらないことの偉大さに胸がいっぱいになった出来事でした。

また、おじゃましますね。

投稿: tokko | 2007年8月31日 (金) 22時56分

以前姫りんごちゃんのアトピーのお話のときにコメントさせていただいたぱちです。

私は札幌生まれの札幌育ちで、母方の田舎もオホーツク海沿岸と道内なので、りんごさんのご実家の写真をいつも羨ましく見ていました。

何しろ北海道ですから、そもそも本州とは植生が違っているので笹はあっても竹はありません。ですから本物の笹を切って流しそうめんなんて夢のまた夢です。

母の実家も、わりと街中なので山や川で遊べるような環境ではありません。(とはいえ住宅街の一角としては、かなりの広さの庭と菜園があって、いい遊び場でしたが)

りんごさんやユキンコさんのブログを見ているといつも、自然がたっぷりで(いい意味での)田舎があって羨ましく思います。


でも、北海道もいいところです。
母の田舎は、海辺とはいえ気候的にも環境的にも泳げる海ではありませんが、海の幸はホントに豊富です。おかげで、子どもの頃からメジカ(産卵前で脂ののっているサケ)、ホタテ、ホッケ、タコ、カニ…と海産物だけは贅沢なものをいっぱい食べて育ちました。

りんごさんは北海道に来たことありますか?
もし来る機会があれば、おいしいものをいっぱい食べていってくださいね!

投稿: ぱち | 2007年9月 1日 (土) 02時53分

私も北海道に住んでいて、「ばち」さんのお母様と同じ実家がオホーツクなのです。

北海道には竹やぶがないので、うらやましいです。夏の趣に浸れるなんて!!
竹の器が素敵です☆

田舎はいいですね♪北の香りの実家も田舎で、特に夫の実家ではキツネやリス、鹿が遊びに来てくれます。(時にはクマも!)

投稿: 北の香り | 2007年9月 1日 (土) 15時58分

うわ~~~!いいな~~~!
ワタシも提案まではしたことあるんですが
「誰が節の始末すんだ?」てところで躓き、
企画倒れのままです。(竹はあるのに・・・)
パパりんごさん、マメですね!エライ!さすが!
青竹の蕎麦猪口もステキ♪

小さい頃、川遊びに行ったところで「流しそうめん」の
お店があったんです。席にについてみるとテーブルの
真ん中に最近ホームセンターでよく見かけるアレが・・・
母が素麺の塊を入れる→スーパーボールみたいに
ぐるぐる回る→すくって食べる・・・
子供心に「想像してたのとナンカ違う。」という記憶が。
やっぱ、流しそうめんは竹ですよね。

投稿: かえるのりんちゃん | 2007年9月 2日 (日) 00時48分

流しそうめんのおいしそうな写真とコメントに、
久々のコメントです。

やっぱり流しそうめんは、竹ですね~!、皆で汗を流して食べる!! 1番のおいしい調味料ですね!!
大人はこれに、青竹にいれた、日本酒などが、あれば最高に贅沢ですね。。(私は、赤ちゃんが産まれるまで、お酒が飲めないのが残念ですが、、、)
 
来年は私の所も夏の行事目標にして、がんばってみまーす!
 

 

投稿: かなかな | 2007年9月 2日 (日) 12時11分

本格的流しそうめん!
いいですね~美味しさが伝わってきそうです。

てくてくと歩いたところに、こんな大自然があることは
とっても贅沢ですね☆

ps:サクちゃんって、サウスポーですか?(^-^)

投稿: ぱむ | 2007年9月 2日 (日) 12時22分

流しそうめん、素敵ですねー
竹の蕎麦猪口に、冷たい井戸水、ネギ、ミョウガ・・・
あぁ、今すぐにそうめんが食べたくなってきました(笑)

投稿: おみど | 2007年9月 3日 (月) 00時46分

みなさんの生まれ育った場所&お母様の実家のお話、とても興味ふかく読ませていただきました!やっぱり自分のふるさとはいつだってどこだって「ミラクルランド」ですよねえ~。

tokkoさま、
たのしいですよね。流しそうめん♪
蛍、いいですね。今年の夏は蛍を見逃してしまいました。
スッゴク残念です。蛍がいるとほんと、なんか嬉しいですよね。

ぱちさま、
オホーツク!はあ~ロマンです!
へえ~、竹がないんですか!日本って広いんですね。
ホタテ、ホッケ、タコ、カニ・・・・
うわわ~宝石箱やあ♪うらやましいです。
北海道は行った事がまだないんです。いつも大好きな北海道物産展を楽しみにしてるんですが、海産物とってもうらやましい。
いってみたいなあ~♪

北の香りさま、
オホーツク、その言葉だけでロマンを感じてしまいます。
キツネ、リス、鹿、すごいです~。
生キツネとかみたら感動しちゃうかもしれない。
(野生の生鹿は、以前三重県で田舎の山奥でみたことがあるんですが、かなり神秘的で感動しました)
クマは・・・会いたくないなあ。

かえるのりんちゃんさま、
まあ~、このフシ始末を施した竹を差し上げたいくらいですが(笑)
た、たしかにあのぐるぐる回るそうめんは「なにかが違う・・・」って思いますよね。でもそれで商売しているセンスはなんとなく憎めなくて好きかも・・・。

かなかなさま、
お久しぶりです^^。赤ちゃんもう少しですか?
ああ、本当に青竹に日本酒!最高ですね。
しまった~!!!
思いつきませんでした(本気でくやしい)
来年こそは!!

あああ~ここで姫りんごちゃんが起きてしまいました。
のちほどまたコメントします~。

投稿: りんご | 2007年9月 3日 (月) 16時30分

こどもたちが寝たのでコメントです。

ぱむさま、
そうなんです。サクちゃんは左利きなんですよ。
矯正はどうしよっかな~と思ってたら、
細木和子さんがテレビで「左利きは矯正しなくていいんです」と言っていたのであっさりやめました。道具は右で使えるように指導しているので今のところ大きな不便はないのですが、ここに来てひとつ不便なことが・・・。
ライダーベルトで変身するときに、右手でカードをベルトに挿入するのですが、左利きなので入れにくいんです・・・。
変身で練習練習!

おみどさま、
美味しいですよね~。
冷たくしてミョウガたっぷり。ツユは市販の希釈タイプのものですが、普通水で薄めるところを、冷やしたかつおだしで薄めるところがサヨコ流。これが、結構いけるんですよ~。


投稿: りんご | 2007年9月 3日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブランニューサクちゃんデイ! | トップページ | おなかまつり »