« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

愛と笑いの病院日誌 その2

姫りんごちゃんは両手で手遊びをしたり、右手の親指をなめなめするのが大好き。

でも、点滴で大好きな右手の親指が隠れてしまってさあ大変!
添え木がついたまま、果敢にもなめなめに挑戦しますが、できない!

試しに、左手をなめなめしてみました。

口に運ぶと・・・おえっ!

なんで~?左手だと味が違うのかしら?

Photo_7

そうこうしているうちに、入院も4日目に突入。

何かをあきらめ、何かを学んだ姫りんごちゃんは、入院4日目にして左手をなめ始めたのです・・・。

Photo_8

そして退院前日。
順調に回復した姫りんごちゃんは点滴が外されて、大好きな右手と再会できました!

「え?あ・・・右手だ!」
というような表情で自分の手を確認する姫りんごちゃん。

「私のかわいい右手ちゃん♪」
不思議の国のアリスみたいに再会できて、よかったね。


姫りんごちゃんが右手に再会できた退院前日。
病魔は私の体にしのびよってきていたのでした・・・。

つづく!

| | コメント (8)

愛と笑いの病院日誌 その1

さて、遡ること二週間前の金曜日のこと。姫りんごちゃんの発熱の原因はインフルエンザではないことがわかったことまで書いてそのまま音信普通になっておりました。

その後に起こった怒涛のような闘病の日々・・・。ダイジェストで振り返ってみたいと思います。

インフルエンザは陰性。じゃあこの高熱はなに?ってことになり、血液検査、尿検査を行った姫りんごちゃん。

すると、細菌感染の数値が高く、白血球値が高くなっていることのこと。即刻、大きな病院での検査入院を勧められました。

え~~~~・・・入院。
まさかそんなことになるとは思いもよらず・・・。

タクシーで指示された大きな病院の緊急外来へ。そこでしばらく待って、病室へ案内されました。
姫りんごちゃんはすぐに点滴のために処置室へ。姿は見えなくともあきらかにそれとわかる大きな泣き声・・・・。

点滴の管に繋がった姫りんごが病室に帰ってきて、泣きつかれて眠ってしまってからふと、「なんで私はここにいるんだろう」と考えました。

今朝から指示されるまま、じゃ次はここへ、次はこの病院へ、次はこのベンチで待っていてください。ということの繰り返しにハイハイと付いていくだけだった私。今、何が起こっているのか、どうしてこんなことになったのかそういうことを考える時間さえ与えられず、頭がぼーっとしていたのです。

・・・・なんでこんなことに?

高熱の原因は、尿路感染症ではないかということでした。
細菌が姫りんごちゃんの小さな体に入り込んで、炎症を起こしているらしいのです。

私は先生に、
「私が何か、不注意だったりとか、何かやり方が良くなかったということなんでしょうか?」
と聞かずにはおられませんでした。

そういうことではないと・・。体の抵抗力が落ちている時なら、ふだんなら何ともないような菌でも、炎症の原因になったりすることはあるそうなのです。姫りんごちゃんは今回の熱の数日前に軽い発熱を起こしています。そのことも影響していたのかもしれません。

・・・・考えたらキリがないとはいえ、小さいからだに点滴の管が繋がり、包帯が巻かれている姿を見ると、胸が痛みます・・・。

加えて、乾燥した病室、病室内は飲食、携帯禁止でトイレは病室の外。狭くて硬い付き添いベッド・・・。

姫りんごが寝たあとで、ため息をつきながら休憩室にいると、同じく入院中の子供の付き添いらしいお母さんが、話しかけてきてくれました。休憩室の使い方を教えてもらったのです。「自由にこれも使っていいんだよ」と笑って。

お母さんの雰囲気と、病室の様子から、とても長い期間入院されていることがわかりました。それでもとても明るく、おおらかなお母さん。

そうだよなあ、お母さんはどんな時にもひまわりのように笑っていなくっちゃ。よしっ!

不平を言い始めたらキリがない。不安もそう・・・。それよりそんな病院生活の中にもある小さな「笑い」や「癒し」に目を向けよう。

こんな今だから笑っていよう。だって私は「お母さん」なんだもん。

というわけで、多少唐突ではありますが、入院生活の「笑える癒しベスト3」の発表です。

入院中にそのへんにあったメモに走り書きしたものです。(誤字脱字お許しください)

Photo_3

第3位。

友人ユキンコちゃんの父、ひろちゃんの新作。

携帯メールでユキンコ父、ひろちゃんの最新作品が届きました。凄いシュールさです。シュール過ぎて笑えます。こっそり病室で携帯をひらき、何度も何度も見ました。そしてほんとに病室で声をころして笑ってしまいました。


