« りんご柄のお絵描きスモック | トップページ | 食玩100% »

ミシン問題

ミシンが、壊れました。

もともと調子が悪く、だましだまし使っていたのですが、縫い目は汚いし糸調子は合わないし、いよいよ限界です。

ミシン修理屋さんに持っていきました。

すると、糸調子のダイヤルのとこが壊れていて、パネルを開けないと修理できないことがわかりました。修理代はなんと1万円!

1万円!!!!

このミシンは、まさかこんなに洋裁をするとは思っても見なかったころに買ったコンパクトミシン。たしか電気屋さんで\19,800とか\29,800くらいでした。

なのに修理代が1万円・・・。

洋裁が楽しくなってきたので、もう少し丈夫でいいミシンが欲しくなってきていたところでした。この際、思い切っていいミシンに買い替えたほうがいいのかも・・・。

どうせ買うなら、モーターの大きい、本格的で質実剛健なヤツがいいな。いっそのこと職業用ミシンとか・・・?いやいやそれはまだ早いか。

でもそうすると・・・このミシンはゴミになっちゃう・・・。修理すれば使えるのに。でも1万円、うう~ん・・・。

結局どうにも結論がでず、
「少し考えます・・・」と、店をあとにしました。

みなさん、こんな時どうしたらいいんでしょう?

やっぱり買い替え時ですよね?
買い替えるとしたら、どんな機種のどんなミシンがお薦めでしょうか?
前のミシンはどうすれば・・・?
みなさんはどんなミシンを使われていますか?
メンテナンス方法は?

洋裁暦一年。
はじめてのミシン問題直面の私に、どうか、教えてくださ~い!!!

|

« りんご柄のお絵描きスモック | トップページ | 食玩100% »

「おうちで洋裁レッスン」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

私は1万円で買った足踏みミシンを使っています。今までに修理を1回、5000円でしました。田舎にあったものを一人暮らしする今の場所に送ったので送料が5000円くらい。今後も修理し続けていく予定なので、買った値段以上のコストをかけていくことになるかなあ。

さて、家庭用ミシンの修理に1万円。確かに高いね。高いけど、もしかしたら今回の修理でさらに数年使い続けられるなら、今新しいのを買うのを控えても修理1万は高くないような気がしました。5万円くらいのを買っても、本気で洋裁をするようになるとさらによいものがほしくなったりしてしまうので、「これがいい!」というものにすぐ出会えそうになければ、ゆっくり探しつつひとまず今は修理もありかしら。

私はテープレコーダーのウォークマンを知人が捨てるというので、もらって修理に出したら1万円くらいかかりました。このご時世にまだテープレコーダーをと言われそうだけど…。あと、人からもらった古い時計を修理したらやっぱり7000円かかったの。今でも時々、アイポッドは軽くていいなーとか、新しい時計の1つでもあったらいいなと思う時もあるんだけど、なんとなく手がでない。性格かなあ。笑 

投稿: ユキンコ | 2007年6月16日 (土) 18時15分

ミシン問題。
まだミシンを持ってない私も興味津々です。
とりあえず売り場で一番安いミシンを買って、ある程度使えるようになるべきか、最初からそこそこのミシンを手に入れるべきなのか。
子どもの入園までには嫌でも買わなきゃな~と思っていたのですが、入園予定の園では必ずしも手作りである必要はないらしくて・・・。(最悪、ミシンの上手な友達に頼もうと思ってました)
でもお遊戯会の衣装作りとかあったら、やっぱりミシンは必要になるだろうし・・・。
ミシンにものすごい苦手意識がある反面、りんごさんやユキンコさんのブログを読んでいると、ミシンが使えたらどんなに手作りの幅が広がるんだろう?という見果てぬ夢を見てしまったり。
値段も機能もピンキリなだけに、悩み出すときりがありませんよね、ミシンって。


投稿: ひまわり | 2007年6月17日 (日) 01時56分

職業用ミシンは、基本的に直線縫いしかできませんよ。
(パワーとスピードは全然違う!)
水平と垂直の釜の違いもあるので、使い慣れるまでは厳しいかも知れません。
私が購入したものは、10年以上前でしたが。
学生協で買ってもOver7万でした。参考までに。

投稿: D | 2007年6月17日 (日) 18時31分

わたしが使っているミシンは、ひとり暮らしをするときに母が持たせてくれた電動足踏みミシンです。
正確な金額は分かりませんが、(母に聞いたら分かると思いますが、高校を卒業した頃なので古いです)今まで一度も調子が悪くなったことがありません。かなり乱暴に使ったこともありますが、びくともしません。
今後壊れても修理して使えるのであれば、ずっと使い続けたいと今は思っています。

投稿: ゆ | 2007年6月17日 (日) 23時28分

どんな機能が欲しいかによって、それぞれ選ぶモノが
違うかと思いますが、コレ買って失敗だったかも・・・て
いう例として、ワタシの場合。

3年前、「ジャガー」の2万円台のモノをインターネットで
購入しました。ゲームボーイに接続して、ちょっとした絵柄や
お名前も自動で縫えるタイプで、古いモデルの在庫処分
だったのか、安かったんです。
てことは、壊れたら部品がない、かもしれない。
まだ壊れてませんが。ドキドキです。

一時期、問題になった、悪徳セールスにも注意が必要です。
チラシを見て、電話した事があるんですが、
数台のミシン(大手メーカーのちゃんとした物ですが)を
自宅まで持って来て
「2万やそっこらのミシン(目玉の商品)はもって5年、
こちらのミシンは小学校の授業でも使われている」とか
「これならパソコンに繋げて写真を取り込み、自動で刺繍も
できる」等延々とセールストーク。