第2位。

夫の手づくり弁当。
Photo_4
携帯に、「弁当ありマス」とのメッセージ。どこかで買ってきてくれるのかな・・・と思いきや、手作り弁当でした。

でも・・・。おかずはお惣菜屋の焼き鳥の串を抜いたものがごろごろっ!と入っているだけ。ご飯はかたよっています。それでも、ご飯に乗せられた海苔や梅干にほんのり愛情を感じ、夫が台所で焼き鳥の串を抜いている姿を想像すると、なんだかププッ!と笑えてくるのです。

そして、二作品以降は明らかな進歩を見せた愛夫弁当でした。


第1位。

なんと言ってもサクちゃん。サクちゃんの声と笑顔が一番!
時おり電話で話すサクちゃんの声は、いつもよりなんだか余計に幼く聞こえました。

でも、すぐに電話を切ろうとしたり、他の人へ替わろうとするのは、彼が彼なりにお兄ちゃんらしく意地を張って頑張ってくれている証拠。

今回のことでぐっとお兄ちゃんに成長したサクちゃんです。


番外編1。

777
Photo_5 
売店で買い物をしたら合計金額が \777
こんなところで運を使ってどうすんの、私。

番外編2。

付き添いベッドで見る夢は・・・。

Photo_6

付き添いベッドで見る夢は、頑張っている私への、ささやかな贈り物でした・・・・。

| | コメント (10)

ただいま

やっとここに、戻ってくることができました。長く、辛い旅でした(涙)

ブログの更新と、みなさんのコメントを毎日とても楽しみにしていたので、またここに戻ってこれて嬉しい。でも長居は禁物です。と、いうのも、いつまた熱があがるかわからない状態なので・・・。

そうです。姫りんごちゃんが退院できるとわかったその日、当然というか無理もないといったかんじで、とうとう私も発熱しました。

でもこの私の発熱がクセモノだったのです。

なんの前触れもなくいきなりの高熱。関節の痛み。特に腰と背中が痛い。

当然インフルエンザを疑いました。検査は陰性。でも症状がもろインフルエンザなので病院に行き、授乳していても飲める弱めのお薬を頂いてやすんでいたんです。

効き目の弱いお薬では39度台の高熱が下がらず、三日間苦しみ抜きました。尿も一日以上まったく出なくなり、ふらふらになってこりゃあいかんと病院を再診。

ひどい脱水症状でした。点滴の間再検査をしたらやはりインフルエンザは陰性。そして血液検査と尿検査で数値に異常があって、しかし内科では授乳との関係がわからないからと婦人科に相談してくださいとのこと・・・。

結局、姫りんごちゃんを産んだ産婦人科病院で、三日間入院をしていていたのです。

・・・どうも、腎盂炎だったようです・・・。

あとから考えると、姫の入院の6日間、トイレは病室の外で、姫がぐっすり寝るまではトイレにも行けず、硬くて狭い付き添いベッドと薄い毛布で仮眠を取る・・・・。こんな生活してたら無理もないか。

辛くて長い闘病生活?でしたが、そんななかでも笑いや癒しはありました。

それに!ちょっとだけいいこともありました。

体重が激減!4キロ減です。

産後なかなか落ちなかった元の体重までのあと3キロ!

それが、ちょっと息子のインフルエンザの看病をしたあと、赤ちゃんが発熱して付き添い入院し、ぐずる赤子を一晩中抱いたり簡易ベッドで寝たりして今度は自分が病気になり、5日間高熱で苦しんで入院するだけでなんとあっさり4キロも落ちるなんて!!!!(←もうヤケです笑)

そしてその4キロがいったいどこへ行ったかといいますと・・・

ちゅど~ん

2007_03270039

そう、こちらに来ています。

入院前よりあきらかに太ってほんの数日前まで病院にいたとは思えない太りっぷり。

なんでも、どんなに母の体が熱が出ようと尿が出なくなって脱水症状でふらふらになろうとも、オッパイの作られる量は変わらないのだとか・・・・

おおおおおそろしい・・・。

ニンゲンって、こどもを生かすように出来ているのですねぇ。感動。

さて、病気の話題ばかりであれですが、そんな闘病生活のなかにもなかなか笑いはあるもので、そういう話をちょっと、少しずつさせてもらえたらなあっておもっています。

ぼちぼち、やります。

みなさま、ご心配かけました。

夫から「みんな心配してたよ」っていうのを聞いてどんなに心強かったことか。

またよろしくおねがいしま~す。

| | コメント (4)

ピンチヒッター パパりんご

りんごからブログ更新の依頼を受けたパパりんごです。

以下りんごからのメッセージ。

「結局、姫りんごちゃんが入院することになってしまいました。でももう快方に向かっています。私も「愛夫弁当」とサクちゃんの笑顔とドリンク剤を糧に頑張っています。入院生活の中にもネタ満載です。退院次第更新いたしますのでまた寄ってくださいね!」

いずれりんごが「愛夫弁当」なるものをここで、得意のイラストつきで更新しようとしているのかと思うと、その出来ばえを知っている本人だからこそ、何とか阻止したい気持ちでいっぱいですが、今は姫りんごの退院が大切ですのでそうもいってはいられません。

サクちゃんのためにも、りんごにも、姫りんごにも早くお家に戻ってきてもらわないと。。つきなみな言葉ですが、こんなときに一番大切なものが何なのかがはっきりするものですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

発熱リレー

恐れていたことが起こってしまいました・・・。

姫りんごちゃん発熱。

明け方の授乳のとき、口の中が熱いのですぐにわかりました。こんなとき、オッパイって便利です。計るたびに微妙に誤差のあるデジタル式体温計よりよっぽど頼りになります。

って、感心してる場合ではありません。

受診すると、インフルエンザではありませんでしたが、発熱から6時間以内だと結果がでないときもあるそう・・・。

熱が下がらなければ再診です。一応熱さましをもらって安静にしているところです。

それにしても・・・あっちが治ればこんどはこっち。

仲良し兄妹の恐怖の発熱リレー・・・。

どうか私に潜伏していませんように。

夫が、

「病は気から!気合入れろ!」と言っていました。

気合気合!!!

| | コメント (5)

バースデイサプライズ騒動

日曜日は夫の誕生日でした。家族で和やかに休日の誕生日を過ごすはずが、まさかこんなことになるなんて・・・。

誕生日プレゼントは、もうクリスマスとバレンタインと一緒に(一緒にしすぎ?)渡してあったのですが、当日も何かサプライズが欲しいところ。

なので、サクちゃんと一緒にないしょでプレゼントを用意することにしました。

そうだ、サクちゃんの絵をプレゼントしよう。
誕生日の前日、お父さんのいない時にお絵かきをします。

床にビニールシートを広げてアクリル絵の具で思いっきりお絵かき。
のびのびお絵かきが大好きなサクちゃん。

「筆はこれにする。最初はこの色。」

Photo_292

筆選び、色選びともにいつも的確なサクちゃん。
はじめ赤で、黄色をまぜていきながらぐいぐい描きます。
Photo_293

なんだかわかりませんが、ミロっぽい大胆なタッチです。
Photo_294
う~ん、アートだね。

そしておもむろに、なにやらもにょもにょっと模様を描いています。
「これ字やで。お・と・う・さ・ん、た・ん・じょ・お・び・お・め・で・と・う」
Photo_295
ここに“おとうさん、たんじょうびおめでとう”と、書いてあります。

Photo_296
できました。

いつもなら、もっともっと描きたいというサクちゃんが今日はさっと終わりました。
ん~?調子悪いのかな・・・気のせいか。

夫が帰ってきました。ばれないように片付けたので大丈夫。当日まではないしょないしょ。

サクちゃん;「おとうさ~ん、誕生日のプレゼントが二階にあんねんで~」
おいおい、サクちゃ~ん。あっさりばらしてるし!

私;「明日だよ!明日の朝起きたら誕生日おめでとうって言って渡そうね」

と言っていた前日の夜。サクちゃんが急に発熱。38度8分もあります!
ひえ~っ。
でもとりあえず、ひえぴたを貼ったら眠ってしまったので、その晩は様子を見ることに。

次の日の朝。誕生日当日です。
まだ熱があるのにおきてすぐ、
「おとうさん、たんじょうびおめでとう!!!」と忘れずに言っていたサクちゃん!
なんと、健気な。

そして一緒にプレゼントを渡しましたよ!

サクちゃんの絵をベースに、お父さんと一緒にいるこども達の写真を選んでコラージュして見ました。

Photo_298 
サクちゃんの書いた字にも写真をコラージュして、翻訳を入れます。
ゴールドの額縁に入れたら素敵になりました。

一緒に飾ってもらおうと、サクちゃんの写真と姫りんごちゃんの写真の額もプレゼント。
Photo_300
とっても喜んでくれました!!


さて、サクちゃんの熱です。少し下がっていますがまだ37度台です。今日は休日。薬はなし。
でもなんだか様子がいつもと違う。いつもは熱があっても騒いだりはしゃいだりしているのに今日はそれがない。

電話で休日診察の相談をすると、診察をしている病院を教えてくれました。でも30人待ち!