女性のセールスで言い方は柔らかでしたが、ローンの
申し込み用紙まで用意してくるんです。断るのに一苦労でした。

後で情報番組のなかで取り上げられててびっくり。
修理の無料サービスを利用したら、「部品代」で
3万~5万とられたとか。強引なセールスも問題になりました。

名前をかえて、存続してるようなので、注意して下さい。
(ゴメンナサイ、あんまり気持ちのいい話ではないですね。)

投稿: かえるのりんちゃん | 2007年6月18日 (月) 06時34分

初心者の私もみなさんのコメントを見てとっても勉強になりました!!
私のミシンはオークションで1万円くらいで落札したものですが、今のところは壊れずにいてくれます。
確かに修理代が1万円ともなると考えてしまいますよね~。
私だったら1万円位で買ったミシンなので、買い換えちゃうな~??
母がよく言いますが、足踏みミシンは壊れない!!ってホントですね~。直線縫いしか出来なくても壊れないってのはありがたいですね。

投稿: おかん | 2007年6月18日 (月) 10時32分

わ~!たくさんご意見ありがとうございます!参考になりました。
そう考えると、昔のものは、「修理して長く使うことを前提に考えられていて丈夫で壊れにくい」今のものは、「壊れたら買い替えることを前提に作られた消耗品で、修理する人が少なく、修理代が高い」ってことですよね~。ミシンで今の時代の問題点まで見えてきそうで、深いですよねえ・・・。

で、いろいろ考えて、今の時代の問題点に一人で立ち向かうためにも(?)修理することを決意!しました。

ユキンコちゃん、
そういうところが好きよ~。私も修理する決意がでました。

ひまわりさん、
私もほんの一年前までは「ミシンに苦手意識」のほうにいましたよ(笑)でも今では、すっかりこの通り。楽しいです。

Dさん、
なんとなくなんの知識もないままに「職業ミシン」と書きましたが、そんな違いがあるものなんですねぇ!!パワーとスピード、つかいこなすまでに時間、というのを聞いて、なんとなく「荒馬を乗りこなす自分」を想像してしまい、職業用ミシンにロマンを感じてしまったワタシ・・・。

ゆさん、
そういうのが、いいんですよねぇ!しかも母が持たせてくれたっていうのが素晴らしいですね。ワタシもそんな運命のミシン(?)にめぐり合いたいなあ!

かえるのりんちゃんさん、
ひええ~~~!怖いですね。
セールスとか苦手なんで、どきどきします・・・。
教えてくださってありがとうございます。気をつけなくっちゃ!

おかんさん、
一万円は、正直痛いですよね~。
足踏みミシンは壊れないんだあ!そういうのが欲しいなあ。

結論。
一万円は痛いけど、この現代の過剰な消費社会に(たったひとりで)対抗するためにも修理します!
そして、「質実剛健で、壊れにくく、最初はなれなくてもだんだん乗りこなせていける荒馬のような、頼れる相棒のような運命のミシン」に出会うまで、じっくり検討していこうと思います!!!
ありがとうございました~。

投稿: りんご | 2007年6月18日 (月) 11時12分

私は、出産後、ハンドメイドの時間が取れるようになってから購入しました。確か、3万弱だったと思います。
実家では、足踏みミシンだったので、直線縫いしか出来ず、縫い代の始末とかボタンホールとかができなかったので、自分に何が必要かを考えて購入しました。
ジグザクとかボタンホール以外にも、簡単糸通し機能やフットコントローラー、ロックカッターがついているものにしました。
フットコントローラーは、ずっと両手が使えるし、ロックカッターは、縫い代の始末しか出来ませんがきれいに始末が出来て満足しています。
もっとお金をだせば、モーターの力があったり、自動糸きりやボタンをセットすればボタンホールが自動で出来たり、上等な機能がついていると思いますが、自分が必要かどうかを考えて購入して使いこなせばいいんじゃないでしょうか?

投稿: かのん | 2007年6月18日 (月) 11時26分

かのんさん、
そうですね。今のミシンを使って、もっといろいろなものを作ってみて、「この機能はいる」「この機能はべつにいらない」と自分で見極めてから買えばいいんですね~。
フットコントローラーは欲しいなあ。今のミシンにはないんですよ。マチ針を取りながら縫うときにボタン式だとちょっと不便なんですよね~。
参考になりました~。

投稿: りんご | 2007年6月18日 (月) 12時13分

ユキンコさんのブログからやってきました。
で、いろいろ読ませていただいてます♪
>マチ針を取りながら縫うときにボタン式だとちょっと不便なんですよね~。

とのことですが、もしかして、待ち針を一本一本ぬきながらミシンをかけてらっしゃるんでしょうか?
中学校の時に、待ち針は抜かずにミシン掛できるのだと私は習ったんですけれど・・・。
コツは、縫い線に対して直角!!!に待ち針を打つのです!
そうすると縫い針が勝手に待ち針を滑って行くのです。
たまぁ~に『バキッ』って音がする時がありますが、間違いなくそのときには斜めに打った待ち針があるときですね。(苦笑)
まがった待ち針はちゃんと針供養してあげてください(笑)

投稿: みっちー | 2008年4月10日 (木) 09時17分

みっちーさま、

そうなんですね。縫い目に直角!ですね。
最近はマチ針をつけたまま縫っているのですがやっぱりときどきバキっといってたんです。ナナメだったからなんですねえ~。

わたしがマチ針を外しながら縫うのはもうひとつ理由があって・・・笑わないでくださいね(笑)
実はマチ針がささりそうでちょっとこわかったりして・・・。

針供養ってどうやったらいいんでしょうか?ご存知でしたら教えてください!

投稿: りんご | 2008年4月19日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« りんご柄のお絵描きスモック | トップページ | 食玩100% »