夫;「30人やで。ただの風邪やと思うから病院は明日行ってほしいけどなあ。なんか待ってるだけで病気になりそうやろ。休日に行くまでもないんちゃうか。」

私;「でも薬もないし・・・」
なんかいつもと様子が違うんだもん・・・。

しぶしぶながらも、やっぱり行ってもらいました。
夫からメール。

「インフルエンザです・・・・」

ガーン!!!!!


それからが大変!全員マスク着用。姫りんごちゃんを隔離。おかゆを作ったり、薬を飲ませたり、冷やしてやったり・・・。

せっかくの誕生日なのに、結局一日中看病に明け暮れておりました。

「はあ、なんかがっくりや。せっかくサクちゃんと遊ぼうと思ってたのに」
と、うなだれる夫。

そんな、すっかりしょげちゃった可哀想な夫に、ちょっといつもより贅沢な豆の珈琲を淹れてあげました。
トアルコトラジャ。

「でも、あの額は嬉しかったな」

よかったね。少しでもいいことがあって。

いろいろな大きさの額縁に家族の写真を飾るのは、イギリスの家庭的なB&Bなどでよく見かけていて、一度まねしてみたかったんです。
形や大きさはいろいろでも、額縁の色をゴールド系にしたので統一感がでました。

さっそく壁に飾ってくれました。
これからこの壁にだんだん家族の写真を増やしていこうと思います。


そ、それにしても!!!

インフルエンザ!!!早く良くなって~!
というわけで今日も看病の一日でした。(たぶん明日も。ハア・・・)

姫りんごちゃんを近づけないようにしながら、病気で甘えん坊でわがままになっているサクちゃんと一日家に閉じこもっているのはなかなか辛いものが・・・。


サクちゃんが一言。

「お父さんのたんじょうび、ぼろぼろやったな」

おっ、おまえが言うなあ~!!!!

いいから早く良くなって~!!!

| | コメント (8)

寝返りへの道

6ヶ月を過ぎてもなかなか寝返りをしない姫りんごちゃん。

今日もお兄ちゃんと特訓です。
2007_03120039
うんしょうんしょ。

それでも以前よりはずいぶん頭も足も持ち上がっています。
ずいぶん反り返っています。

「こうするんだよ」お兄ちゃんがお手本を見せてくれます。

Oniicyannto

わかってるんだけどね!あたちは運動がキライなの!

お兄ちゃん、飽きたのか仮面ライダーで遊び始めました。
Sasodotokono 
はあはあ言ってる姫りんごちゃんを見て、
「もう明日にしたら~」
だって。

じゃあ今日のところはこの辺で。

Negaeri_henomichi

抱き起こしてやると、姫りんごちゃんたら、
「はあ」
と、大きなため息。

それがほんとに、
「はあ、やっと終わった」「はあ、疲れた」の、「はあ」だったのでちょっと笑ってしまいました。

Haa
はあ。

| | コメント (5)

ピエール直伝 リルビットレモンパン

仲良しの友人のダーリンはフランス人。その名もピエールさん。

最初フランス人と聞いて、すごくどきどきしましたが、お家にお招きしてお会いしてみると、マジックが得意でユーモアたっぷりな、とっ~てもいい人!

今日はピエールさんに教えてもらったパンのレシピを紹介します。
2007_02220105
ピエールさんは禅、畳、作務衣が好きな大の日本びいき。
でも食へのこだわりはさすがにフランス人です。

お家にお招きした時に、夫が作ったパン(と、いっても材料を入れるだけのパン焼き機製)を振舞うと、

「塩をもう少しきつめに、あとリルビットレモンを入れると美味しいよ」(注;共通の言語が英語のため、一応英語です。難しいところは友人が通訳してくれます。リルビットとは A  LITTLE  BIT のことかな。)

と、アドバイスをくれました。

それは試してみなくっちゃ!

早速リルビットレモンパンに挑戦。

粉やそのほかの材料は通常通り、塩をきもち強めに。
あと、リルビットレモン(レモン少々)って、どれくらいかなあ。

レモン半分の果汁をきゅ~っと絞って、国産レモンを良く洗って皮をすりおろして加えてみます。

海外の料理番組とか見ていたら、よく柑橘類の皮をすりおろして料理に入れていますよね。あんまり日本ではしないけど、やってみたらこれが気持ちいいんですよ!

普段しない行為だけに、ちょっと外国人気分で!
マーサスチュワートとかジェイミーとかナイジェラとかの気分!!!
お~う新鮮。

♪リルビットレモン、リルビットレモン、おいしくな~れ♪
リルビットレモン♪って、ちょっと呪文みたい。

パン焼き機にセットして完成を待ちます。

香ばしいパンの匂いにいつもと違うレモンの香りが!
こりゃ、いいかも。期待できそう。
Photo_287 
こんがり完成!!!!
う~ん、いいかおり。

切ってみます。

ほかほか~。
湯気とともにかぐわしいレモンの香りがあたりに広がります。
Photo_288
レモンの湯気でまっしろ。
ほわわ~。

ちょっと味見。
う、うまい!ピエール最高!

ちょっとのつもりが・・・
ぱくぱくぺろり。

サクちゃんもぱくぱくぺろり。
Photo_289
おいておくと、
Photo_290
あっという間に
Photo_291
なくなりました!!!!

美味しかった!!!

ありがとうピエール!こんどはピエールの料理もご馳走になりたいな。
でも、ピエールさん、一回の料理でバター一箱消費しちゃうんだって・・・。

食べてみたいような・・・そうでないような・・・。
でも、レモン以上に外国気分に浸れるのは確かかも知れません。

| | コメント (6)

お雛祭りのお茶会

姫りんごちゃんの初節句にちなんで、私のお友達二人を招いて「お雛祭り」がテーマのお茶会を開きました。
Photo_279
こんな風に、時々お友達と「薔薇のお茶会」「林檎のお茶会」などと、乙女なテーマのお茶会を開いているのです。

そんな時、我が家の男ども(夫とサクちゃん)はどうするか・・・。
当然、「つきあいきれんわ~」と、二人でお出かけです。

お友達二人、私、そして姫りんごちゃん、女の子だけの雛祭りパーティのはじまりはじまり~。

Photo_280
まずはお友達が持ってきてくれた「もものワイン」で乾杯!
苺の苗もお土産に持ってきてくれました。
Photo_281
う~ん、雛祭りっぽい。
授乳中ですが私もワインをちょっと頂いちゃいました。ひさびさで美味しかった~。

お料理は、なんとなくひな祭りっぽい食材を使って(でもちょっとイタリアンテイストの)「菜の花のパスタ」と「ハマグリのミネストローネ」を作りました。

お菓子作りが得意なお友達の愛子ちゃんがデザート担当です。
Photo_282
こんなに素敵な「雛祭りロールケーキ」を作ってきてくれました。
Photo_283
クリームは苺でピンク色、ケーキは抹茶でほんのりグリーン。
ピンクとグリーンの組み合わせが雛祭りっぽくてさすがです。

Photo_284

愛子ちゃんは、テーマに合わせてお洋服もピンクとグリーン!
Photo_285
あ、髪留めも!そしてメイクもピンク&グリーン!!!
う~ん、素晴らしい!!

姫りんごちゃんもフリフリお洋服でちょっとだけ女の子っぽくおめかししましたよ。
Photo_286 
桃のワインに苺のお土産に、ピンク色のロールケーキ。
普段は息子と一緒になってゲキレンジャーだの仮面ライダーだの言っている私ですが、たまにはこんな乙女気分にどっぷりと浸りたい時もあるわけで・・・。

大満足のお雛まつりパーティでした!

さて、お出かけしていた男子たちが帰ってきましたよ。さあ、どうなるか・・・。

ハイ、当然。

友人二人は最終的にサクちゃんの仮面ライダーカード遊びに付き合わされる羽目になってしまったのでした・・・。


| | コメント (5)

ゲキ弁

月に一度の園のお弁当日。サクちゃんは卵アレルギーなので、お弁当に「卵焼き」は入れられません。

小さい頃、お弁当の卵焼きを楽しみにしていたワタシから考えると、それはちょっとさみしいかんじ・・・。

しかし!

こんな所でさみしがっていてはお母さん業はつとまりません!卵焼きなんか入っていなくたって、楽しくてお友達に自慢できる弁当を作るのです!!!

要は見た目です。

この時ばかりはキャラクターものの力をふんだんに借ります(笑)

最近は、キャラクターものの加工食品でも、ツナギに卵を使っていないものや、保存料などの食品添加物の少ないものがぐんと増えてきたように思います。

それだけアレルギーの子が増えているってことなのかも知れないけれど・・・。

というわけで今回は「ゲキレンジャーウインナー」を使って、「ゲキレンジャー弁当」を作ることにします。ウィンナーの袋についていた写真を参考に、ケチャップライスにのりをちょきちょきして、ゲキレッドを作っていきます。
Photo_278
できた~!!!!

見た目重視の「ゲキ弁」完成です!
Gekibenn
さあ、お友達に見せびらかしちゃってきてね!

サクちゃんにちょっとだけ見せてやると、
「これなに?」
と、意外とクールな反応。

「何ってゲキレッドやん!!!」
「あ、そっか。」

わかってくれたサクちゃん、
「今日は、お弁当もゲキレンジャーやから服もゲキレンジャー着て行く!」
と、おおはりきり!!
2007_02120095_1 
その、テーマ性を重視するところは親譲りかもね・・・。
けっこうけっこう(笑)

「ゲキ弁」持って行ってらっしゃ~い!!!!

| | コメント (3)

たくはいりんご

夫が図書館で借りてきてくれた絵本です。はしれ!たくはいびん

1

夫は休みの日にサクちゃんと区の図書館にでかけ、あれこれ絵本を借りてきてくれます。時々は私向けの本も。

自分とは絵本や本のセレクトが違うので、発見があってこれがなかなかオモシロイ。
「自分ではなく誰かに本を選んできてもらう」ってけっこう面白いですよ。
ちょっとしたサプライズが楽しめます。

そうそう、それで今日は、「はしれ!たくはいびん」という絵本のおはなし。

田舎のおじいちゃんとおばあちゃんが出した荷物が、「たくはいびん」で届けられるまでのお話しなのですが、
この荷物が、なんと「りんご」なのです。

私;「これ、りんごじゃない!」
夫;「そう。それで借りてきたみた」

やるなあ~、夫。

Photo_273

冒頭は、こんな文ではじまります。

きたぐにの おじいちゃんりんごばたけで、りんごが たくさん とれました。
「ことしの りんごも あまくて おいしいぞ。」
「まちの まごたちに おくって やりましょうよ。」
おばあちゃんが、 りんごを はこに つめました。

もう、これだけで私の心はきゅっとつかまれました。

そして、りんごの箱がいろんな配送センターを経て、ぼくのところに届くまでのお話しなのですが、配送センターの中でどこにりんごの箱があるか探すのがまた楽しくて、サクちゃんもお気に入りです。

Photo_275 

きたぐにの りんごばたけから
ながい たびをして やってきた りんごです。
おいしい おいしい りんごです。

Photo_276

読み終わったら、
「りんご食べたくなっちゃった~」
と、サクちゃんが言うので、りんごがだいぶ減りました。(まだありますが・・・。)

さてさてこの本を読んで数日後の夕食時のことです。

サクちゃんの夕食は、仕切りがあるプレートタイプのお皿に盛り付けているのですが、仕切りのうちのワンコーナーを埋めるものがなかった時に、りんごを盛り付けています。

でもこうすると、まず間違いなくサクちゃんはりんごからぱくっ!っと食べてしまいます。

「りんごはあと!ご飯を先に食べなさいよ~!!」
と、注意すると・・・・。

「だあってえ~、じいじとばあばが送ってくれたから~」
と、チラっとこっちを見て、ニヤリ。

Photo_277

や、やられた~!!!
またしてもやるなあ、サクちゃん・・・。
情に訴えかけて、それ以上怒られないようにするなんて。

確かにおいしいから、先にぱくっと食べたくなっちゃうんだよね。

だって・・・・

「きたぐにの りんごばたけから
ながい たびをして やってきたりんご」なんだもんね!

はしれ!たくはいびん Book はしれ!たくはいびん

著者:竹下 文子,鈴木 まもる
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3)

土の匂いとお日さまセラピー

なぜだかむしょうにお庭に花が欲しくなってたまらなくなり、花苗を買ってきて植えました。

サクちゃんが「黄色のお花がいい」
と言ったので、しぶしぶ(笑・私はピンクが良かった)レモンイエローと白系のお花を選んで植えてみました。

2007_03040001


と、言っても・・・先日の熱のせいか、しゃがんでいたらめまいが・・・。
おまけに土を掘り返していると、眠っていたなにかの幼虫がこんにちは。

きゃ~~!!!お、起こしてごめんなさい・・・。
虫が苦手な私は、ついつい植え方が浅く、適当になってしまいました。

というわけで植え付けは夫にバトンタッチ。
ちっとも使えない私はコーヒー係になりました。

夫がていねいに植え替えてくれました。
Photo_271
縁側でコーヒーを飲みながら植え(てもらっ)た花を眺めます。
我が家には、庭に面した掃きだし窓の外に、縁側サイズの小さなウッドデッキがあるのです。

子供達は珍しく同時にお昼寝をしています。
庭と縁側とコーヒー。
う~ん、なんというしあわせな取り合わせ。

日が長くなって、夕方でもまだあたりは明るく、
庭を掘り返したせいで、あたりに土の匂いがぷんとします。

あ、春の匂いだ。

心が土の匂いを確かめて、
やっと私の中にもちゃんと「春」がやってきたみたいです。

もしかしたら私、最近ちょっとだけ心が疲れていたのかもしれないな・・・。
土の匂いを嗅いではじめて、そのことに気付きました。

3月4日の日記「春の便り」にも書きましたが、子供達と私の体調が優れない日が続いていました。
体がしんどいと、こどもの将来に対する漠然とした不安とか、考えなくてもいいようなことまで、もやもや~っと考えてしまったりして、心がどうもお疲れ気味だったようです。

土を触って、土の匂いを嗅いだら、かなりバランスが良くなったような気がします。
土ってすごいな~。
やけに花が欲しいと思ったのは、これだったのかな。

そういえば夫も、仕事でもやもや~っとしていた時に、縁側で日光浴をしながら寝てみたらバランスが良くなったというようなことを言っていました。

お日さまも、すごい。

土の匂いとかお日さまの暖かさとか。
けっこうそういう原始的な感覚が、もやもや~っとした心をきゅっきゅっと磨いてくれたりするのかも知れません。

そんなことを考えた日曜日の昼下がりでした。

それに・・・
最初はしぶしぶだったレモンイエローのお花。
2007_03040002  
けっこういいかも。
見ているとなんだか新しくてぴかぴかした気持ちになります。

これもサクちゃんの狙いかしら・・・?

| | コメント (7)

ぱっつんぱっつん

前日の日記では、姫りんごちゃんが急に太ったと思ったら私が発熱していたという話を書きましたが・・・・・。

実際、本当にまるまると太っています。

2007_03030021

服がもうぱっつんぱっつんです。

2007_03030019 

ボタンの合わせる所が盛り上がっています。

足が曲がらないくらいにぴっちぴっちです。

2007_03030018

この服はもう今日が最後ですね。

赤ちゃんがどんどん大きくなって、よく着ていた服がだんだん小さくなって、ああ、もう今日が最後かな~と思いながらそれでも何回か着せたりしていましたが・・・。

ここまできたらもう完璧に最後だわ・・・。ボタンの盛り上がりを見て決心しました。

大きくなるのは嬉しいけれど、「今日で最後」と思うのはやっぱりちょっとさみしいものです。

育児ってこのちょっとのさみしさと、成長のうれしさの繰り返しなのかもしれません。

それにしても・・・寝返りもしないので太るだけ太っています。

普通はそろそろ寝返りをする頃でしょうが、周りの物にあんまり興味がないらしく、やっと首をぐいんと曲げて上の方を気にし始めたくらいです。

そして、手に届く範囲内のものを触ってそれで十分満足しているようです。

おいおい~そこで満足するなよ~!

サクちゃんは周りが見たくて見たくて、遊びたくて、この時期はぐいんぐいん寝返りしてたのになあ・・・。

やっぱりお兄ちゃんのサクちゃんがいるから、自分で動かなくても楽しいのかもしれませんね。時々サクちゃんがお歌を歌ってくれたり、絵本を読んでくれたりするのです。

これは、そんなひとコマ。サクちゃんが絵本を読んでくれています。

読んでいる本は、「仮面ライダーカブト写真集」です・・・(しかも、ヒーローじゃなく俳優さんたちメインの写真集・私用←キャー!!!!)

サクちゃん;「ほ~ら、姫りんごちゃんみてごらん」

と、いいながらちゃんとページをめくってくれています。

Ehonn

それをじーっと見つめる姫りんごちゃん。

おや、あなたも男前好きかしら? ウフフ。

| | コメント (6)

春の便り

うごごごごっと春がやってきて、季節の変化を最初に受け止めたのはサクちゃん。喘息というカタチで、恒例の春の変調が現れてしまいました。

大陸から飛来する黄砂や、花粉のせいなのか、季節の変化のせいなのかはわかりませんが、春先はどうも喘息の調子が良くないのです。

次に変調が現れたのはなんと私でした。

ある朝、いつものように抱っこしている姫りんごちゃんがものすごく重い。
なんで一日でこんなに太ったんだろう、赤ちゃんの成長ってすごいな~と感心していたら、違いました。

なんと私が38度の発熱!
赤ちゃんが太ったのではなく(太ってはいますが)私の体力の方が落ちていたのです。
そこまで全然気付かない私もどうかと思いますが・・・。

そして私の熱が下がった翌々日の朝、こんどは姫りんごちゃんが発熱。39度以上の熱です。

なんだか(夫以外)すこぶる不調なりんご一家。
春先はどうも調子が悪くなります。

子供の頃は春が大好きだったのに。
雪国で育ったので、春の喜びはひとしおでした。

雪が溶けると、まず土の匂いがあたりに漂います。これが春の便りです。
この匂いを感じると、なんだか嬉しくて嬉しくて本気で胸がどきどきしていました。
(本当に鼓動が早くなるんです。冬眠していた動物みたいでした、私。)

小さくてふっくらしたイヌフグリの愛らしい花、これから咲く野の花たちや、山の花たちのことを考えると、そわそわして夜も眠れなくなってしまうのです。

沈丁花、木蓮、レンギョウ。
雪柳に山吹、桜、山躑躅。
若葉のころに早乙女、卯の花・・・。

毎年ちゃんと順番を守って、次々と山の木に花が咲くのが楽しかった。
(この順番通りに庭に木を植えてみたいというのが私のひそかな夢です・・・)

ところが、大人になって、都市部で生活するようになってから、春にはちょっと構えてしまうようになりました。

土の匂いではなく、お鼻のむずむずと体の変調が春の便りになってしまうなんて・・・。

せっかくの初節句なのにこりゃないよねと、ちょっとふさいだ気分でおうちにいたら、お荷物が届きました。

ユキンコちゃんからです。

「おかし」と書いてあります。
とってもかわいいおひな祭りのお菓子が入っていました・・・。
Photo_263
ふたを開けると
Photo_264
おだいりさまとおひなさま。

Photo_265

こんなに可愛いお菓子です。
Photo_266

お手紙も入っていました。

「春のよい一日を ユキンコ」だって。
Photo_267
中身は黄色い花びらがたくさん。

Photo_268

花びらの形に切った薄紙でした。


こどものころのように、どきどきワクワクする、思いがけなく嬉しい春の便りでした。



Photo_269

ついつい買ってしまった“おひなさま5段飾りバージョン”のティッシュ。
発熱前の姫りんごちゃんと。

| | コメント (2)

なりきりヒーロー手作り ゲキレンジャー編

しょうこりもなく(笑)またやってしまいました。なりきりヒーローシリーズ。
今度は「ゲキレンジャー」です。

Wakiwaki ワキワキだゼ !?

幼児向けテレビ雑誌のふろくに、「ゲキレンジャーなりきりお面セット」がついていたんです。このお面をつけた子供の写真を送ったら、抽選でおもちゃがもらえるという企画。

応募する→当たらない→それでは子供が納得しないから買ってやる。
という策略だとはわかっているのに、ついついそれに乗ってしまう親ゴコロよ・・・。

でもね、今回はワタクシ、当てにいきますから!
(前回はずれて、サクちゃんが悲しんだので今回はないしょで応募します)

お面をかぶった写真だけではインパクトが小さいので、ゲキレンジャー風のTシャツを作ることにします。

Geki1
シンプルな赤いTシャツをセールで発見。このTシャツに、黒で模様をアップリケしたらできるかも。

目指すはゲキレンジャー!!
Gekiup  シャーっ!!!

さあ、制作。
白いラインは白糸でジグザクステッチをして表現します。
黒い布をカットしたら、ジグザクで縫い付けるだけ・・・。

だだだ・・・がた・・がたがたがたっ!

あ、あれ?ミシンの糸がやけにくい込んで絡まります。

ああ~。カットソーの生地に、柔らかいカットソーの生地を無理やりアップリケしようとしたせいか、針がくい込んで、さらに下糸のところに糸が絡まり団子状になっています。

(注;後に洋裁本で読みましたが、アップリケのときは薄い接着芯を貼るかスプレーのりをかけるといいそうです。そのまま付けてえらいことになっちゃいました。もちろん、一応お洋服関係のお仕事してたので、接着芯の知識はあったわけですが、今回身をもってその必要性を体験しました・・・)

そのあとも、ミシンをだましだまし使っていましたが、どうにもこうにも調子が悪い。
とうとうミシンを修理に出すことになってしました。

数日後、ミシンの修理があがってきました。ナント修理代3000円・・・。がーん。

でもなんとか困難を乗り越え、できました!ゲキレンジャーTシャツ!!!

Geki

ハイ!ポーズ!!!
Pozu2
サクちゃん大喜び!

すぐに大のお気に入りになって、これを着て保育園に行くのが楽しみなようです。
(気に入りすぎて、毎日着たがるのでちょっと困りますが・・・)

さあ、応募しますよ~!!!
当てに行きます!ゲキトンファー(ゲキレンジャーの武器のおもちゃ)!

あっ、でも・・・。
Tシャツ代やミシンの修理代を考えると、どう考えても応募せずに普通におもちゃを買ったほうが安上がりだったんじゃ・・・。


赤いTシャツ   \1050
ミシンの修理代 \3000
写真プリント代  \30
応募用切手代  \80



(う~ん、やっぱり普通におもちゃを勝ったほうが確実に安いです。)

でも・・・・。

母の手作りとこどもの笑顔 プライスレス!

ってことで!!

2007_02120095

プライスレス!

| | コメント (6)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »